2006年05月02日

ろくやの豪華夕食

今回は「アワビ&伊勢海老&舟盛り付き 豪快グルメプラン」という豪華な宿泊プランを選びました。内房の海の幸をたらふく食べようと目論んでの選択でしたが、ろくやにして大正解です。

夕食をしたのは、落ち着いた居酒屋さんのような雰囲気の食事処でした。席についてまずびっくりさせてくれたのは、アワビの陶板焼きです。蓋を開けてみると生き生きしたアワビが一人に一つついていて、蓋に吸い付いて離れないアワビもあったほどです。蒸し焼きされたアワビはとっても柔らかく、長男次男も争って食べたほどでした。このアワビは身だけでなく、キモも絶品です。

続いてのびっくりは舟盛りです。ホームページには70cm級の舟盛りと記載がありましたが、ヒラメとホウボウの活き造りが乗った舟盛りは、それ以上に大きく見えました。この他にイサキ、タコ、イカ、金目鯛、目鯛、真鯛、その他に覚えきれない地魚が数種類、さらにアジが2匹と、見た目も豪華で味も抜群の刺身をたくさん食べることができました。さすが網元という内容です。

舟盛りの次は、伊勢エビです。ヒゲがピクピク動いている伊勢エビは、「さっきまで泳いでいました」というのを伝えるのに十分なくらい、活きが良かったです。身もプリップリで甘くて、久しぶりの伊勢エビを堪能させてもらいました。伊勢エビは二人で一匹で、あまり大きなものではありませんでしたが、他の料理を食べることを考えるとちょうど良いくらいかもしれません。ところで、実は千葉県は伊勢エビの漁獲高ナンバーワンらしいですね。千葉県が一位で三重県は二位ということです。

後半にさしかかっても、びっくり料理はまだまだ続きました。大人の頭より大きいマグロのかま焼きです。大きなオーブンで1~2時間ほどかけてじっくりと焼き上げるそうで、身がホックホクになっていました。この他では、金目鯛の煮物、鍋に焼いた石を入れて作る石焼き鍋、〆のとろろご飯など、まさに豪華な夕食を堪能しました。温泉に入って、美味しい料理をいただきながら生ビールにお酒と、最高の旅です。

今回食べたのはとても豪華な食事でしたが、さすがに網元だけあって値段はそれほどでもなく、ゴールデンウィーク真っ直中にも関わらず15,800円です。通常の平日は13,800円ですから、料理の内容を考えるとリーズナブルに感じますね。是非また泊まりたい宿です。




2006年05月02日 18:58 Posted by shinya.