2004年12月01日

新函館市の誕生

新函館市、きょう誕生 住民、期待と不安が交錯 /北海道

平成の大合併としては道内で初めて、函館市と渡島管内東部の戸井町、恵山町、椴法華村、南茅部町の5市町村が1日合併する。4町村を廃止し函館市に編入、「函館市」となる。

面積的には大きくなりますが、新函館市全部合わせても人口30万人弱だそうで。たしか既存の函館市だけで32万人くらいまでいってた時からすると、少し寂しい感じ。

駅前を中心としたままの状態で地形通りに扇形に街を発展させることができれば良かったのに、駅前が閑散とした状態で外に広がってしまったものだから、困りもの。函館の街の中心ってどこ?って思ったときに、観光の中心地は西部地区や湯ノ川があるけど、住んでいる人から見た中心となると、みんな思い思いの場所が答えになりそうな感じです。

今は東京にいますが函館を出てからより一層に函館のことを好きになりました。色々な地域を旅行や住んだりということをして余計に思うのですが、函館には良いところがたくさんありますね。海もあって、山もあって、観光スポットもたくさんあって、旨いものもあってそれが安いし、温泉なんて300円台でたくさん入れるし、それでいて買い物なんかもそれほど不自由しないし、空港も駅もあるし、いいことづくめだと思ってます。最高なのは、ただ帰省しただけで旅行しているような良い具合の気持ちになれることですかね。

人口減少とか街の活性化の問題で難問が山積みな印象ですが、是非とも新函館市には頑張ってもらいたいです。

Posted by shinya at 12:38 | TrackBack

2004年12月02日

ヤフーディレクトリに掲載

引越やら何やらで忙しくしている間に、ヤフーディレクトリに掲載されていました。

カテゴリは「トップ > 生活と文化 > 家族 > 育児 > 日記」で、

育児のたまもの - 夫婦による子育て日記。国内、海外への子連れ旅行、おすすめベビー用品、食事の工夫等。

と記載されていて、紹介文もきれいにまとめていただきました。

Posted by shinya at 13:04 | TrackBack

2004年12月03日

あかちゃ~ん

私のお腹が大きくなり出してからは息子に「母ちゃんのお腹には赤ちゃんがいるんだよ」と度々教えていましたが、当人の反応はもちろん???という感じで、まるで分かっていない様子。それでもめげずに教え続けていたら、最近になって私のお腹を「いい子いい子」しながら「あかちゃ~ん!」と言うようになりました。

時々、何を勘違いしたのか自分やダンナのお腹をすりすりして「あかちゃ~ん」と言ったりするので、まだ自分の弟か妹になる「赤ちゃん」という存在をちゃんとは理解出来てないのでしょう。それでも毎日のように「あかちゃ~ん!」とお腹をなでてくれる息子、そんな行動を微笑ましく思っています。お腹の子にも息子の声がいい胎教になるかなーなんて思うし。

生まれてきても赤ちゃんに優しいお兄ちゃんになって欲しいものです。

Posted by kyoko at 20:57 | Comments (2) | TrackBack

2004年12月04日

コーラスライン

劇団四季の「コーラスライン」を観て来ました。出産を控えているので趣味の観劇もこれが産前ラスト。産後もしばらくは行けないのでたっぷり楽しむことにしました。

「コーラスライン」は有名なブロードウェイミュージカルです。物語の舞台はニューヨークのブロードウェイ。ミュージカルのオーディションでのダンスシーンから始まり、最終選考に残った17人が演出家の問いにそれぞれの人生を語っていくといったストーリーです。実際のオーディションの様子もこんな感じなのかなと思わせるリアル感ある内容で、歌・ダンス共に迫力があって満足の見応えでした。

今回、今や劇団四季の振付師としても活躍している加藤敬二さんが演出家という役所でキャスティングされていて、とても楽しみにしていました。やっぱりさすがという感じのダンスの切れ。振付だけでなくもっと舞台に立って欲しいなぁと思いました。

→[Amazon] コーラスライン(劇団四季) CD

Posted by kyoko at 16:59 | TrackBack

2004年12月05日

NTT発見

ポカポカ陽気に誘われて息子と2人で散歩をしていると、急にしゃがみこんで指を差し「えぬてぃてぃ、えぬてぃてぃ」と、嬉しそうに僕を見ます。こんなところにも企業ロゴがあって、それを息子が見つけていることに驚きました。

