2004年08月01日

ミスティックリバー

B0001FX6FU.09.MZZZZZZZ.jpgアカデミー賞主演男優賞(ショーンペン)&助演男優賞(ティムロビンス)の演技をみたくて、ミスティックリバーを自宅で鑑賞。

ショーンペンは、熱く激しい気持ちを表現したいわゆる熱演。ティムロビンスは、内に秘めた感情がにじみでている感じで、好演。という印象でしょうか。

残虐なシーンもあるにはあるのですが、そのものを映像にしている作品ではなく想像させる感じの映像でした。お気に入りポイントです。最初から最後まで「どうなるんだろう?」と思わせながら淡々と進んでいきますが、あまり期待をしていなかったので、けっこう楽しめました。

ラストは、人生の選択というか偶然というか運というか、そんなものを感じさせる内容です。

オススメ度 ★★★☆☆

→[Amazon] ミスティックリバー DVD 特別版

Posted by shinya at 20:09 | TrackBack

2004年08月02日

恐怖心起こすホルモンが出産で減少

「母は強し」仕組み解明 恐怖心起こすホルモン 出産で減

赤ちゃんが襲われたり、事故に遭ったりした際、母親が自らの危険を顧みずに救おうと行動できるのは、出産後に恐怖心を生じさせるホルモンが少ない状態になるのが一因であることが、米ウィスコンシン大学のスティーブン・ガミー助教授らが行ったマウスの実験で分かった。研究成果は一日発行の米心理学会誌に発表された。

すごい実験ですね。この結果に関連するのか分かりませんが、もし息子が命の危機に陥ったら、私は自分の命を顧みずに息子を助けようとすると思います。息子が生まれるまでは「この人のためなら死ねる」なんて考えられもしなかったのに、自分でもビックリです。確かに「母は強し」なのかもしれないけど、父親だって我が子のためなら何だって出来るんじゃないかなぁと思いますが…。

Posted by kyoko at 11:01 | TrackBack

2004年08月03日

江東花火大会

IMG_1208_200.jpg8/1に開催された江東花火大会の写真です。ホントは近くの河原まで見に行きたかったけど、買い物に出歩いて疲れてしまったので、自宅からパチリ。

意外に近く感じられますが、手ぶれ補正付10倍ズームデジカメのおかげ。三脚無しの夜で、ここまで撮れるのには感心です。

息子も「は~み~、は~み~」と言っていましたが、喜んでるかどうかは微妙な感じでした。

Posted by shinya at 00:36 | TrackBack

2004年08月04日

携帯コレクション

息子は携帯のおもちゃをたくさん持っています。父ちゃんのお古やお子様ランチの景品、他も頂き物だったりするので殆どお金はかかっていませんが、息子はどの携帯も宝物のようです。以前は音のするものを押して遊んだり、耳にあてる真似をしたりして遊んでいたのですが、最近はちゃんと電話でセリフを言うようになりました。

この前ダンナが携帯で話しているときに「はい」「はい」と相づちをうっていたのを聞いていた息子。さっそく自分の携帯を取り出してきて「はい」「はい」と父ちゃんの真似。絶妙なタイミングで相づちをうちます。そして、「だ~ね~」と言って電話を切ります。何かと思ったら、私が電話の最後に必ず「じゃーねー」と言って切るのが癖らしく、それを真似ていたみたいです。自分でも気づかなかった癖なので苦笑してしまいました。それにしても鋭い観察力。

「もしもし」はなぜか「なむ」と言うのですが、「なむ」「はい」「はい」「だ~ね~」と電話の一連のセリフを言う息子。時々「あはは」と笑いも入ったりして、なかなかいい演技力です。最近は私が電話をしていると必ず自分の携帯を持ってきて、そばで私より大きい声で話し始めてしまうので、なかなか電話に集中できなくて困っています。

Posted by kyoko at 12:05 | TrackBack

2004年08月05日

血尿?赤ちゃんなのに?

朝起きておむつを交換していたらなんと、おむつに血がついているではありませんか。おちんちんをよく見てみると先っぽが赤くなっていて、他に傷らしき傷も無いのでひとまずかかりつけの病院に連れて行くことにしました。おそらく何らかの傷だとは思ったのですが、おしっこをすると痛い痛いと前を押さえながら言うので、若くして血尿を出したのではないかという疑いもあり、場所が場所だけに怖いですからね。

で、夫婦2人で病院へ行ってみました。傷かどうか確かめてみましょうということで、患部をぐいっと押さえて血が出ることを先生が確認。ほらほら傷ですね、と言って何度も力を入れて見せてくれます。そんなにやらなくてもいいんじゃないかとちと思う。

次は、患部の穴に管を指しておしっこを見てみましょうと、50cmくらいのストローのようなものを看護師さんが持ってくる。先生が1人、看護師さんが3人で息子の体を押さえて、いざ挿入。痛そうで見てられません、息子も当然泣いた。すごく泣いた。男同士だけに強烈な痛みが伝わってきて、こっちまで顔がゆがむ。

恐ろしく痛そうな行為が終わってからすぐに、奥さんと僕とでぎゅうっと抱きしめてあげました。

偉かったぞ。

おしっこの検査の結果、幸い何事もなく、単なる傷ですということで診察はお終い。菌とか奇病とかもろもろ心配だっただけにひとまず安心しました。

尿道に管を指しただけに、当日はおしっこが出るたびに地団駄ふんで痛がったようですが、1日でそれも終わりって傷口も無事に治まりました。

Posted by shinya at 21:33 | TrackBack

2004年08月06日

北海道の枝豆

実家の北海道から今年もとうもろこしと枝豆が届きました。裏の農家のものなので、まさに産直。今年は天候が適していなかったらしくて、甘みや歯ごたえがいつもよりは落ちるということですが、落ちたところで普通のスーパーで売っているものに比べたらそりゃもう旨い旨い。

塩ゆでした枝豆は息子もお気に入りのようで、ビールのつまみにしている僕の横で一生懸命もぐもぐ食べてました。

Posted by shinya at 20:13 | TrackBack

2004年08月07日

車検の代車

愛車を車検に出している間、代車を借りました。久しぶりのセダンで、いつものワンブックスとは違う視線を少しだけ体験。

Posted by shinya at 09:29 | TrackBack

サンストリート亀戸

亀戸駅からすぐのところにあるサンストリート亀戸に行ってきました。このショッピングモールは息子を妊娠しているときに1度行ったことがあるのですが、モール内を汽車が走っていたり、中央の広場で子供向けのイベントをやっていたりして、息子が生まれてからまた行きたいなと思っていたショッピングモールです。

ショッピングモール内は子供向けのショップが多数。トイザらスをはじめ、ベビー服&子供服のお店が充実しています。そんなせいか、夏休みということも手伝ってモール内は家族連れで大にぎわい。あまりの子供の多さに困惑して、今回は汽車に乗ったりもできず、ぶらぶらショッピングをして食事をしただけになってしまいました。

今度はもう少しすいているときに行きたいと思います。

サンストリート亀戸

Posted by kyoko at 12:32 | TrackBack

スパゲティを食べるとこうなる

ようやく自分で食べることに意欲が出た息子ですが、スプーンやフォークが使えるようになってからはその上達ぶりが驚くほど早く、今では器用に色んな物を刺したりすくったりして食べれるようになりました。

