2006年05月11日

家庭訪問

今日は幼稚園の担任の先生が家庭訪問に来ました。家庭訪問なんて、すっかり私も園児の母だなぁ…なんて実感してしまいます。今日は朝からいつもよりも念入りに部屋を掃除して、ホームベーカリーでケーキを焼いて準備しました。

「今日は先生がお家に来るからね」というと長男はすっかり遊びに来るものだと勘違いして、「せんせい来たらブロックであそぼう」などと言って準備していました。いやいや、そうじゃなくて…と思って「お話しに来るんだよ」と言うと、「じゃあ、女の子だいすきって言おう」と話す内容を決めていました。いやいや、そうでもなくて…。

先生が来るとそれまで興奮状態だった長男は急にしおらしくなり、やけに恥ずかしがっています。幼稚園でも先生に対してはこんな感じなのかな?と思いました。まさに「家庭訪問」らしく、幼稚園での様子などを先生が話してくれました。ちょっと驚いたのが、お友達に関しては「平和主義」の長男ですが、幼稚園ではちょっとしたケンカも時々しているそうです。あまり大きな怪我がないならケンカも成長する過程だと思うので、入園1ヶ月にしてもう貴重な体験を沢山しているんだな~と思いました。入園当初はガチガチで表情も硬かったそうですが、今は笑顔もたくさん見られるので安心していますと言われ、こちらもホッとしました。

あっという間に時間が過ぎ、先生が帰っていきました。当たり前ですが家庭訪問は時間が決められているので、ゆっくりと話が出来ないのが残念です。長男はあまり幼稚園のことを話してくれないので、先生に幼稚園での様子をもっとたくさん聞きたかったなぁ…と思いました。




2006年05月11日 16:50 Posted by kyoko.