2006年05月26日

お弁当参観

今日は幼稚園の保育参観で、お弁当の様子を見る「お弁当参観」がありました。初めて長男の幼稚園の様子を見ることが出来ると思って楽しみに出かけました。

お弁当の歌から始まって、「いただきます」のご挨拶。そして食事。お母さん達が周りから我が子を撮ろうとビデオを構える中、子供達は緊張したり、照れたりという表情を浮かべながらお弁当を食べ始めました。長男はと言うと、四方八方からビデオが向けられ、いつもと違う雰囲気とお母さん達の迫力に困惑してキョロキョロするばかりで全くお弁当に手を付けません。あくまでも参観なので私が口を出すのもおかしいと思って黙って見ていましたが、お友達がお弁当を半分近く食べ終えているというのに、長男はお茶をちょっと飲んだだけ。先生もいつも以上に子供達をフォローしなければならず忙しそうで長男に目が届かなかったので、仕方なく1度だけ「どうしたの、食べていいんだよ」と声をかけました。それでも固まってしまっていてなかなか食べられない長男。結局お弁当をほとんど食べられずに「ごちそうさま」のご挨拶になってしまいました。

お弁当を先に食べ終わった子はちゃんと座って他の子を待ったり、自分の意志でトイレにちゃんと行ったりと、入園当時は泣き声しか聞こえなかったクラスもたった2ヶ月で変わるものだなぁと感心しました。今日は固まっていましたが、少しは幼稚園生の長男を見ることが出来たので嬉しかったです。




2006年05月26日 12:05 Posted by kyoko.