2004年07月21日

子供CMタレントになる気か?

ここ最近、僕らがわかる言葉を話すようになった息子。お気に入りはテレビCMの最後に言う企業名で、シャープ、ダイキン、マンダム、コカコーラ、パンパースが好みのようです。どういう共通点があるのかわかりませんが、音の響きが気に入ったんでしょうかね。

一番はっきりと言えるのはシャープで、すばやく「シャープ↑?」という感じでちょっと疑問形気味に、でもはっきりと言います。ダイキンはゆっくりとしたペースで「ダイキン」と「ガイキン」の間ぐらい。マンダムは言い切る感じで「むぁンダムッ」、コカコーラは「コカ、コーるぁ?」、パンパースは「パンパーし」。こんなにたくさんの企業名を連呼するものだから、さながらテレビで提供各社の社名を読み上げている感じです。

さらに圧巻は、一番のお気に入りのシャープ。電気屋でHDDレコーダーのカタログをたくさんもらってきたので、これがシャープだよとカタログと赤いロゴを指して教えてあげました。そしたら「これが俺の好きなシャープか」という感じでしげしげと眺め、完全に覚えてしまったようです。

各メーカーのカタログの中から、「シャープ、シャープ」と連呼しながらシャープのカタログを嬉しそうに取り出してくれます。探している時の視線を追うと、左上にあるロゴをチェックしている様子なんですが、赤いロゴなんて他のメーカーでもあるから、色だけじゃなく文字の形も含めて識別しているんでしょうね、びっくりしました。

あまりにも「シャープ、シャープ」と連呼するものだから、買わなくてはいけないようなそんな気さえしてきます。一歳の赤ちゃんが数あるカタログの中かから「シャープ、シャープ」と連呼をしながら、ロゴを指さしたりカタログを見つけだす姿はとても滑稽なものでした。なんでも言える訳ではないので企業が限定されてしまいますが、いつでも子供CMタレントになれそうです。




2004年07月21日 12:48 Posted by shinya.