とはいっても、まだまだ食べるのが下手なので汚したりこぼしたりは日常茶飯事。特にミートソースやナポリタンのスパゲティを食べると、食後はものすごいことになります。顔の半分は真っ赤に染まり、その形相は吸血鬼を思わせもします。それでも本人は「ふー食べた~満腹満腹」とばかりに満足げなので、そのギャップについ笑ってしまいます。

Posted by kyoko at 13:33 | TrackBack

2004年08月08日

お台場海浜公園

ちょっとした水遊びをと思って、お台場海浜公園へ来ました。10時頃についたのですが、駐車場もすんなりと入ってビーチにもそんなに人もいなくて快適でした。お台場冒険王の方はにぎわっていたみたいです。

カンカン照りの中、大事なところは傷が治ったばかりなので、足だけポチャポチャとしてして楽しんでいました。日差しがとても強かったのでほんの数十分の水遊びでしたが、夏休み気分を味わうにはちょうど良かったです。

お台場海浜公園は日陰が少ないので、子供と本腰入れてのんびりするには、ビーチパラソルを用意するか朝早くに行って木陰の場所をとるしか無さそうです。

Posted by shinya at 11:36 | TrackBack

サムシングエルス

近所のイトーヨーカドーに買い物へ行ったら、広場でサムシングエルスがライブをやっていました。やけに人が集まっているなあと思ったら、さすがに超有名になったバンドは違いがありますね。最近はテレビではみかけなくなったので、懐かしかったです。

サムシングエルスが新曲を出すようで、新星堂の主催でそのプロモーションイベントらしいです。

→[Amazon] サムシングエルス CD

Posted by shinya at 19:40 | Comments (3) | TrackBack

2004年08月09日

レゴブロックで遊ぶ

ウチには頂き物のレゴブロックがたくさんありますが、今までは誤飲の心配もあったし、まだ上手に遊べないと思ったのでずっとしまってありました。ところがこの間、子供服売り場にあったキッズコーナーのブロックでちゃんと組み立てて遊べていたので、そろそろ出してもいいかなと思って試しに1つあけて出してあげました。

すると息子は「うわぁ!」と言って大喜び。次々にブロックを組み立てて遊んでいます。ちゃんと同じ大きさ物を重ねたりしているので、ずいぶん頭を使って考えながら遊ぶようになったんだなぁと感心してしまいました。

今日出したレゴは、レゴ・デュプロのLittle Forest Friendsシリーズの「森のリトルフレンド」という普通の四角いブロックと、人形や葉やてんとう虫のブロックの詰め合わせのもので、人形のケースに入っています。私の叔父が以前レゴの本場デンマークを旅行したときに旅行社から付録でもらったものを譲り受けたので、日本で発売になっているか分かりませんが、けっこう可愛いので気に入っています。レゴはどのシリーズでも繋げて組み立てて遊べるらしいので、しばらくこれで遊んでから他のも徐々に出してあげようと思います。

Posted by kyoko at 15:48 | TrackBack

2004年08月10日

虫よけパッチ

最近よく蚊にさされる息子ですが、肌が弱いので肌に直接スプレーしたり塗ったりする虫よけはなるべく使いたくありません。どうしたものかと思っていたら、こんな便利グッズを見つけてしまいました。

天然の虫よけ剤(ユーカリ油)が染み込んでいるパッチを貼って虫を防ぐもので、肌ではなく洋服や帽子などに貼るタイプです。よくベビーカーなどに虫よけをぶら下げているのを見かけますが、これならベビーカーから下りて遊んでいる時でも虫よけ効果が期待できるかも。

パッチを直接嗅ぐとハーブの強烈な香りがしますが、離れればそんなに違和感ない匂いで問題ないと思います。裾の方に貼ったりすれば子供も嫌がらないかなと思いました。息子はシールはがし魔なので、もっぱら背中に貼っています。

私は息子用に、サンリオの新幹線の絵が描いてあるパッチを買いましたが、女の子用にキティーちゃんの絵のもあるようです。同じタイプの虫よけパッチで無地の大人用もあるので、蚊にさされやすいダンナにも貼ろうかな。

→[楽天] 虫よけパッチ 新幹線
→[楽天] 虫よけパッチ キティー

Posted by kyoko at 15:53 | Comments (5) | TrackBack

2004年08月11日

ロードトゥパーディション

B0000QX4CK.09.MZZZZZZZ.jpgDVDでロードトゥパーディションを観ました。何の話かよくわからなかったけど、何となく借りたかったタイトルでした。観てみたら、マフィアの話なんですね。

マフィアの父であるトムハンクスの仕事を目撃してしまった息子、その絡みで同僚に妻と息子(さっきの息子の弟)を殺されてしまったトムハンクス。トムハンクス親子がマフィアに復習の旅を続けてうんぬんという話。

このようなシチュエーションでは嫌だけど、息子と二人で旅に出たくなりました。でも、息子に話しにくい仕事というのも辛いですね。

ちょっとせつないラストだったけど、やっぱマフィアでも何でも親子は親子だ。

オススメ度 ★★★☆☆

→[Amazon] ロードトゥパーディション DVD 特別編

Posted by shinya at 21:33 | TrackBack

2004年08月12日

稲毛海浜公園プール

今日からダンナが夏休みです。前から夏休みにはお友達家族と遊びに行く約束をしていたので、相談してプールに行くことにしました。お友達は息子より4ヶ月遅い生まれで、息子もお友達もまだおむつが取れていないので、おむつ水着でも入園できるプールを探して千葉県の稲毛海浜公園プールに行くことにしました。(※追記 下記コメントにあるように、おむつ水着はNGのようです)

稲毛海浜公園プールは普通のプールの他に、子供用のプールや波のプールや流れるプールなど、たくさんの種類のプールがあって飽きません。ウォータースライダーもあるので、園内は家族連れだけでなくカップルや学生なんかも多かったです。

お友達も息子も、最初はプールに緊張していて顔がこわばっていましたが、時間が経つにつれて慣れたようでキャッキャッと声をあげながら楽しく水遊びができたようでした。

前にお友達が家に遊びに来てくれたときは全くかみ合わずに上手に遊べなかったのですが、今回はお友達と握手したり、お菓子を食べさせてもらったり、仲良く追いかけっこをしたりと前回がウソのように仲良くできたので、2人の微笑ましいその光景に親は顔がゆるみっぱなしでした。ダンナとご主人の休みが合わないのでなかなか会えないのが残念ですが、いつも楽しく遊ばせてもらっているので、また一緒にどこかに行きたいなと思います。

Posted by kyoko at 20:29 | Comments (2) | TrackBack

2004年08月13日

ベビーザラスで花王?

