2003年10月27日

乳幼児向け機内サービス

ツアー会社から日程表が送られてきてすぐに、赤ちゃんがもらえる機内サービスの予約に取りかかりました。航空会社によって内容に差がありますが、大抵は搭乗するとミルクや離乳食、おむつなどがもらえます。これは事前に予約しないともらえないので、必ず電話で予約します。そして、当日チケットカウンターで再度確認するとベターです。ツアーの場合は航空会社に直接ではなくツアー会社経由で予約を入れるので、念には念をいれて確認した方がいいと思います。

ベビーミールまず、機内食。チャイナエアラインは、0~10ヶ月児用と11~24ヶ月児用のベビーミール(主にガーバーの瓶)、そして2歳以上12歳未満のチャイルドミールと、3種類を用意しているようです。我が家は11~24ヶ月児用をリクエストしました。予約の時に子供の月齢を伝えておくと、色々むこうから聞いてくれます。メニューの内容も教えてくれるので、親切でした。ただ、今回予約したにもかかわらず、行きの便でリクエストが入っていないとベビーミールをもらえなかったので残念でした。こういうトラブルもあり得るし、ベビーミールが赤ちゃんの口に合わないなんてこともあると思うので、機内での回数分の食事は一応用意して行った方がいいと思いました。

ミルクとおむつ次にミルクですが、月齢に合わせてミルクまたはフォローアップミルクがもらえます。行きは明治のフォローアップミルク、帰りは「Similac」という海外メーカーのミルクをもらいました。行きはスティックタイプを箱で、帰りは小缶をもらえたので、とてもお得な気分になりました。

そして、おむつは予約時にサイズを伝えます。行きはドレミのお試し用2枚入りを、帰りは海外メーカーのおむつを5枚もらいました。

その他、おもちゃとしてぬり絵の冊子をもらいました。でも、息子はぬり絵どころかお絵かきもまだ無理なので、そういう子用に違うおもちゃも用意して欲しかったです。




2003年10月27日 20:35 Posted by kyoko.