2004年04月24日

行者にんにくの料理

実家から送られてきた山菜、行者にんにくもまた頂きました。前回送ってもらったのを私の実家にもおすそ分けしたのですが、美味しいと喜んでいたので、今回もとても嬉しがっていました。前回はバーベキューやおひたしや炒め物でシンプルに頂いたので、今回は違った食べ方をと、母とダンナが相談していくつか料理を作ることになりました。まずはダンナの「ぬたが合いそう」という言葉に、母が作ったのが「行者にんにくとマグロの酢味噌あえ」。これは大大ヒット。酢味噌あえが苦手な私も大絶賛するほど美味しかったです。ちょっとした小料理屋に出てきそうなメニューで、ダンナも私もあっという間に小鉢が空になりました。きっと日本酒にピッタリです。

そしてもう1品が「行者にんにくとイカの炒め物」です。今回、天然ものの行者にんにくの他に、栽培ものの行者にんにくも入っていたのですが、栽培ものの方が大きく茎も太かったので、にんにくの芽みたいな感覚で炒め物にしたら美味しいのではないかということになりました。味はバターしょうゆにするか中華風にするか迷いましたが、中華風にし、XO醤で味付けすることにしました。これも大正解。イカ好きの父も旨いと一言。みんなでにんにく臭くなりながら食べました。とても美味しかったです。




2004年04月24日 21:30 Posted by kyoko.