街を歩いていると色々なロゴがありますが、息子がロゴ好きになってからというもの、僕もすごく目につくようになりました。それでも、息子の注意力には負けてしまいます。

車に乗っている時も歩いている時も、息子が突如として企業名を言うことがあるのですが、言われると僕たちが必死になって探します。で、なんとか見つけて「NTTあったね~、すごいな~」などと言うと、これまた得意げになってまたまた繰り返す。という感じで、果てしない企業ロゴ探しが繰り返されています。

Posted by shinya at 12:08 | Comments (2) | TrackBack

2004年12月06日

ツボダイとホッケの干物

ツボダイ ホッケ
11月に帰省した際にお土産に買ってきて冷凍しておいたツボダイとホッケの干物をやっと頂きました。ツボダイもホッケも1尾ずつしか買ってこなかったのですが、とても大きくて身厚なので3人で丁度いい量です。

日にちを分けて1尾ずつ焼いて夕食に出したのですが、どちらも身が締まっていて油がしたたり落ちるほどのっていて、とっても美味。普段干物を焼いて食卓に出しても食いつきが悪い息子が「おしゃかな、ちょうだい」と何度もおねだりするほどです。

ちなみに、この干物はいつも函館に帰ると必ず立ち寄る新川自由市場の中のマルミ佐藤商店で購入したのですが、カニやいくらだけでなく干物も美味しいことが判明。また買って帰るものが増えてしまいました。

Posted by kyoko at 21:22 | Comments (2) | TrackBack

2004年12月07日

クリスマスツリーの飾り付け

今年のクリスマスツリーは昨年の卓上サイズから大幅バージョンアップの150cmというものを購入しました。私自身こんなに大きいツリーを飾るのは初めてなのでワクワクしながら飾り付け開始。コンパクトに収納が出来るように3分割されているツリーを組み立てて、枝を開いていきます。これがけっこう時間かかりましたが、息子はその間ポロポロ落ちる紙くずを拾ってはゴミ箱に捨てるアシスタントくんになってくれていました。

次に電飾を木に巻き付けてオーナメントを飾っていきますが、この時には既に息子は飽きてしまって私の邪魔ばかり。車に乗ってツリーに突っこんでこようとする息子を阻止しながら何とか飾り付けをしました。完成間近になると息子の態度が一変。「きれーい」と言って喜んでくれました。最後にてっぺんに星の飾りを付けると、それを見た息子が嬉しそうに一言。「さっぽろ?」…確かにサッポロのロゴは星マークだけど。

ダンナが帰ってくるのを待って点灯式をしました。すると、電飾の巻き付け方が悪かったのかツリーの上部と下部が交互に点滅しています。せっかく飾ったのに、明日やり直しだ。

Posted by kyoko at 13:32 | TrackBack

2004年12月08日

What did you do today?

ついでに英語の耳<赤ちゃん専用ケータイ>息子の携帯コレクションの中で最近のお気に入りがこれ、ピープル社の「ついでに英語の耳<赤ちゃん専用ケータイ>」です。ボタンを押すとプッシュホンの音の他に「森のくまさん」のメロディーがなったり、「Hello. What did you do today?/もしもし、今日何して遊んだの?」「I'll visit you soon./今度、遊びに行くね」など日本語と英語交互に話しかけてくれます。

よくこの携帯で遊んでいるので、何度も聞いているうちに覚えてしまったのでしょう。私のところに来てボタンを押して、突然「わっでぃじゅー、どぅー、とぅでーい!」と言うではありませんか。これには本当にビックリ。息子の耳の良さには毎度感服させられますが、英語までヒヤリングだけで丸暗記です。

小さい頃から英語教育を受けさせるのを否定するわけではありませんが、ウチでは「英語はちゃんと日本語が話せるようになってから」という方針だったので、今まで英語に触れさせることに積極的ではありませんでした。でも、こんな風に耳から自然に覚えてくれるならいいなぁと思ってしまいました。

