2006年03月19日

東京・荒川市民マラソンでフルマラソン完走

[etc.]

昨年の秋からジョギングやウォーキングをはじめて数ヶ月、フルマラソンに挑戦し、なんとか完走することができました。参加したのは東京・荒川市民マラソンで、参加者はなんと約2万人の大きな市民マラソン大会です。板橋区をスタートして荒川沿いを走り、北区→足立区→墨田区→江戸川区まで行って、また板橋まで戻るという42.195キロのコースでした。

さすがに2万人も参加する大会ともなると熱気も違いました。スタート地点に並ぼうと思ったらすごい人だらけで、目標6時間で完走の僕がスタートする場所は、スタート地点からはるか後ろの場所です。何とかスタート地点に間に合ったところでスタートの合図、ところが一向に前に進む気配もありません。ようやく動き始めても全員ゆっくり歩いてのスタート。実際のスタート地点に辿り着いたのは、先頭がスタートしてから15分以上経過してからとなりました。

さすがに大きなマラソン大会だけあって、テレビで見るようなマラソン大会同様に数キロ毎に給水ポイントがありました。水やスポーツドリンクの他、アンパンやバナナなどの甘い物も用意されており、走って疲れると甘い物が欲しくなるのでホントに助かりました。ボランティアの子供達が「頑張ってください」とか声を掛けながらサポートしてくれるので、気持ち的にもすごく励みになりました。

給水ポイントの他にも、沿道で太鼓を叩いてくれるチームがたくさんあったり、イベントが開催されていたり、声をかけてくれる人達もいて、ものすごい長距離でも苦になりませんでした。ゆっくりペースで走り続けて10キロを1時間ちょっと、20キロでも2時間ちょっとと、初心者にしてはまずまずのペースで走っていたのですが、折り返し地点を超えたあたりから急に足が重くなってきました。

これまでの長距離走と言えば、練習や皇居マラソンで5キロを数回、10キロのマラソン大会を1回、20キロの練習を1回しか走ったことがなく、20キロ以上はまさに未知の世界です。25キロくらいからは歩いたり走ったりとなってしまい、30キロ到達で3時間半かかりました。その後、風がどんどん強くなり、風速30メートル以上の向かい風という最悪のコンディションになり、しまいには歩くのも辛くなる始末でした。

40キロ近くになると周囲の人達も歩く人達の方が多くなり、トボトボ歩いていて沿道から「若いのがんばれ!」などと声を掛けられても、「そんなに若くないのに」と思いつつ笑顔を返すのが精一杯でした。40キロ到達には5時間以上かかり、何とか5時間台でゴールすることができました。

いざ走ってみると、達成感みたいなものがフツフツとこみ上げてきました。今回は後半に歩いてしまって時間はすごくかかりましたが、次回のマラソンチャレンジでは、全区間走りきってタイムをぐっと縮めたいところです。




2006年03月19日 15:56 Posted by shinya.