久しぶりに新浦安のベビーザラスへ行きました。お店の前にさしかかった途端に、「かおー!」と連発する息子。何かと思ったら、ベビーザラスのマークの一つ、三日月形の顔の絵があるのですが、それを花王のロゴマークと勘違いしている様子。

店内に入っても、床や壁に三日月形の顔がたくさんあったので、しばらく大声で「かおー!、かおー!」と連発していました。花王の顔とは左右が逆なのですが、まあ似てますね。すごい観察力です。

Posted by shinya at 17:05 | TrackBack

三番瀬

テレビのニュースなどによく出てくる三番瀬ですが、あらためて行ったことがなかったので、ベビーザラスの帰りに浦安の日の出あたりに車を止めて立ち寄ってみました。

満潮気味だったようで、水の中には足を入れていませんが意外と深く感じました。干潮だとけっこう歩いて遠くまで行けると聞いています。釣りをする親子、散歩をするおじさん、ウィンドサーフィンをする人など色々な人がいて、ポカポカ陽気の夕暮れを楽しんでいたようです。

魚も飛び跳ねていて、それを狙ってかカモメもよく集まっていました。埋め立ての話題で三番瀬はよくニュースで耳にしていましたが、直感的に「ちゃんと残してあった方が良いかも」と、思わせる光景でした。珍しく、息子がグズリ気味だったのでのんびりできませんでしたが、また干潮の時にのぞいてみたいと思います。

Posted by shinya at 17:30 | TrackBack

2004年08月14日

劇団四季マニア、マンマミーアに大興奮

マンマミーア以前、ミュージックフェアでやってた劇団四季のミュージカル特集をビデオに録画しておいたのですが、ウチの息子はそれがえらくお気に入り。特にマンマミーアの3曲、マンマミーア、サンキューフォーザミュージック、ダンシングクイーンが大好きで、今では若干1歳にしてすっかり劇団四季マニアです。

毎日のように暇さえあればビデオをせがんでいるので歌詞もダンスもすっかり覚えてしまっていて、朝起きてから夜寝るまで口ずさんでいます。ものすごく楽しそうにしている息子を見て、そんなに好きなら本物に連れて行ってあげようと思い、ようやくそれが実現できたのが今日です。

僕らは以前にも観劇しているので、今日は息子のためだけのミュージカルです。さすがにいくら好きとはいえ、2時間以上も黙って座って見ていられるわけがありませんし周りの人にも迷惑ですから、ぐずった子供のために用意されている親子観劇室で最初から最後まで見ようと思っていました。そのため、一番安い席のチケットをオークションで探して購入していました。

親子観劇室は1階席の奥まったところにあるのですが、意外によく見える場所でガラス張りで防音されているので、息子の熱唱する声も外には漏れないようです。また、ライオンキングなら子供もたくさんいるかもしれない親子観劇室ですが、結婚式前後の花嫁とその母親を中心にしたラブコメディのマンマミーアを見にくる子供はいないようで、親子観劇室は僕らの貸切状態でした。

始まってみたら、息子は予想以上に大興奮。照明が暗くなって怖がることもなく、舞台を食い入るように見入っています。知っているナンバーが始まると一緒に口ずさんだりと、あっと言う間に前半が終わってしまいました。休憩時間になって「楽しかったね」と息子を見ると、そこには踊り狂う姿が。そうか、そんなに気に入ったのかと、連れて来て良かったと改めて思いました。そのまま息子は休憩時間中歌いながら踊り続け、2幕目も興奮状態のまま鑑賞しました。

最後に客がスタンディングするところまで目をランランと輝かせて楽しんだ様子の息子、帰り道はナンバーを大熱唱だったのは言うまでもありません。

劇団四季 マンマミーア
→[Amazon] マンマミーア CD

Posted by shinya at 22:06 | Comments (2) | TrackBack

2004年08月15日

おやつに煮干し

この間お友達家族と遊んだときに、お友達がおやつに小さい煮干しをパクパク食べていたので、甘いお菓子やスナック菓子なんかよりもはるかにいいおやつだなぁと感心していました。お友達が息子にもどうぞと渡してくれると、息子はパクッと1口。けっこう美味しかったらしく、お友達と一緒にパクパク食べていました。これは意外。

息子は相変わらず食事の時にしっかりたっぷり食べるので、今まで殆どおやつをあげることがなかったのですが、こういうおやつなら身体にも良さそうだし、固いのでよく噛むことを覚えるかなと思ってウチでもさっそく購入。息子は相変わらず煮干しがお気に入りのようで、小皿にもらってはモグモグしています。ずいぶん固いものが食べれるようになったなぁと感心しました。

Posted by kyoko at 16:48 | TrackBack

2004年08月16日

夏休み子連れ伊豆旅行

fuji.jpg今年の夏休みのお楽しみ、伊豆一泊旅行。僕ら家族と奥さんの両親と義姉とで計6名、渋滞を避けるために朝の5時半に家を出ました。

ほとんど車が詰まることもなく快調に箱根ターンパイクまでやってきて、写真は箱根ターンパイクからの芦ノ湖と富士山です。天気が若干心配ですが、ひとまずは過ごしやすくて良い天気です。

Posted by shinya at 07:26 | Comments (2) | TrackBack

爪木崎でシュノーケリング

umi64.jpg奥さんと義姉がよく行ってて、伊豆の中でも海が綺麗だという南伊豆にある爪木崎でシュノーケリングを楽しみました。夏休みということもあってか、奥さん達の記憶よりも数段多い人がいたようですが、途中の白浜や今井浜に比べてれば全然空いています。

人が多いのでしょうがないと思いますが、海も記憶よりは汚れている様子。それでも、沖の誰も人がいないところまで行けば、十分に綺麗。カニ、ウニ、エビなど、食べたくなりそうなものから、青や黄色の熱帯魚、ウツボ、なんだか大きな魚など、色々な生き物をたくさん見ることができました。

伊豆でも熱帯魚ってたくさんいるんですね。ハイシーズンをはずして、再訪したいです。

Posted by shinya at 10:50 | TrackBack

カニつかまえた

爪木崎でそれぞれに海水浴やシュノーケリングを楽しんでいる中、網とバケツを持ってジイジが岩場まで出かけて行きました。待つこと数十分、ジイジが得意気に帰ってくるとバケツの中は小さいカニやエビがたくさん入っていました。そこへ海でバアバと遊んでいた息子が帰ってきて、バケツの中を興味深げにのぞいています。「これがエビ、これがカニだよ」とみんなから教えられると、息子は「いび!かに!」と言いながら触ろうとします。

ジイジが1匹のカニを出して息子の前で見せてあげると、息子は何のためらいもなくひょいとカニをつかんでしまいました。虫はもちろん、カニもろくにつかめない私は「ぎゃ~!」という感じ。「えー!すごい!」とみんなが驚く中、本人は手から逃げ出してしまったカニを待て待てと捕まえようとします。すばしっこいカニをジイジが捕まえて息子に渡すと、またも平然とカニをつかみます。そして「ないない」と言いながらカニをバケツに戻してあげました。

今からこんな平気で動いてる生き物をつかむことが出来るのなら、虫やら何やら捕まえてきては私に「見て!」って持って来るに違いないと、この先を案じて真っ青になってる私を尻目に、今度はバケツの中に手を突っ込んでカニやエビを捕まえようとしている息子。簡単にバケツからカニをひょいと捕まえます。カニはすぐ捕まえられるので、終いにはエビを狙ってバケツの中をぐちゃぐちゃとかき回していました。恐るべし自然児。ほほえましくみんなが見守る中、母ちゃんはそんな息子の姿に恐怖さえ抱きました。

