2004年10月29日

4D超音波(エコー)

息子の時にはなかった4D超音波(エコー)が産院に導入されていたので、有料でしたがせっかくなので受けることにしました。4D超音波の予約は平日の午後しか受け付けていなかったので残念ながらダンナは欠席。バアバに来てもらって息子と3人で行ってきました。

まずは白黒のいつものエコーで検診し、顔の部分を選択して4Dの画像に切り替えます。ところが赤ちゃんの向きが悪くてなかなか顔が写りません。試行錯誤してようやく横顔をとらえることが出来ました。ちょうど口元に手が行っていて、どうやらおしゃぶりをしている様子。なかなか鮮明に赤ちゃんの横顔が写ったので私も母も感動してしまいました。結局最後までこっちを見てくれなかったので正面の顔は見られなかったのですが、横顔の写真を何枚かプリントアウトしてくれました。

そして性別を見るために下半身も見てみることに。前々回の検診では「男かな?」と言われ、前回の検診では「女かな?」と言われていて、どっちなんだよ…と思っていたので今回の4D超音波の検査を楽しみにしていました。そして、85%の確率と先生にお墨付きをもらえる診断をされました。息子の時は性別は楽しみにしておこうと聞かなかったのですが、前もって知らされていても楽しみなのに変わりはないなぁというのが実感。あとは無事に生まれてくれることを願うばかりです。




2004年10月29日 20:30 Posted by kyoko.