2004年02月02日

使用済みおむつのニオイ

ウチは紙おむつ派で、処理はおむつ専用のバケツに捨てています。今はにおわない工夫のあるバケツも市販されていますが、そんなのもったいないとウチは普通のふた付きバケツです。ウンチはなるべくトイレに流してから処理するようにしていますが、どうしても密閉バケツにこもってしまうニオイ。開けるとものすごいニオイがそこら中たちこめてしまいます。時々バケツを洗って日に干したりするのですが、1年以上使っているせいか、ニオイが消えることはありません。市販の消臭剤を入れてみたり色々やっているのですが効果はほとんどナシで、最近はもう諦め気味でした。

そういえば、実家で庭に野良ネコが糞をしてしまって困っていた時に母が消臭剤にとコーヒーの出がらしをまいていたなぁ…と、ふと思い出して、毎朝飲んでいるコーヒーの出がらしをバケツにパラパラまいてみました。効果はすぐに出ました。全くにおわないとはいきませんが、ほぼアンモニア臭が消えています。恐るべしコーヒーの消臭効果。

それからは息を止めてバケツのふたを開けることもなくなり、不快な思いをすることがなくなりました。毎朝コーヒーの出がらしをパラパラするのが日課です。

ちなみに、コーヒーの出がらしを干してカラカラにしたものは消臭剤になるそうで、母はそれをお茶パックに入れて下駄箱の消臭剤にしているそうです。




2004年02月02日 23:04 Posted by kyoko.