Posted by kyoko at 11:57 | TrackBack

爪木崎なみ売店

夏になると毎年のように爪木崎でシュノーケリングを楽しんでいた私ですが、ここに来ると必ず爪木崎の駐車場に隣接されている売店「なみ」を利用します。ここ数年ご無沙汰していた爪木崎だったのでまだお店があるか心配でしたが、ちゃんと健在でした。古ーい佇まいの売店、外も中もかなりの年季ですが、お店のおばあちゃんがいつもにこやかに迎えてくれます。

lamen60.jpg午前中シュノーケリングを楽しんで、ここでお昼ご飯を食べるのが定番なのですが、毎回必ず頼むのが「磯ラーメン」です。普通の海の家で出てくるようなしょう油ラーメンなのですが、トッピングにサザエの壺焼きが丸々1個乗っているのが特徴です。このサザエをラーメンのスープに沈めて旨味をスープに移すのが美味しく食べるコツでしょうか。名の通り磯の香り漂うラーメンで1杯600円。今年は息子も堪能しました。

ice61.jpgそしてラーメンの後これも必ず毎回頼む1品、氷イチゴ。これは普通の氷イチゴではありません。お店のおばあちゃん特製のイチゴシロップがかかったかき氷です。イチゴジャムに似た感じの味で、薄いピンクの色だとか、シロップに繊維が残っていたりとか本当にいかにも手作り。一度食べてからはやみつきになって、これが爪木崎に来る楽しみであったりもします。久しぶりの氷イチゴに舌鼓を打ち、あまりの美味しさに帰りにもう1杯食べてしまいました。

Posted by kyoko at 12:56 | TrackBack

伊豆下田温泉いそかぜ

funamori59.jpg宿泊したのは、ネットでみつけた伊豆下田温泉いそかぜです。ホームページを見ているときは、こんなに素敵な感じなのに安くて最高。と思っていたのですが、現地へ行ってみるとそれなりでした。ホームページの出来映えが良かったという感じなのですが、まあそれはそれでいいか。

いけんだ煮みそという漁師鍋が有名な料理らしく、その鍋と舟盛りとカサゴの揚げ物と・・・などといった料理、朝食はなぜかパン食。海の宿だけに、和食三昧を期待していったのでちょっとがっくり。

bath62.jpg施設全体は時代を感じる古さですが、貸切露天風呂は新設したようで海が見えてとても良かったです。息子と一緒に入ったのですが、夜は誰かがやってる花火を眺めながら、朝は心地良い風を浴びながら快適に入ることができました。

伊豆下田温泉 いそかぜ

Posted by shinya at 16:36 | TrackBack

2004年08月17日

干物の小木曽商店

朝起きると外は雨。今日も午前中だけ海水浴を楽しんでから帰ろうと思っていたのですが、バケツをひっくり返したような土砂降りになってしまったのでこれでは海どころではありません。なので、今日は観光と伊豆の美味しい物を食べ道楽しながら帰ることにしました。まずはダンナが雑誌で見つけた下田にある老舗の干物専門店、小木曾商店に立ち寄りお土産を買うことに。

車をお店の目の前にある駐車場に停めて、さっそく店内へ。干物独特の匂いが立ち込めています。中央にあるショーケースの中は色んな種類の干物がたくさん並んでいました。真アジや金目鯛、えぼ鯛、かます、きびなご、いか、さんまのみりん干し等々。どれも身が厚くて美味しそうです。干物は地方発送もしてくれるので函館の実家に送ることにし、もちろん自分達の分もしっかり購入。帰ってからの楽しみが出来ました。

小木曽商店

Posted by kyoko at 09:57 | Comments (1) | TrackBack

下田あんぱん

雨の中、下田の街を車でウロウロしていた時にたまたま見つけたのが、下田あんぱんです。商店街の中で見つけた「下田あんぱん」という文字、なんだか旨そうなにおいをかぎつけ、店内に入ってみました。聞くと、あと数分で工場から焼きたてが届くということで、少し待つことにしました。

ほどなく配送車が来て、あんぱん到着。旨そうな香りがぷんぷんします。こしあんとつぶあん2種類のあんぱんがあって、思い思いのあんぱんを注文、おまけに息子も注文。焼きたてホカホカのあんぱんは、ほんとにおいしかったです。普段は甘いものを食べさせないのですが、息子もとても気に入ったようで、1個をぺろりとたいらげると、もう1個くれくれとうるさく、くれないとわかると大泣きを始めました。それぐらい旨いということです。

ちなみにここは、パン屋さんではなく和菓子屋さんです。下田でも老舗の和菓子屋さんのようです。偶然みつけたところですが、とてもラッキーでした。

平井製菓
静岡県下田市2-11-7
TEL 0558-22-1345

Posted by shinya at 10:17 | TrackBack

回転寿司 魚どんや

道の駅「開国下田みなと」に併設されている回転寿司屋さん「魚どんや」へ行きました。開店が11:00ということで、11:10にはお店の前についたのですが、既に満席で並び待ちが出ててびっくり。一瞬迷いましたが、しばらく待つことにしました。

待つこと30分、カウンター脇のボックス席に6人で座りました。回転寿司だったので、安くてそこそこというイメージで入ったのですが、やはり漁港のある街はひと味違いますね。

旨いです。

特に下田で揚がった魚、いわゆる地魚は鮮度がいいせいか、ひときわ旨かったです。なかでもい、旨かったのは写真の地物「金目鯛」、それと「イワシ」が最高でした。回転寿しといっても、それこそ回転がいいので鮮度が落ちた寿しがぐるぐるまわっていることもなく、板前さんにもがんがん注文できるので、満足度もばっちり。それに、ネタもでかい!。小さなネタで握りを出すお店なら、これで何貫も握れてしまうんじゃないというほどでかいです。

息子も賞賛!旨かった岩のりの味噌汁を自宅でも味わうために、店頭で売ってた残り2つの味噌を購入。さらに、漁協がやってる下のお店で岩のりも購入してきました。

回転寿司 魚どんや

Posted by shinya at 12:02 | TrackBack

海遊の足湯

お腹もいっぱいになり店を出ると晴れ間がのぞいていたので、近くにある「まどか浜海公園」内にある「海遊の足湯」に立ち寄りました。足湯自体は決して大きくないのですが、雨だったせいもあって人はそんなにいなく、6人でゆったり入ることができました。お湯はちょっと熱めで、入っているとすぐに身体がポカポカしてきました。海を見ながらの足湯はのんびりするにはもってこいです。ウチにはわんぱくチビがいるのでのんびりできないのが残念。でもこれで無料なのでかなり満足です。

息子はでこぼこ石の歩ける足湯を平然と行ったり来たりしていました。大人たちは足の裏が痛くて歩けないのに、さすが子供。公園内の足湯だし、大人も子供も楽しめたので良かったです。

Posted by kyoko at 13:03 | TrackBack

河津七滝ループ橋

天気が良くなかったので観光らしい観光はできないと思い、ひとまず車中から河津七滝ループ橋を撮影。何度か通ったことはありますが、相変わらずちょっと恐いですね。特に、今日は大雨が降っていたので恐さがプラスされていました。

ずっと雨が降っていたのですが、降りるときには雨があがり、もしくは小雨になり、車に乗っている時は大雨、落雷、突風という、ラッキーな天候でした。

Posted by shinya at 15:09 | TrackBack

あずさ気まぐれ売店

爪木崎シュノーケリングの帰りに必ず立ち寄っていた「あずさ気まぐれ売店」という産物直売所、久しぶりに立ち寄りました。名の通り、近くの農家で採れた季節のものしか置いてない気まぐれぶりで、値段もぞれぞれの農家の人がつけているらしくとてもアバウト。

ビニールにたくさん詰まったピーマン50円、なす5本100円、きゅうり6本100円などなど、新鮮で安い野菜を買うことができます。せっかく立ち寄ったので、野菜を購入。たくさん入っているのは母と分け合うことにしました。