ピープル社 ついでに英語の耳<赤ちゃん専用ケータイ>
→[楽天] ついでに英語の耳<赤ちゃん専用ケータイ>

Posted by kyoko at 12:19 | TrackBack

2004年12月09日

妊娠8ヶ月

早いもので妊婦生活も9ヶ月目に突入してしまいました。既にパンパンだったお腹もまた更に大きくなって、前方の下方は完全に見えなくなりました。靴を履く時や足の爪を切る時などにお腹が苦しくて苦労しています。

それもそのはず、赤ちゃんはエコーの断面図から計算して1800gプラスマイナスあるということなので、順調に発育している様子。ただ、先生の「頭が大きいんだよなぁ~」という言葉には、息子も頭が大きくて産むの苦労したから、また今回もかぁ…とがっくりきてしまいました。

また、産院から入院に備えての費用についてや準備品についてなどの説明があり、いよいよ妊婦生活もラストスパート突入だなと実感がわいてきました。

Posted by kyoko at 11:48 | TrackBack

2004年12月10日

少子化対策へ男性の育児時間増…新新エンゼルプラン

少子化対策へ男性の育児時間増…新新エンゼルプラン

概要は、<1>育児期の男性が家事と育児に費やす時間(現在1日平均48分)を先進国並み(1日2時間程度)とする<2>長時間労働(週60時間以上)している人の割合について30歳代の男性では現状の23%から半減させる<3>育児休業の取得率を男性は10%(現在0・3%)、女性は80%(同64%)とする――などの数値目標を盛り込んだ。

公園に父子だけで遊びに来ていたり、お父さんが1人でベビーカーを押していたり、昔では考えられなかった光景も今では普通に目にします。おむつ替えシートが男子トイレにも設置されている時代。父親の育児参加というのは今や常識なのでしょうね。そういう意味では昔から比べると今の子供達はとても恵まれていると思います。少子化対策ということだけでなく父親の育児参加奨励という意味でもこの制度が早く実現されるといいなぁと思います。

Posted by kyoko at 22:18 | TrackBack

2004年12月11日

JALスカイワールド大好き

大した病気でもないのですが入院した父親の見舞いのため、息子と2人で今日から1泊2日で函館に帰省しました。1泊2日といっても、最終便で函館に入り、次の日に朝の便で帰る超強行軍。臨月手前の妊婦が留守番しているのでホントは日帰りを希望していたのですが、予約でとれたのが最終+朝イチの組み合わせだったのです。

今回は、マイレージのたまったJAL特典航空券での帰省でした。2歳の息子と2人っきりの飛行機はかなり不安でしたが、行きはちょっと広めのクラスJにアップグレードすることができ、さらに隣の席も空いているところにしてくれたので、けっこう楽でした。それに、キャビンアテンダントの方も色々と気遣いをしてくれて、息子もご機嫌だったので助かりました。

JAL(じゃる)ももちろん覚えている企業ロゴ好きの息子。飛行機の中でも、企業広告満載の雑誌JALスカイワールドをめくるのが大の楽しみです。一緒になってめくってソニーとかパナソニックとか言っていたら、無理矢理大人の雑誌を読ませて大変そうだと思ってくれたのか、キャビンアテンダントさんが絵本を持ってきてくれました。どうもありがとうございました。でも、この企業ロゴ満載のJALスカイワールドが、息子は好きなのでした。

Posted by shinya at 18:46 | TrackBack

函館空港でレンタカー

函館での移動手段は、後の行動も楽なレンタカーにしました。いつもは迎えに来てもらっていてる函館空港ですが、いつも迎えに来てくれている父がいないので今日は「サムイ、サムイ」を連発している息子と2人で函館空港からレンタカーを借りて病院へ向かいました。トヨタのパッソを借りたのですが、チャイルドシート付きで8,400円也。小回りもきいて、快適な車でした。

病院には30分くらいいれたかどうかでしたが、あまりの寒さからか息子のおしっこが大量に出ているようで、おむつを超えて服までぬらしてしまいました。

Posted by shinya at 19:28 | TrackBack

モニター付キッズルームのあるレストラン

病院の後は、弟家族と一緒に食事。焼き肉屋だったのですが、それぞれ個室になっていてそこには液晶テレビがかけてありました。テレビ見ながら焼き肉食べろということなのかと思ったら、子供を遊ばせておくキッズルームみたいなところがあって、そこをカメラで撮影した映像が流せるようになっているそうです。

