2004年05月15日

アマデウス

chirashi_l.jpg松本幸四郎父子の舞台「アマデウス」を観に行きました。この作品は6年前にも観劇したことがあるのですが、今回主演の松本幸四郎が演出ということでぜひ観てみたくてチケットを取りました。

アマデウスとはヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのこと。モーツァルトの死から32年、「モーツァルトを自分が暗殺した」と宮廷作曲家のサリエーリが告白し、どのようにモーツァルトを死に追いやったかを描くといったストーリーです。主役サリエーリを松本幸四郎、モーツァルトを松本幸四郎の息子である市川染五郎が演じました。

感想としては、やはり松本幸四郎の存在感という一言でしょうか。6年前に観た時も思いましたが、他の役者がセリフを言っているのに、どうしても松本幸四郎演ずるサリエーリに目が行ってしまいます。お菓子を本当に美味しそうに食べる様、モーツァルトへの嫉妬に身悶えする様、とにかく演技が素晴らしいです。

ただ、やはり題材が難しいのとセリフが多いので一幕観るのにものすごく疲れてしまいます。周りに小さい子供がチラホラ見受けられましたが、内容を理解出来てるのか??という感じがしました。

アマデウス




2004年05月15日 13:26 Posted by kyoko.