2004年05月21日

おかいもの

いつもの散歩道からちょっと足を伸ばして近くのスーパーでお買い物しました。このスーパーは子供用の買い物カゴがあるので、息子はお気に入りのスーパーのようです。今日も子供用の買い物カゴをぶら下げて一緒にお買い物。息子の大好きなスナックパンを渡すと「ぱ~ん!」と嬉しそうにカゴに入れます。

いつもはレジにカゴを出そうとすると「ぼくのカゴ~!!」と言わんばかりに嫌がります。取りあえずカゴの中身をレジに渡し、そのあと息子からカゴを奪うのに一苦労するのですが、今日は違いました。「これください、しようね」と息子に声をかけるとすんなりとレジのお姉さんにカゴを渡しました。「えらいねー」と息子を褒めてお会計。買ったものを袋に移していると、息子はそれを見ながら「ぱ~ん…」と欲しそうにしていたので、レジで小さい袋をもらってパンを入れ、息子の腕にかけてあげました。

すると息子は嬉しそうにパンの入った袋を見つめ、そーっとそーっと歩きます。帰り道、「お買い物上手にできたね」とか「これくださいってちゃんと渡せたね」とか「何買ったの?パン?すごーい」とか私に褒められながら歩いたので息子は上機嫌。おしゃべりをしながら私を見上げて嬉しそうにニコニコ。それでも時々袋を気にして落とさないようにそーっと歩いています。おかげで帰るのにものすごい時間がかかってしまいましたが、そんなのは全く気になりません。息子は自分で買い物ができたことで自信満々ですし、私も息子が何か大きなことを成し遂げた気がして、とても嬉しかったです。息子が一回り大きく見えました。ちょっと大げさかな?




2004年05月21日 12:46 Posted by kyoko.