ウチの息子は食って食って食い続けるタイプの子供なので、ほとんど遊ぶ時間も無かったのですが、色々な設備があるものですね。

Posted by shinya at 20:27 | Comments (1) | TrackBack

函館クリスマスツリー

函館の冬のイベント「はこだてクリスマスファンタジー」、そのメインは高さ18メートルもある本物の「もみの木」のクリスマスツリーです。12月の上旬からクリスマスにかけて行われるイベントですが、なかなかこの季節に函館に帰省することはなかったので、今回初めてクリスマスツリーを見ることができました。

テレビなどでは見たことがあったのですが、ものすごくでかくてきれいだった。息子も「きれい、きれい」を連発していました。毎日花火も上がるそうで、いつもきれいな金森倉庫群もサンタがよじ登っていたり、電飾やもみの木以外のクリスマスツリーなんかで彩られていて、いい具合になっていました。

2004はこだてクリスマスファンタジー

Posted by shinya at 21:00 | Comments (2) | TrackBack

2004年12月12日

恐るべき記憶力

実家に帰るのはちょうど1ヶ月ぶりくらいだったのですが、家の中で息子が「ミッキー、ミッキー」と騒いでいます。いろんなミッキーを捜して息子に見せていたのですが、どれも違う様子。

なんと、前回来た時に出してもらった子供用スリッパのミッキーのことだったのです。さらに「うさぎ、うさぎ」と、ミッフィーのスリッパがあるのも覚えているようで、そんなスリッパがあったことすら忘れていた僕は、息子の記憶力に驚いてしまいました。

さて、帰りの飛行機は後半にかなりぐずってしまって大変でしたが、無事に息子と2人っきりで飛行機に乗って帰省することができました。見舞った父親も早々に退院して元通りの生活に戻れそうなので安心しました。

Posted by shinya at 08:28 | TrackBack

増毛産帆立

毎月届く北海道グルメ会、今月は去年も頼んだ北海道増毛産の帆立が届きました。今日は私があまり具合が良くなかったので、ダンナが台所に入ってくれて久々に男の料理を披露してくれました。

お刺身とバター炒めが食卓に並び、さっそく頂きましたがやっぱり美味しい。お刺身はトロッと甘く、バター炒めも弾力があってしょう油バター味が絶妙。息子は帆立のヒモが気に入ったらしく、ずっとカミカミしながら「うま~い」と連発していました。

残りの帆立で明日はホタテフライを楽しみたいと思います。

Posted by kyoko at 20:18 | TrackBack

2004年12月13日

ひどい目やに

昨日あたりから息子の目に目やにがよくたまります。黄色くて多めの目やになので気になってはいたのですが、今朝起きてみると目やにがこびりついて目が開かないほどになっていました。

いつもより目をよくこするし多少腫れぼったい感じもするので、小児科に電話して聞いてみると「ウィルス性ということもあるので取りあえず受診して下さい」とのこと。さっそく予約をして病院に連れて行きました。

診察してもらうと、風邪のひき始めで目やにが出やすくなることもあるし、もしかしたらアレルギー性のものかもしれないということだったので原因は結局分からなかったのですが、弱めの抗生物質の目薬を処方されて帰ってきました。

ところが問題はその目薬です。今まで目薬を嫌がることがなかった息子ですが、しばらく目薬をさしたことがなかったので目薬を怖がるようになっていました。1滴さす度に押さえている手をふりほどいてものすごい勢いで目をこすってしまいます。これじゃあ薬の意味がないと何度もやっていたらすっかり目薬嫌いになってしまいました。困ったなぁ。

Posted by kyoko at 20:45 | TrackBack

2004年12月14日

濃厚函館4.0牛乳

山川牛乳だけでなく、函館は普通の紙パックの牛乳も美味しいです。11月に帰省したときに実家にあったこの「濃厚函館4.0牛乳」がとても美味しくて、思わず2本も買って帰って来てしまいました。あっという間に2本とも飲み切ってしまったこの牛乳、今回のダンナの帰省で、重いのは承知でお願いをしてお土産に買ってきてもらいました。

