2004年01月01日

繭玉(舞玉)

繭玉(舞玉)正月の飾りつけ、繭玉(舞玉)。北海道函館では「まゆだま」というよりは「まいだま」っていう発音の方がポピュラーだったかもしれません。毎年クリスマスツリーを片付けるのと同時に繭玉(舞玉)を飾りつけて、正月近くというのを感じたものでした。地元にいたときは全国的にあたり前だと思っていた飾りつけなのですが、地方によって違うんですね。東京あたりじゃあまり見かけませんしね。

北海道(ひょっとして函館だけの話かも?)では、木の枝(親曰くミズキ)に、ピンクなど色とりどりの繭玉(といっても繭でできているわけではなく素材不明)をつけたものが、年末になるとあちこちでしめ飾りと一緒に売られます。それを買ってきて部屋の天井に吊るし、小判・鯛・ダルマといった縁起物の飾りをつけます。

正月いっぱい飾った後は、1月7日のどんど焼きで、他の正月飾りと一緒に燃やします。




2004年01月01日 13:13 Posted by shinya.