2004年03月19日

背伸び

息子にいたずらされたくないものは手の届かない棚の上に置きますが、自分の手の届かないところにあるものは息子にはたまらなく魅力的に見えるのでしょう。それを取りたい一心でこれでもかというくらい背伸びをして取ろうとします。無我夢中で諦めることなく背伸びし続ける息子。その執念もすごいですが、その足もすごいです。まるでバレリーナのようなつま先立ち。お見事。




2004年03月19日 18:22 Posted by kyoko.