乳脂肪分が4.0もあるのに加工乳ではなくて「牛乳」なんて驚きです。しかも冬から春にかけて乳脂肪分が高くなるからと10月~4月までの季節限定販売。コクがあって名の通りかなり濃厚な味わいの牛乳でとても紙パックの牛乳と思えないほどです。しかもこれが普通のスーパーで200円前後で売られているのだから本当に羨ましくなります。

息子もいつも飲んでいる牛乳と違いが分かるのか、「おかわり」と何度もねだられます。お腹壊さないといいけど…。

函館牛乳

Posted by kyoko at 13:10 | TrackBack

2004年12月15日

母親学級

産院で開催されている母親学級に行ってきました。私の通う産院では母親学級を妊娠28週までと28週以降の2回、それから夫婦揃って参加する両親学級を開催してくれています。息子の時と内容がほぼ重複するので、今回は28週までの母親学級1と両親学級はパス。ちなみに私の産院では夫の立会出産を希望する人は両親学級を必ず受けなくてはいけないのですが、顔見知りの助産師さんに「ダンナさん忙しかったら無理に出なくていいわよ」と免除を許してもらいました。

今日は母親学級2なので、年明けに出産するお腹の大きな妊婦さん(もちろん私を含めて)7名が参加していました。上の子同伴可能日だったので2人を除き殆どの人が経産婦さん。でも子供を連れてきているのは私を含め2人だけでした。

母親学級の内容は、院長先生のお産に関するお話から始まり、院内見学、自己紹介を含むオリエンテーション、ソフロロジー式分娩についての話とエクササイズ、イメージトレーニングなどたっぷりと2時間半の講習です。途中飽きてしまった息子はスタッフの人が面倒を見てくれたのでグズることもなく待っていてくれました。

長丁場で多少疲れましたが、お産に対する新たな情報を仕入れることができたり、何より他の妊婦さんと話せる機会が出来たので受けて良かったなと思いました。

Posted by kyoko at 20:45 | TrackBack

2004年12月16日

永代橋ライトアップ

最近は会社まで自転車通勤をしているのですが、会社帰りの永代橋がきれいにライトアップされていたので携帯で撮りました。

隅田川の水やたまに通る船、高くそびえる佃のタワーマンション、そしてライトアップされた永代橋など、絵になる光景が多ので永代橋はいつ通っても、カメラと三脚も持った人や立ち止まって携帯で撮影している人がたくさんいます。

Posted by shinya at 18:44 | TrackBack

2004年12月17日

名前ランキング2004

蓮、さくら、美咲がトップ 今年の赤ちゃん名前調査

毎年恒例の名前ランキングが発表されました。男女のベスト10は次の通りです。

男の子
1. 蓮
2. 颯太
3. 翔太
3. 拓海
5. 大翔
6. 颯
7. 翔
7. 優斗
7. 陸
10. 翼

女の子
1. さくら
1. 美咲
3. 凛
4. 陽菜
5. 七海
5. 未来
7. 花音
8. 葵
9. 結衣
10. 百花
10. ひなた

ウチも来年1月末には生まれてくるので、そろそろ名前を考えないと。

明治安田生命名前ランキング2004

Posted by shinya at 00:05 | TrackBack

2004年12月18日

はとぽっぽ

いまだにハトを追いかけて遊ぶのが好きな息子ですが、最近はハトのことを「はとぽっぽ」と呼べるようになりました。でもよく間違えて「きしゃぽっぽ」と言ってしまうのが難点。同じ「ぽっぽ」でもえらい違いなんですけど…と思いながら「違うよ、はとぽっぽだよ」と教えてあげます。

「はとぽっぽ、まてまて~!」と言いながらものすごい勢いで追いかけていく息子。当然ハトは危険を感じて高いところに避難してしまいます。すると決まって息子はハトに向かって「おりて~!おりて~!」とおいでおいでをして呼びます。いつまでも呼び続けるので「多分もう降りてこないからバイバイしようね」と促すと残念そうに「はとぽっぽ、ばいば~い」と息子。