あずさ気まぐれ売店
静岡県下田市須原筏場35-1
0558-28-0915

Posted by kyoko at 15:10 | TrackBack

茶処竹の里水ぐち

お茶をしようということになって、修善寺にある茶処竹の里水ぐちに来ました。竹林を見ながら抹茶をいただける場所で、風情があるというのはまさにこのことって感じでしょうか、竹林と川の音、川にかかる赤塗りの橋と、風情たっぷりの場所でした。

疲れ気味の体に、おいしいお茶とおいしい和菓子はいい感じでした。竹と川に囲まれているせいか、周囲よりも風が涼しく感じられ、リフレッシュすることができました。

茶処竹の里水ぐち
静岡県田方郡修善寺町修善寺3463-17
0558-72-2029

Posted by shinya at 16:00 | TrackBack

あずさの温泉まんじゅう

自称伊豆通な父と母、伊豆の温泉まんじゅうといえば絶対これ!というのが伊豆長岡温泉の「あずさの温泉まんぢゅう」です。帰り道にちょうど伊豆長岡も通るので、お土産に買って帰ろうかということになりました。

お店に着くと、店の駐車場に車はあるのに店のシャッターのほとんどが閉まっています。もしかして閉店時間?と思って急いで行ってみると、やはり閉店間際でお目当ての温泉まんじゅうも残り1箱だけだとか。何とかその最後の1箱をゲットして車に戻りました。

manjyu63.jpg本当はお土産にする予定だった温泉まんじゅうですが、今すぐ食べたいよねと食いしん坊たちの血が騒ぎ、開けてしまうことにしました。中はまだほんのり温かいまんじゅうが入っていて、みんなで頂きました。もちろん「ちょうわい!ちょうわい!(頂戴の意)」と叫ぶ息子にもお裾分け。皮がふかふかであまり甘くないこし餡のまんじゅうはやはり絶品。いくつでも食べられてしまいそうです。

今日は閉店間際だったので箱を開けましたが、ここはばら売りもしているので温かい温泉饅頭をその場で食べることが出来ます。久しぶりに懐かしい味を堪能しました。もう少し遅ければ閉店してたので、ぎりぎり間に合って良かったです。

あずさ
静岡県田方郡伊豆長岡町古奈118-1
055-948-0486

Posted by kyoko at 16:58 | Comments (3) | TrackBack

伊豆長岡温泉 湯屋光林

旅の疲れを癒すために、日帰り温泉施設の湯屋光林にきました。元旅館の温泉らしく、朝食のみで宿泊サービスもやっているそうです。

温泉施設の利用料金が大人700円、2人用の貸切露天風呂が40分で1500円。広間や食事処に喫茶、おみやげ売場などもあって、広々していたので値段にも満足です。温泉の方は透明なアルカリ性単純泉で、ツルツルした感じのお湯でした。味も無く無味無臭です。

今日一日の疲れをとって、さっぱりすることができました。

伊豆長岡温泉 湯屋光林

Posted by shinya at 17:20 | TrackBack

ふくやエマーユのロールケーキ

雑誌に載っていた「ふくやエマーユ」のロールケーキがとても美味しそうだったのでお土産に買っていこうと思ったのですが、雑誌に1週間前までに予約をしないと買えないとの文字が。そんなに人気ならなおさら食べたいなと思い、まだ在庫があるか電話して聞いてみました。すると「ロールケーキは終わってしまいました」とのこと、噂は本当らしい。電話で沼津に本店があると聞き、諦めきれずこちらにも電話をしてみると「残り2本です」と嬉しい声。でも既に閉店時間間近で、どんなに車でかっ飛ばしても間に合いそうもありません。今回は残念ながら諦めることになりました。

立ち寄った温泉の喫茶、その横を通るとメニューのショーケースに見たことがある品が。ふくやエマーユのロールケーキです。思いがけずここで食べられる!とみんなで喜び、ちゃっかり姉がお風呂上がりに食べたいからと、残り2切れだったロールケーキを予約。

お風呂の後、2切れのロールケーキをみんなで食べました。確かに美味しい。フワフワのスポンジ生地と周りのシュー生地が中の栗と生クリームに合って、シンプルなロールケーキなのに人気なのも頷ける感じです。諦めていたので思いがけず食べれてラッキーでした。しかしここもギリギリで手に入るとは。今日はそんな巡り合わせの日みたいです。

ふくやエマーユ
静岡県田方郡伊豆長岡町南江間1387-4
055-948-3039

Posted by kyoko at 17:55 | TrackBack

ジャンボエビフライのこがね

食い道楽の最後を飾る夕飯は、ジャンボエビフライが有名な「こがね」というレストランです。ここは私の実家では伊豆旅行で行く定番的レストランで、ものすごい大きなエビフライが食べられます。東名高速の沼津インターのすぐそばにあるので見落としがちですが、広々とした店内や、区分けされた座敷席は子連れでもゆっくり食事が出来るレストランなのでおススメです。今日は色々なものを食べまくった1日で、そんなにお腹もすいてなかったのに全員しっかりとジャンボエビフライを注文。よく食べる家族です。

すり鉢にゴマが入っていて、それを自分ですって甘口と辛口2種類のソースをお好みで混ぜてエビフライにつけて頂きます。タルタルソースも付いてくるので、色んな味で楽しめます。けっこうボリュームのある特大のエビフライ2本のセットをみんな残すことなくたいらげました。

ここはビール工房も併設されていて、レストランでもヴァイツェンとケルシュの2種の地ビールを飲むことが出来ます。ここから先の運転を姉に代わってもらって、ダンナも美味しい地ビールを堪能していました。

こがね

Posted by kyoko at 19:19 | TrackBack

育児のたまもの1周年

去年の8月17日に「育児のたまもの」の前身「JOHO.TV」で育児blogをはじめてから、1年が経ちました。

最初は長続きするかどうか不安でしたが、なんとかかんとか書き続けてエントリー数600を超えました。育児で書くことってそんなにあるのかなと思いきや、息子の成長には毎日驚かされてばかり。それに、書くということで息子の成長をより注意深く観察できるようになったかもしれません。これには感謝感謝です。

育児日記をつけていると、函館と三鷹の両親にも孫の成長ぶりの報告がさりげなくできるので一石二鳥。毎日顔を合わせていなくても、なんとなく孫の成長が身近に感じてもらえているようです。これにも感謝感謝です。

一番は、奥さんと共同作業することができたこと。さらに感謝感謝です。

最後に、この1年の一番大きな出来事として、もう1人授かることができました。パチパチ。もうすぐ妊娠5ヶ月、おなかも大きくなってきてだいぶ妊婦さんらしくなってきました。年明けには息子がお兄ちゃんになって、弟か妹が出てくる予定です。

Posted by shinya at 23:38 | Comments (4) | TrackBack

2004年08月18日

満月堂のえびぽん

伊豆旅行で修善寺に立ち寄ったときのお土産、満月堂の「えびぽん」というエビせんべいをさっそく開けて食べました。このえびぽん、私と私の姉妹が小さい頃これが大好きで、父がゴルフで修善寺に行く度にお土産に買ってきてくれた思い出の1品。桜エビがたっぷり使われたポンせんべいで、口当たりが軽く、薄味でエビの風味がたまりません。フワフワなので離乳中の赤ちゃんも食べられるほど。直径12cmほどのせんべいが14枚で780円はちょっとお高いと思いますが、息子も食べられるからとジイジが奮発して2袋も買ってくれました。

おやつに息子と半分ずつ食べましたが、息子の食べるのが早いこと早いこと。その食べっぷりから美味しいんだなと察しました。その後も「ちょうわい、ちょうわい(ちょうだい)」とねだり続けられ、その迫力に押されてもう1枚半分こしました。

このえびぽんに添付されていたお店の案内に書いてあって知ったのですが、店頭にえびぽんしか並んでいないこのお店、実はコーヒー専門店だとか。えびぽんを売っているのは併設された売店だったんですね。

満月堂
静岡県田方郡修善寺町修善寺824-1
0558-72-0110

Posted by kyoko at 21:13 | TrackBack

2004年08月19日

アテネ五輪の体操に参加?

