2006年01月01日

お年玉

2006年が始まりました。次男は初めてのお正月なので、4人揃ってお正月を迎えるのは初めてです。今年はおせち料理も質素に、ダンナたっての希望でお雑煮は函館の実家風で2006年初めての食事の支度をしました。

ゆっくりと朝昼兼用のご飯を食べたあとに、子供達にお年玉を渡しました。年末に実家に帰省した際に義母が子供達にとお年玉を預けてくれたので、「これは父ちゃんから、これはおじいちゃんから」とダンナが2つのお年玉を長男に渡しました。次男の分はビリビリされては困るので中身を抜いて袋だけです。

長男も「お金は物を買うもの」という知識はあってもその価値までは当然分からないので、中身よりもアンパンマンやミッキーのポチ袋に夢中。それでも貰ったので自分の物と思ったのでしょう、「中のお金は母ちゃんに渡しなさい」というダンナに「いやだ!」と反発。それならばと折り紙をポチ袋サイズに折り、「この色紙と交換しない?」と言うとあっさりOKしてくれました。子どもは簡単です。

夕方から三鷹の実家に行き、ジイジから3つ目のお年玉を貰った長男は上機嫌。どうやら「お年玉」はいいものと認識したようです。




2006年01月01日 18:30 Posted by kyoko.