2005年10月27日

キャッツ

劇団四季のミュージカル、キャッツを観に行ってきました。半年ほど前にもチケットを取っていたのですが、風邪をこじらせてしまって行けなかったので、ようやくという感じです。

劇場へ一歩入ると、そこはネコが主人公の世界でした。テレビや四季の会報などで見ていた通りに、人間が扮したネコのサイズに合わせて、様々なグッズ(ゴミ)が劇場内の壁などに装飾されています。僕達人間が入れそうな大きなスニーカー、昔懐かしい手回しのサッカーゲーム、スケボー、空き缶などなどです。開演前と休憩時間にぐるりと散歩をして、キャッツの世界を楽しみました。

いざ始まると、観ているというよりは、観客がネコの世界に引き込まれていくというような一体感を感じました。劇場内すべてがネコの世界ですから、観客席の通路もネコの通り道です。急に目の前に現れるネコにびっくりして、大きな声を出す人もたくさんいました。ネコが華麗に唄い踊って表現をし、24匹のネコそれぞれに輝いている、そんなネコに魅了されたミュージカルです。

自宅でCDだけは聞いていましたが、キャッツを実際に観てみて、好きな人は何度でも観に行くということがよくわかりました。来年の夏ぐらいには、僕より曲をよく知っている長男と一緒に観劇したいと思っています。

→[Amazon] 劇団四季ミュージカル キャッツ CD
→[Amazon] キャッツ DVD スペシャル・エディション




2005年10月27日 13:26 Posted by shinya.