そんな光景を見ながら、色んな事を考えて口に出して言うようになったなぁと息子の成長を改めて感じています。

Posted by kyoko at 13:16 | TrackBack

目が回った

のんびり休日のお散歩、少し足をのばして遊具のある公園まで行きました。滑り台やブランコなど、一通りの遊具を楽しんだ後、棒に乗ってくるくる回る遊具にトライ。最初はゆっくり回してあげていたのですが、ダンナが私に代わって回したら早すぎたのかビビってしまった息子。「おりる~おりる~」と半べそで訴えてきました。

ダンナが抱っこして降ろしてあげると、酔っぱらいのようにフラフラと足下がおぼつかない息子。どうやら目が回ってしまったようです。生まれて初めて目が回るという感覚を味わった息子、その変な感覚に更にビビってダンナに怖いとしがみつきます。

私とダンナはそれに大笑い。2歳児でも目って回るんだぁ~などと言い合いながらしばらく笑いが止まりませんでした。

Posted by kyoko at 13:26 | TrackBack

2004年12月19日

妊娠中の風邪

私は普段から風邪をひきにくく、どんなに家族が風邪をひこうが移らない自信があると自負していたのですが、妊婦生活もあと一息というこの時期に不覚にも風邪をひいてしまいました。私が風邪をひく時は決まって睡眠不足が原因なのですが、今回も考えられる原因はそれです。寒くなってきて布団を厚いものにしたのですが、妊婦にはそれが重くて寝返りが思うように打てず夜中に何度も起きてしまうのが何夜も続いていました。

最初は喉が痛いなぁというくらいだったので家で大人しく過ごしていたのですが、あまり良くならずそのうちガラガラ声になり、とうとう声が出なくなってしまいました。夜になると微熱が出るし、何よりも咳がお腹に負担がかかるので困りもの。もちろん市販薬など飲めないので、産院で検診のついでに風邪も診てもらいました。

大した風邪じゃないと診断されましたが、咳によって陣痛が起きてしまうこともあると注意喚起されました。処方された薬はおなじみ葛根湯です。咳に注意というわりには咳止めの薬や喉の痛みの薬は処方されませんでした。葛根湯は風邪のひき始めに効くというイメージがあるので、こじらせてしまった風邪に有効か不安が残りますが、この時期の妊婦にあまり強い風邪薬は処方されないのかもしれません。

あとはうがい薬が処方されたので、うがいと葛根湯で何とか治ってくれることを祈ります。

Posted by kyoko at 12:20 | Comments (9) | TrackBack

はなぶさ

年越しそばをどこで食べるか決めようと、門前仲町のおいしいそば屋を検索。そこでみつかったのがこの「はなぶさ」と「あさのや」でした。両方とも道路を挟んですぐ近くにあり、どちらも歩いて行ける距離だったので、おいしいそば屋さんが近くにあるなんてうれしいです。

まず食べてみたのが「はなぶさ」です。オリジナルのホームページもあって、そば粉の利用箇所などを変えた3種の手打ちそばをいただけるとのこと。一番太くて濃い色の田舎、一番細くて白い更科、そしてその中間の江戸前とあったのですが、今回は更科と江戸前で注文。どちらもおいしくいただきました。欲をいえば、更科と江戸前の中間だったらもっと好みかも。

息子も更科のもりそばをペロリとたいらげて大満足。おいしそうな肴がいっぱいあったので、夜も来てみたいです。

はなぶさ

Posted by shinya at 13:36 | TrackBack

2004年12月20日

生協の宅配パルシステムのウェルカムベビー特典

利用している生協の宅配パルシステムでウェルカムベビー特典というものがあるので申し込みました。これは組合員本人かその配偶者が妊娠している場合、出産前2ヶ月と出産後4ヶ月の個配手数料が免除されるというもの。

出産前は買い物で重たい物を持ちたくないし、出産後は買い物に出ている暇もありません。そういう意味ではこの制度は嬉しいですね。この機会に大いに利用しようと思います。

→生協の宅配パルシステム
Click Here!