盛り上がっているアテネ五輪、連日メダルラッシュの日本ですが体操で日本が金メダルをとりました。その映像がたくさん流れているのを見た息子が、グルグルとでんぐり返しをはじめてしまいました。

危ないです、首は大丈夫なんでしょうか・・・?でも、キャーキャー言いながら何度も何度もグルグル回ってます。ソファをはみ出してしまいそうな勢いです。

もちろん、でんぐり返しをした後は、両手を上げて体操のキメポーズまでしてくれます。何でも影響を受けやすい年頃なんでしょうかね。劇団四季、企業ロゴに続いて、オリンピックにもはまるのかもしれません。

Posted by shinya at 22:23 | TrackBack

2004年08月20日

妊娠2ヶ月

ダンナからの報告がありましたが、第2子を授かることが出来、また妊婦をやっています。備忘録のためにも、ちょっと振り返って妊娠のことを書き留めたいと思います。

今更ながらですが、私とダンナは出来婚なので息子の時は無計画妊娠(?)でした。突然の妊娠に驚き慌てましたが、今回は違うので妊娠が分かった時は私もダンナも「じゃあ病院行こうか」とけっこう冷静でした。もちろん息子にも報告して家族みんなでちゃんと喜びましたが。

兆候としては、身体のだるさ、頭痛、微熱。いわゆる風邪の症状によく似ていました。一応息子が生まれて以来ずっと基礎体温をつけているので、体温管理は出来ていて、妊娠すると高温期が4ヶ月頃まで続くという知識があったので微熱に関しては全く気にしていなかったのですが、頭痛がくせ者でした。息子の世話も相手もおっくうになり、息子には申し訳ないけど薬も飲むことが出来ないので家でゴロゴロするしかありませんでした。あとは、この早い段階からつわりが来てしまいました。気持ち悪さと頭痛、Wパンチで辛かったです。

産院は息子を産んだ産院に今回もお世話になることにし、知っているスタッフの人に「久しぶりだね」と声をかけてもらいながら久しぶりの産婦人科を受診しました。妊娠が分かってすぐの受診だったせいか、赤ちゃんが小さすぎてエコーに写らなかったので、2週間後に再度受診。無事赤ちゃんも発見できてホッとしました。

Posted by kyoko at 11:32 | Comments (3) | TrackBack

2004年08月21日

三鷹阿波おどり

今日は三鷹で阿波踊りがあるというので息子と実家に遊びに来ました。結婚前に少しだけ三鷹に住んでいた私も見るのは初めて。夕方になると太鼓や笛の音が聞こえてきて、三鷹の駅前商店街は段々とにぎわってきました。すっかり日が暮れたところで外に出てみると、商店街はものすごい人・人・人。結構ばかにできない盛況ぶりです。沿道の見物客の視線を集め、踊り子さんたちが楽しそうに踊っていました。まさに日本の夏という雰囲気満点です。

ジイジに肩車してもらって見物していた息子は、太鼓や鉦の大きな音に最初は目を丸くして固まっていましたが、慣れてくると笑顔も出て踊り子さんたちを楽しそうに眺めていました。家に帰ってから阿波踊りの真似が始まるんじゃないかという観察ぶり。けっこう楽しめたので、来年もまた来ようかと思います。

三鷹阿波おどりオフィシャルサイト

Posted by kyoko at 20:44 | TrackBack

2004年08月22日

木場公園

ちょっと足をのばして木場公園でお散歩を楽しみました。どでかい公園だったので今日は半分くらいしか歩けませんでした。

噴水広場の前に階段があって、息子はそこが気に入ったようです。あっちへ行こうこっちへ行こうと誘ってみても知らんぷり。思うがままに階段を行ったり来たりしています。こういう時はなるべく放っておいて遊ばせておきたいとは思うのですが、息子はあまりにも飽きないで繰り返し繰り返しをするタチなので、僕の方が根負けして抱っこで連れて行ってしまいます。でも、今日は抱っこではなく追いかけっこで誘導することに成功しました。

公園の方は、ただの原っぱ「ふれあい広場」、予約制の「バーベキュー広場」、「噴水広場」、アスレチック施設がある「冒険広場」、手作りっぽい「植物園」、池などが南側にありました。葛西橋通りを挟んで北側には、野外ステージやテニスコート、多目的広場、東京都現代美術館などがあるようです。

息子を水遊びさせたいと思って来たのですが、ジャブジャブ池はあいにく北側にあるようで、今回は散歩だけで帰ってきました。広々していてのんびりできる公園だったので、また立ち寄りたいと思います。

木場公園

Posted by shinya at 20:53 | TrackBack

妊娠3ヶ月

いよいよつわりが本格的になり、実家に助けを求めた妊娠3ヶ月目。息子の時もつわりはひどかったけど、その頃はまだ働いていたので何とか気力で頑張れていたと思います。そのせいか、今回は息子の時よりひどいつわりのような気がしました。とにかく気持ち悪くて何も出来ず、息子はバアバとジイジにすっかり任せっきりにして実家でゴロゴロさせてもらいました。

産婦人科では通常の検診の他に、C型肝炎抗体や風疹、トキソプラズマ、HIVなどのたくさんの検査のために大量の血液を採取。いつもは血液検査くらいでは貧血にならない私も、つわりであまり食べていなかったのでこの時ばかりはフラフラしてしまいました。

エコーでは赤ちゃんの心臓の動いているのが見え、それを確認できた時には一瞬つわりのことを忘れてしまうほど嬉しかったです。2度目でもやっぱり嬉しいものなんですね。

Posted by kyoko at 21:55 | TrackBack

2004年08月23日

つわりの症状

人によってつわりも様々ですが、同じ人でも1人目と2人目でつわりの症状が違うというのはよく耳にします。実際私もそれを身をもって体感しました。例えば、息子の時は朝が一番気持ち悪くて起きられないほどでしたが、今回は夕方~夜が一番気持ち悪かったです。

また、息子の時は食べづわりで、しょっ中何かを口にしていないと気持ち悪くなりましたが、今回は食べれなくなるつわりでした。おかげで体重も減ったので良かったと言えば良かったのですが、食べれないのもつらいですね。

食べ物の好みも息子の時のつわりと今回ではえらく違いました。息子の時は魚の匂い・味を全く受けつけなくなり、スーパーの魚コーナーの前も通れないし、ダンナの好物のお寿司も全くダメ。ダンナにはお寿司はもちろん、お刺身などもしばらく我慢してもらいました。逆に好んだものは炭酸飲料。シュワーッとするのが唯一心地よくてつわりの間は炭酸ばかり飲んでいました。そして今回ですが、なんと私の大好物のチーズがダメになりました。見たり匂いとかでは食べたいと思うのですが、実際口にしてしまうと吐きそうになってしまいます。これはけっこうショックで、このままチーズが食べれなくなってしまったら悲しいなと思っていました。あとは今回は炭酸よりも緑茶を好んで飲んでいました。麦茶やほうじ茶などの茶色のお茶よりも緑茶じゃないとダメで、季節柄熱い緑茶を飲む気にもならなかったので市販のペットボトルのお茶を購入。冷蔵庫に切らさないようにしていました。

