2006年05月03日

館山でイチゴ狩り

宿を後にしてドライブ途中に寄ったのが館山いちご狩りセンターです。長男も次男もフルーツ大王で、特にイチゴは大大好物。イチゴをたらふく食べられる至福の時を過ごしてもらおうと思います。

ビニールハウスに行くと甘~い香りが漂っていました。甘いのは匂いだけでなく味も濃厚で激甘!とっても美味しいイチゴを食べることが出来ました。長男は自分で赤いのを選んでは摘んでパクッ。幸せそうな顔を浮かべながらイチゴをむさぼりついていました。次男はまだ自分で摘むことが出来ないので、大人にヘタを取ってもらってパクッ。口にイチゴがなくなると「あ~!」と言って催促し、終始嬉しそうに口をモゴモゴさせていました。

このビニールハウスでは2種類の品種を植えていて、細長い形の章姫(あきひめ)というイチゴと、もう1種類が何か分かりませんでしたが、大きくて甘い実を付けるイチゴを堪能しました。長男も次男も口やTシャツを真っ赤にしてお腹いっぱい食べました。

ごちそうさま、とビニールハウスを出ると受付にいたおばさんが「ザリガニがいるんだよ」と側溝を指さします。そこには大きいのや生まれたばかりのザリガニが沢山いました。自然児ダンナの腕の見せ所、素手でザリガニをひょいと捕まえると長男に持ってみろと言います。最初は怖がって渋っていた長男も、「ここを持つんだよ」と教えられると、最後にはザリガニを持つことが出来ました。ちなみに、次男も興味津々で手を伸ばしましたが、指をハサミで挟まれて泣いて終わりました。イチゴ狩りも良い体験だったと思いますが、帰りに思いがけず貴重な体験までさせてもらいました。

館山いちご狩りセンター




2006年05月03日 11:30 Posted by kyoko.