Posted by kyoko at 20:27 | TrackBack

2004年12月21日

冬至のゆず湯

今日は冬至です。もともと私は季節の行事をやっていた方だと思いますが、息子が生まれてからは尚更ちゃんとやってあげたいと思って実践しています。冬至ということで今日はかぼちゃの料理を作って夕飯に皆で食べ、お風呂はもちろんゆず湯にしました。

息子はお風呂に浮かぶゆずを見て案の定「みかん?」と聞いてきました。まだ分からないとは思いましたが、ちゃんと「今日は冬至っていうんだよ、だからゆずをお風呂に入れたんだよ」と教えてあげました。

お風呂にゆずが浮かんでいるのが楽しかったのか、息子は「ゆず、ちゅかんで」と言いながらゆずをすくい上げる遊びに夢中。でもそのうち「いたかった、いたかった」と何度も顔をしかめます。何かと思ったらゆずを握りしめた手でお腹の湿疹に触ってしまったようで、かなりしみる様子。慌てて洗い流してお風呂から上がらせました。アトピー持ちの息子にはゆず湯での長湯はさせられないなぁと学習。来年は気をつけようと思います。

Posted by kyoko at 23:17 | TrackBack

2004年12月22日

アシックスSUKU2 GD.RUNNER X Mini

息子の身体の成長も著しく、どうやら靴がきつくなっている様子。靴だけは身体に合った機能的なものをはかせたいと思っているので、1サイズ大きいものを買ってあげることにしました。選んだのは今回も私が絶大な信頼を置いているベビーシューズ、アシックスのSUKU2です。

SUKU2のベビーシューズは14.5cmまでなので、息子はその上15cmからのプレスクールシューズというのに格上げ(?)です。デザインもちょっとお兄ちゃんぽくなって、機能もよちよち歩き用から走ったり飛んだり活発に運動できそう。でもSUKU2のコンセプト「より裸足に近い感覚を持つシューズ」というのはサイズが大きくなっても変わっていなく、子供の足の成長を守ってくれる靴。素敵です。

色々あるデザインの中から、今回選んだのは「GD.RUNNER X Mini」です。「つま先をカップ形状にし、つま先の剥がれを軽減」というものだったのが決め手になりました。これで息子の2枚爪も治ってくれるといいのですが…。

→[楽天] アシックスSUKU2 GD.RUNNER X Mini

Posted by kyoko at 13:54 | TrackBack

2004年12月23日

あさのや

門前仲町でおいしいソバ屋さんを検索してみつけたのが、「はなぶさ」とこの「あさのや」です。先日「はなぶさ」には行って来たので、今日は「あさのや」でそばをいただきました。

やっぱり、色々と紹介されていたソバ屋さんだけあって、こちらも美味でした。年越しソバをどっちで食べようかと試食のつもりで来たのですが、どっちも美味しかったので決められずじまい。

食べに来てみて並んでいたら困るので、待ち時間が少ない方にしようということになりました。まあ、おいしいソバ屋さんが2件もあって良かったです。

あさのや

Posted by shinya at 15:26 | TrackBack

2004年12月24日

家族でクリスマスパーティー

去年も家族でクリスマスをしましたが、今年もご馳走を作って家族でクリスマスパーティーをすることにしました。クリスマスパーティーといっても家族でご飯を食べるだけのささやかなものですが、家族揃ってのクリスマスなんてきっと子供が小さいうちだけだと思うので今のうちに楽しんでおこうと思っています。

朝から張り切って息子と買い出しに行き、昼過ぎからのんびりと料理開始。いつもは料理時間が長いと「かまってくん」になる息子ですが、今日はいつもと雰囲気が違うと分かるのか、大人しく1人で遊んで待っていてくれました。

ダンナの帰りを待って、クリスマスパーティーのスタートです。グレープタイザー(アップルタイザーのブドウ版)におまけで付いていたクリスマスソングのCDをBGMに、みんなで乾杯しました。ダンナも息子も頑張って作った料理を美味しいと言ってくれ、私も大満足。ゆっくりと家族団らんを楽しみました。

Posted by kyoko at 23:43 | TrackBack

2004年12月25日

サンタさんからのクリスマスプレゼント

息子にとって初めてのサンタさんからのクリスマスプレゼントです。朝、目を覚ましても巨大な靴下に全く気づかない鈍感な息子を見かねてダンナが「あれ見てごらん」と促しました。すると「うわぁ~!」と声をあげながら靴下を手に取りましたが、何せ初めての体験なので中にプレゼントが入っていると分からないようです。「中に何が入っているか見てごらん」とダンナに言われると、恐る恐る靴下の中に手を入れる息子。別にヘビが出てくる訳じゃないんだから…とつっこみを入れたくなるほど小心者の息子を見守りました。

