2003年10月31日

ハナウマ湾

ハナウマ湾何年かぶり、そして3度目のハワイですが、またまたハナウマ湾にやってきました。昔に比べると魚が少なくなったとか、海が汚れたとか、入場料が取られるようになったとか色々ありますが、やっぱりハナウマ湾は最高です。なんといっても、初心者が数多くの魚たちに簡単に出会える場所はそうそうありませんからね。ハワイに来たらハナウマ湾は欠かせません。

今回のハナウマ湾で以前と違ってたのは、エデュケーションセンターでビデオとガイドの説明を聞くのが義務づけられているところでした。ハナウマ湾誕生の歴史とか環境保護のことなどを一通り教えてもらい、特に珊瑚の上で立つことはもちろん触ったりしてもダメ、餌付けももちろんダメっていうのが、教えてもらわないと多くの人がやってしまうことかもしれませんね。きれいな海を保つために努力が必要です。

ウミガメ実は、前回前々回とハナウマ湾でウミガメに会いました、それも左後足の無いウミガメに。1回目は初めてのウミガメに大興奮、2回目は再会に大興奮。何らかの原因で左後足をなくしたウミガメなんてそうそういないだろうし、きっと同じウミガメだと思います。それに、左後足が無いウミガメがたくさんいるというのも切ない話ですので、同じウミガメだと思いたいですね。今回も多少は同じウミガメに会えるのを期待しつつ、海へ入りました。ウミガメと出会ったポイントまでブラブラきれいな海を眺めながら奥さんと一緒に遊泳。いたいたいましたウミガメが、カメって100%出会えるものなんでしょうか?僕が超ラッキーなんでしょうか、出会いましたよウミガメに。僕達のことをまったく怖がらない若いウミガメさんと、しばらく一緒に泳ぎました。左後足の無いウミガメさんには会えませんでしたが、やっぱハナウマ湾はいいですね。

マンタ水中カメラを奥さんに渡し、ウミガメの写真をパチパチ撮影していたところ。ちょっと一息入れて奥さんの方に目をやると、なんと後ろに巨大な生物がいるではありませんか!なんだこりゃエイか?それともエイに似たなんとかか?などと思いながらあまりにでかかったので、僕はパニック。「エイって毒持ってた?人間は襲われない?」などと色んなことを考えながらも、これは写真を撮らねばと、奥さんにカメラをくれとジェスチャーで示しました。ところが、巨大生物の存在を知らない奥さんは状況をつかめていない様子。もちろん、カメラのジェスチャーの他にも、奥さんの後ろを指さしたり、デカイ何かがいるよみたいなのをジェスチャーで示したのですが、いかんせんこっちは慌てているので何のこっちゃって感じの様子でした。なんとか水中カメラを奪い取って、ようやく写真におさめたのがこちら、マンタさんです。慌てる僕らを尻目に、悠々と泳いでハナウマ湾の沖へ向かって出ていきました。マンタを見た僕らは大興奮、何事にも代え難い貴重な体験ができました。なにせウミガメ+マンタですからね。

後で調べたら、マンタは人を襲わないそうで、焦る必要は無かったみたい。で、ハワイ周辺でも夜には見られるポイントもあるようです。まあ、真っ昼間のハナウマ湾でしたから相当にラッキーだったんでしょうね。ウミガメとマンタの話ばかりになってしまいましたが、その他にもたくさんの魚を見ることができました。3回目のハナウマ湾も大興奮で終わり、また行きたくなったのは言うまでもありません。

ハナウマ湾




2003年10月31日 12:00 Posted by shinya.