2005年10月24日

トイレトレーニング順調!

5月から始めたトイレトレーニングですが、5ヶ月目にしてようやく終わりが見えてきました。といっても、布パンツで一日過ごせるようになったのはここ2週間位でしょうか。よく夏が取れ時と言いますが、夏は布パンツをはかせても床を濡らすだけで、教えてくれないどころかトイレに誘っても全身全霊で拒まれていました。本人のやる気が伴わないのでこの夏は無理かな~なんて諦めモードでオムツの日々。それが変わってきたのは秋からです。

9月末あたりからウンチだけはトイレでしてくれるようになり随分と楽になりましたが、問題はおしっこの方です。長男の同い年のお友達は1人だけしか完璧にトイレトレーニングが済んでいなく、他は100%オムツの子もいるし、家だけ布パンツの子もいるし…といった状況。どうやってる?とよく話しますが、あるお友達のママから「好きなキャラクターのパンツにして“可哀想だから濡らさないようにしようね”と言ったら今のところ上手くいってる」と言われ、これだ!と早速ミッキーのパンツを購入。結果は…全くダメでした。床に垂れ流しても「やってしまった」という感じよりも「やった~!」という感じらしく、不快と感じずむしろ気持ちいいと感じるようです。お漏らしをして「気持ち悪いでしょ?」という作戦もダメなので、これは困ったと次の作戦は「お漏らししたら恥ずかしいんだよ」と教えてみました。でも、これもダメ。恥ずかしいという気持ちがあまり分からないようです。

それでも根気よく適当な時間で「トイレ行く?」と声かけをしていると、ある日突然「ひとりで、いく」と長男。ウンチの時は見られたくないようで補助便座のセッティングだけしてあげて1人でするのですが、おしっこは汚される危険があるので必ず誰かが付き添っていました。床を濡らされるのもトイレを汚くされるのも掃除するのに変わりないと割り切って、1人で行かせてみました。すると、ちゃんとズボンとパンツを脱いで、トイレの便座を上げ、ステップに乗り、用を足してから流し、おまけに自分でパンツとズボンをはきました。この達成感が良かったのでしょうか、次から「おしっこ行く?1人で行っておいで」と声をかけると楽しそうに行くようになりました。

今では自分から「おしっこ!」と教えてくれるようになり、家の中ではすっかり布パンツの生活になりました。遠出やお友達と遊ぶときなどは忘れてしまうこともあるのでトレパンをはかせていますが、それでも教えてくれる時もあります。最近では近いところなら外出の時も布パンツで行けるようになり、オムツもそろそろ卒業かなぁ~という感じです。




2005年10月24日 10:09 Posted by kyoko.