2004年02月21日

ズーラシア

オカピ親戚からチケットを頂いたので、横浜のズーラシアへ行ってきました。動物の写真満載の本が大好きな息子なので、きゃあきゃあ言ってくれるとうれしいなと思って連れていったのですが、残念ながらそうはいきませんでした。というのも、天気の良い一日だったせいか園内は人であふれていて、息子は周りの人間にばかり目がいってしまいます。それに、ゾウはまだしも檻越しに見る動物はなかなか見つけられないようで、一生懸命に指を指して伝えてもどこに何がいるかわからない様子。

一番喜んでくれたのは、大好きな果物がたっぷり食べられた昼食と、単なる小高い丘でした。ウチの息子は坂が大好きで、見つけると傾斜している感じがいいのか行ったり来たりを繰り返します。特に下りが好きなようで、満面の笑みで駆け下りてきます。いつもの軽い坂に比べ、ここはかなりの急坂だったので、足に勢いがついてしばらく下ると転んでしまいそうになるので、そこをギリギリのところで捕まえるのが僕の役目。下り終わると、下りの楽しみを期待しながら一生懸命に坂を上ってまた繰り返しです。何十回も同じ事を繰り返していたので、こっちが根負けして嫌がる息子を抱っこして、出口へ向かいました。

園内は子連れが多く、そのせいかベビーカーや車いすにもやさしい設計でした。バリアフリーはもちろん、園内のほとんどのトイレにおむつ替えシートが設置されています。園内のレストランは全てのテーブルに子供椅子が常備されていて驚きました。子連れが多い象徴でしょうか。とても広くて一周するのにも時間がかかりますが、散策を楽しみながら行くにはちょうどいいかも。もうちょっと大きくなったらお弁当を持って来てみたいです。




2004年02月21日 20:25 Posted by shinya.