2006年01月30日

大江戸温泉物語

温泉好き一家の我が家ですが、大江戸温泉物語は近くにあってもなかなか行くチャンスがなかった温泉でした。今回、次男の誕生日にのんびりできるところがいいねぇということで、初めて大江戸温泉物語に行ってきました。

中へ入ると全員が浴衣に着替えるようになっていて、駄菓子屋やお土産屋、食事処が立ち並ぶちょっとした街並みがありました。スタッフの方々も昔風の衣装を着ていて、施設全体が昭和30年代のお祭りの縁日といったような感じで、懐かしさたっぷりになっていました。ちなみに、身長100cmの長男は300円くらいで甚平をレンタル、110cm以下のサイズは用意されていないので、次男は甚平を持参しました。

露天風呂、大小様々な内湯、足湯、砂風呂(有料)、岩盤風呂(有料)などと色々なお風呂あって、それぞれに楽しめるのですが、唯一残念なのは温泉の浴槽が内湯の真ん中に1つしか無いということでしょうか。湯量が少ないのかもしれませんね。それ以外は、子供のための施設も整っていて申し分ないところでした。

平日だったのでそれほど混雑もなく、食事をしたりお風呂に入ったりと、まる一日たっぷりとくつろいで来ました。僕はもちろん長男がとっても気に入ったようで、帰ってからも「また温泉行こう!」と楽しそうに話していました。土日がどれほどの混雑具合なのかわかりませんが、また時間をつくってのんびりしに来たいと思います。

■子連れ入浴情報■
○男湯脱衣所ベビーベッド
○女湯脱衣所ベビーベッド
○家族風呂(併設で宿泊もできる露天風付き部屋があります)
○ベビーバスやベビーチェアも借りられます

大江戸温泉物語




2006年01月30日 18:04 Posted by shinya.