もともと嘔吐が出来ない体質で気持ち悪くても吐けないので余計につらいのですが、息子の時も今回も吐きそうになってトイレに駆け込むものの、やはり吐けずにトイレに居座ることしばしば。起きていても寝ていても、何をしていても気持ち悪い。そんなつらいつらい毎日でした。

Posted by kyoko at 12:20 | TrackBack

つわりの対処法

重くてひどいつわり。通っている産婦人科では写真の2種類の薬を処方されました。まずは「半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)」という胃腸の血行を良くし、みぞおちの仕えを改善する漢方薬。もう1つは「ビタダン錠」というビタミンB1・B2・B6・B12の配合ビタミン剤。つわりが始まった2ヶ月目の頃から処方してもらって毎日かかさず飲み続けましたが、感想としては、最初は飲むと軽くなる感じがして効いてるかな?と思ったのですが、つわりが重くなると、もう飲んでも気持ち悪いものは気持ち悪い。少しも効いている実感が得られなくなって途中で飲むのを止めてしまいました。

あまりにもつらかったので、ダンナが「つわりに効くツボ」を調べてくれたりしましたが、これもいっこうに軽くなる気配もなくダメでした。私は試さなかったけど、市販のツボ押しリストバンドとかの効果はどうなんでしょうね?

少しでもつわりを軽くしたくて、すがる思いでネット検索したときに「つわりで悩んでいる人の為のサイト」というのを発見。色んな人が色んな方法でつわりを乗り切っているんだなぁと参考になりました。
つわりで悩んでいる人の為のサイト・若葉マーク倶楽部

結局、どんな方法でも重いつわりは改善されず、ひたすら我慢するしかない日々を過ごしました。頼りは実家とダンナ。本当にひどかった約1ヶ月はほとんど実家にお世話になり、自宅で過ごすときは仕事で疲れて帰ってきたダンナを鬼のようにこき使い、そんな周りの協力で乗り切れました。今更ながら実家とダンナに感謝。

今でも夜になると疲労感やひどいと頭痛に悩まされますが、ちゃんと食べられるようになったし、もう殆どつわりの症状も出なくなりました。長かったつわりもやっと終わったかなーという感じです。

Posted by kyoko at 15:51 | Comments (2) | TrackBack

2004年08月24日

妊娠中の薬相談センター設立計画

妊婦の服薬に情報提供 厚労省がセンター計画

薬をのむと赤ちゃんに悪影響が出ないか心配な妊婦の相談に乗る「妊婦とクスリ情報センター」(仮称)の創設を、厚生労働省が計画していることが24日までに分かった。

2005年度中に国立成育医療センター(東京都)に設置予定だそうですが、全国的にこのような施設がたくさんあるといいですね。

ウチの奥さんも妊娠中に風邪をひいたりすると、ただただ我慢をしていたわけですが、こういうところに相談できたら少し安心かも。都度行くとなると大変なので、電話で相談できるようになるとうれしいです。

Posted by shinya at 12:35 | Comments (3) | TrackBack

2004年08月25日

妊娠4ヶ月

妊娠3ヶ月目は「4ヶ月になればつわりが治まる」と自分に言い聞かせて耐えに耐えていましたが、4ヶ月目に入ってもいっこうに軽くなる様子がありません。こんなはずじゃなかったのに~、と続くつわりを恨む毎日でした。キッチンに入るだけで気持ち悪くて、とても自分で料理が出来ないので、もう1週間ほど実家にお世話になることに。食べられないのも続き、2㎏減。食べれるときに少しずつ食べたいものを口にしていたので劇的に痩せたわけではありませんが、精神的につらくて顔がゲッソリしていたような気がします。

産婦人科の検診はお腹からのエコーになり、息子の時とは違う巨大な装置のエコーを導入していたので、妊娠初期なのに赤ちゃんの細かい動きなんかも見ることが出来て感動しました。2年しか経っていないのに医療って進化してるんだなぁと思いました。母親はこんなに病んでいるのに、赤ちゃんは至って順調。手足がぴょこんと動いて元気いっぱいでした。

やっと自宅に戻ることが出来たものの、やはり夕方から夜になると気持ち悪くて立っていられなくなります。この2ヶ月くらいずっと外食続きだったダンナは、私が帰ってくるのを(というか私の作る家庭料理を)楽しみにしていてくれたみたいですが、結局もう少し我慢してもらうことになりました。

Posted by kyoko at 10:08 | TrackBack

2004年08月26日

2人目の妊娠に上の子は敏感

つわり中は仕方がないとはいえ、まるで息子にかまってあげられず、寂しい思いをさせてしまいました。私が家でゴロゴロし始めた妊娠2ヶ月後半くらいから、息子は異常なほどに私にまとわりつくように。その時は相手をしてあげてないからなーなんて軽く考えていたのですが、日が経つにつれてエスカレート。ストーカーのように私の後をピッタリとくっついて離れませんでした。

つわりが本格的になって実家にお世話になったときは、最初はジイジやバアバと遊べるのが楽しくて私から離れても平気だったのに、やはり日が経つにつれて私にべったり。それなのに私は気持ち悪いのが先行してしまってろくに息子の相手も出来ません。それどころか、「バアバのところに行ってて」などと息子を突き放してしまう日々でした。

そのうち、なぜか夜泣きをするようになって毎晩必ず起こされるようになりました。ただでさえ気持ち悪くて寝られないのに、夜泣きで追い打ちをかけられて私の体調はさらに悪化。毎晩泣いて起きる息子を前に私の方が泣きそうになりました。

ここで私が気づいてあげられれば良かったのですが、自分のことでいっぱいいっぱいで息子からの寂しいサインを完全に無視していました。息子が知恵熱を出してやっと気づいた情けない母親です。

風邪の症状もないのに急に高熱を出し、一晩でケロッと治ってしまった息子。見かねた母に「ちゃんと感じてるんだよ、抱きしめてあげなさい」と言われて、息子を抱きしめながら自分のつわりを棚に上げて息子をおろそかにした自分を責めました。

今は自分に余裕も出てきたので、必要以上に息子にスキンシップをとるようにしています。そのせいか夜泣きもぴったりなくなったし、やっぱり息子は私の妊娠を敏感に感じ取っていたんでしょうね。

Posted by kyoko at 00:21 | Comments (4) | TrackBack

2004年08月27日

酒飲みになる予感

お椀の蓋に入れてあげた味噌汁を、ぐいっと一気に飲み干しました。その光景は、さながら酒飲みが晩酌しているように見えます。

食事の方でも、山菜とか味噌汁とか青菜などなど今から渋い味が好みなので、将来はけっこうな酒飲みになるんじゃないかという予感。早く、一緒に酒を飲めるようになったらうれしいです。

でも、あと18年か、長いなぁ。

Posted by shinya at 12:32 | Comments (2) | TrackBack

2004年08月28日

マタニティーブルー

私はどちらかというとネガティブ思考な人間なので、妊娠に関しても自分の身体の変化や体調の変化によく落ち込みます。普段から浮き沈みの激しい私ですが、妊婦になってからはそれが更に激しくなっている気が。よく言われるマタニティーブルーだと思いますが、ちょっとしたことで感情的になったりするので自分でも嫌になるほどです。落ち込んだり、イライラしたり、まさにマタニティーブルー真っ最中。

