2006年02月18日

花ほたるで菜の花摘み

食用の菜の花摘みができるという「花ほたる」にやって来ました。菜の花といえば長男の大好物。菜の花の煮浸しなんかはダンナと奪い合って食べるほどです。そんな渋好みの長男にたらふく菜の花を食べさせてあげようと意気込んで菜の花畑に向かいました。入り口で大人200円を2人分払い、小さなビニール袋とハサミを手渡されました。

案内のおじさんが畑まで案内してくれて、菜の花の摘み方を説明してくれました。背が高くて花が青くて開いていないのを選んで根本からハサミを入れるそうです。茎の太いところを「かじってごらん」と差し出され、かじってみると「甘い!」生のままでも柔らかくてものすごく甘みがあって美味しい菜の花でした。ダンナもかじってみて「甘いな~」と言っていると、「ぼくも!」と長男。生の菜の花をかじって「おいしい」とモグモグしていました。3才にして生の菜の花を美味しいと思えるその舌に脱帽してしまいました。

いよいよ自分たちで菜の花を摘みます。案内のおじさんは「畑の中は泥だらけになるけど、まだ殆ど手つかずだから良いのがたくさんあるよ」と教えてくれて去っていきました。どうせなら良いのを採っていこうと畑の中まで入って行くと、後ろからキャッキャと長男の楽しそうな声。見ると菜の花よりも畑を歩くのが楽しいようで、菜の花をよけながらずんずん歩き回っています。

袋にいっぱい菜の花を摘んで、さあ帰ろうかと畑を出ると、すっかり泥んこになった長男が出来上がっていました。ズボンも靴も泥だらけ。転んだため、コートにも泥が飛んでいて最悪な状況。車まで戻って洋服を着替えさせ、泥だらけの靴をきれいにするのに菜の花を摘んでいた時間以上かかってしまいました。長男は心ゆくまで楽しんだようなので良かったのですが、こんなことなら長靴を持参すれば良かったと反省しました。

花ほたるはヒマワリやコスモスなど、その季節によって一面の花畑を見ることが出来るようです。また家族でぜひ来たい所だなと思いました。

花ほたる




2006年02月18日 12:03 Posted by kyoko.