こういう時に限ってダンナの悪い癖なんかが気になって仕方がなくて、ついつい八つ当たりをしてしまいます。こんなんじゃ胎教にも悪いなぁと思いつつもイライラが止まらない私。ダンナは自他共に認めるポジティブ人間なので、マタニティーブルーなんて理解できないようで、それが更に私のイライラを増長させ、いつも私の怒りの矛先にされています。ダンナが妊婦だったらさぞかし胎教にもいいんだろうなぁ。代わりに産んでくれないかな。

調べてみると、「妊娠することによるホルモンの劇的な変化が気持ちを不安定にさせる」のがマタニティーブルーだそうで、妊娠初期と後期の妊婦さんがよく経験するそうです。確かに息子の時もつわりで気持ちが落ち込んだのと、出産を控えて陣痛や出産の痛みに対する不安でブルーになったのを覚えています。結局、マタニティーブルーを癒すのは気分転換しかないんでしょうけど、やっぱりダンナの理解と協力が一番だと私は思います。

マタニティーブルー中の妊夫の心得
一、自分の意見は言わずにとにかく話を聞いてあげる
一、励ますときに「頑張れ」と言わない

こんな記事を読んだことがあります。わがまま過ぎるお願いだとは思いますが、これは本当にその通り。ダンナにもこれをお願いし、協力してもらっているところです。

Posted by kyoko at 09:21 | Comments (6) | TrackBack

世界遺産写真展III

sekai5_250.jpg東京駅直結の大丸百貨店内にある大丸ミュージアムで、世界遺産写真展IIIに行ってきました。TBSの番組「世界遺産」で撮影された写真や映像の展示ということで、2人とも世界遺産好きなので息子と一緒に足を運んでみました。

しかし、息子と一緒は失敗でした。

もっとゆっくり見たかったのに、抱っこや歌を何度もせがまれて、あえなく撃沈。さっと足早に歩いただけで終わってしまいました。いつもは色々なことに興味を示して、割と状況を察知しておとなしくしてくれていた息子ですが、さすがに世界遺産の写真に吸い込まれるほど大人ではなかった。

大丸ミュージアム

Posted by shinya at 13:03 | TrackBack

深川不動尊

永代通りを車で走っていたら、門前仲町の深川不動尊に屋台が出ていることを発見、息子の散歩にもちょうどいいので立ち寄ってみました。

石段がえらく気に入ったようで、いつもどおり行ったり来たりと何度も繰り返してました。きっと息子なら「お百度参りも余裕でこなすだろうな」と思えるほどの執着ぶりです。

ちゃんと手を合わせて拝むこともできました。たまにはこういう所もいいもんですね。

深川不動尊

Posted by shinya at 15:55 | TrackBack

佃煮筑定

深川不動尊に立ち寄って露店を見ながらぶらぶらしていたら、いかにも旨そうな佃煮のお店を発見。佃煮筑定というお店がありました。あさり、しじみ、シラス、小女子などなど、様々な佃煮が並んでいてどれも旨そうです。

80年以上前からやっている超老舗だそうです。お店のそばを行ったり来たりして離れない息子に、おばちゃんが「おばちゃん家にもらっていこうか」という声も、いかにも下町っぽくていい感じだったなあ。

今回は、僕たちも息子も食べられそうなシラスの佃煮を買って帰りました。いい具合に甘くて香ばしく、ご飯を何杯も食べられそうな旨さです。佃煮筑定、また立ち寄ってみたいと思います。

場所は、門前仲町駅の赤門があるところから、深川不動尊に向かって仲見世通りをまっすぐ歩いていくと、左側にあります。

Posted by shinya at 15:57 | TrackBack

2004年08月29日

ロードオブザリングDVD三昧

ロードオブザリング 王の帰還明日はロードオブザリングのクラシックコンサートに行く予定。なので、気持ちを高めるためにロードオブザリングのDVDを見まくりました。ロードオブザリングSEEが178分、ロードオブザリング二つの塔SEEが214分、ロードオブザリング王の帰還が203分、合計約10時間の長丁場です。

息子を寝かしつけてからの鑑賞なので、昨日の夜に1を、今日の昼寝の隙に2の途中まで、そして今晩に3まで一気に鑑賞。長くて大変だったけど、やっぱ面白い。同じ映画を何度も見る習慣がまったくない僕ですが、ロードオブザリングだけは全然平気。かれこれ何度見てますが、何度見ても面白いです。

いつも映画の途中で寝てしまっていた奥さんが、最後まで制覇できたことがラッキーでした。明日は2人で楽しめそうです。

→[Amazon] ロードオブザリング DVD スペシャルエクステンデッドエディション
→[Amazon] ロードオブザリング二つの塔 DVD スペシャルエクステンデッドエディション
→[Amazon] ロードオブザリング 王の帰還 DVD スペシャルエクステンデッドエディション
→[Amazon] ロードオブザリング 王の帰還 DVD コレクターズエディション


Posted by shinya at 23:06 | TrackBack

2004年08月30日

初クラシックコンサート

奥さんは何度も行ってるそうですが、僕は生まれて初めてのクラシックコンサートに行きました。場所は東京国際フォーラムの一番大きなホールです。今日は息子はバアバとお留守番。

テレビでやってるクラシックコンサートを見るたびに眠ってしまいそうだと思っていたのですが、大好きなロードオブザリングの曲をオーケストラでやるというのを知って即チケットを購入しました。日本では8/30-31と2日間だけですが、世界各国を順にまわっているようです。

行く前に飲んだビールが原因か、音楽が体に心地よすぎたせいか、開始早々ウトウトというか寝てしまいました。ちゃんと聞きたかったので「寝たら起こして」と奥さんにお願いしておいたので、序盤は何度も起こされることになってしまいました。

睡魔を打破して以降は、初めてのオーケストラに感激。演奏のバックで映画のイラストが写し出されるので、昨日あらためて見直した映画のシーンを回想しながら演奏を聴きました。今回は演奏だけではなく、大人と少年の合唱団やソリストとしてノルウェーの歌手シセルも参加。純粋なクラシックコンサートとは、一味違った味わいもありました。

Posted by shinya at 21:39 | TrackBack

一風堂

 

久しぶりにラーメンが食べたくなり、博多一風堂銀座店へ行きました。有名な博多ラーメン店の中では、一風堂が一番のお気に入り。横浜ラーメン博物館の時から、何度も食べてました。

最近の一風堂では、いつもこってり味の赤丸(写真左側)を頼んでいました。が、年のせいかこってりが体に合わなくなっているようです。次回は、奥さんが食べてた白丸(写真右側)にしてみます。

一風堂

Posted by shinya at 22:40 | TrackBack

2004年08月31日

「抱きしめる、という会話。」

2003_3_4.jpgエ~シ~♪が耳に残る公共広告機構のCM「抱きしめる、という会話。」です。けっこう前から放送されていますが、これ、すごく印象に残りました。

自分の子供なのに愛し方がわからない。 まず、子供を抱きしめてあげて下さい。

抱きしめられると安心するみたいですね、実体験で実感してます。

公共広告機構
「抱きしめる、という会話。」キャンペーン

Posted by shinya at 23:40 | Comments (1) | TrackBack