ようやくプレゼントが靴下から出てくると、またまた「うわぁ~!」と声をあげる息子。「あけていいよ」と言われてもプレゼントの包装をなかなか開けられない様子です。ビリビリ破いて開けちゃえばいいのに、几帳面な性格がこんなところにも出て慎重に慎重に開けていきます。

ようやくプレゼントのトミカの車が出てくると「うわぁ~!」を連発。どうやら気に入ってくれたみたいです。「サンタさんが持ってきてくれたんだよ」と説明しても分からない息子にサンタさんの絵を見せると、「あんぱんまん?」と言われてしまいました。確かにその絵はほっぺがふっくら赤くてアンパンマン似なんだけど…。クリスマスの前にサンタさんをちゃんと教えておけば良かった。

Posted by kyoko at 19:02 | TrackBack

2004年12月26日

アシックスSUKU2 レインハンター

アシックスSUKU2 GD.RUNNER X Miniと同時購入したのがこれ、アシックスSUKU2 レインハンターです。

アシックスSUKU2のブーツタイプで、このレインハンターはその名の通り雨や雪に対応できる防水設計です。雪でも滑りにくい靴底なので雪が降っても外で思い切り遊ぶことが出来そうなのが気に入りました。長靴代わりにもなる上に、デザインがシンプルなのでスニーカーでカジュアルすぎる時に履かせるのにいいかなと思って買いました。

最初は足首のところが固いので履きにくいのですが、慣れるとなじんできます。セカンドシューズですが、これから雪とか降ったら活躍してくれそうなので楽しみです。

→[楽天] アシックスSUKU2 レインハンター

Posted by kyoko at 15:12 | TrackBack

2004年12月27日

小指立ってます

パンを美味しそうに食べていた息子、気づけば持っている小指が立っています。

「小指立ってるよ!」と私とダンナは大笑い。こんな子供でも無意識に小指って立つんですね、ビックリしました。

こんなのが癖になったら嫌だなと気になってずっと見ていると、常に小指が立つわけではないようなのでちょっと安心。変な仕草を発見してしまいました。

Posted by kyoko at 19:02 | TrackBack

2004年12月28日

マクドナルドのおもちゃ

私の妹から息子にクリスマスプレゼントをもらいました。マクドナルドのおもちゃで、中にはプラスチック製のビーフパティやチーズやトマトなどのパーツが入っていて自分でハンバーガーを作ることができます。他にもポテトやナゲット、ホットケーキ、サンデー、ドリンク等々のサイドメニューも入っていてちょっと本格的。

息子はまだマクドナルドを食べたことがないのでハンバーガーを知りません。だから、いくらこっちがバンズにパティとレタスとトマトなどを挟んで渡してやっても無反応。それよりも各パーツの名前を覚えるのに夢中の息子、「これは?」と1つずつ聞いては一生懸命覚えています。でも「ピクルス」だけはなかなか覚えられないらしく苦戦しているみたいです。

おままごと大好きなので、そのうち「あ~ん」と食べるふりをさせられそう。「一緒にポテトもいかがですか?」ってマックごっこをする日はいつのことになるやら。

Posted by kyoko at 08:46 | TrackBack

2004年12月29日

解夏

B0001JZHGW.09.MZZZZZZZ.jpg念願の「解夏(げげ)」のDVDを借りて観ました。映画館で観た予告から気になっていて観よう観ようと思っていたのが、映画を逃し、テレビドラマが始まり、DVDレンタルが始まってからもなかなか借りられず、今になってしまいました。

両目が見えなくなってしまう難病にかかった主人公大沢たかお。彼を強く優しく支える恋人役の石田ゆり子。2人とも良い感じでテレビドラマよりも安心して観られたような気がします。テレビドラマを観て大泣きしていたせいか、2人の演技でもっと泣けるのかと思っていましたが、泣かせる演出は少なく、泣かせるというよりは考えさせたり心にじ~んとくるような感じの映画でした。

長崎の景色もきれいでオススメの日本映画です。

オススメ度 ★★★★☆

→[Amazon] 解夏 DVD

Posted by shinya at 23:09 | TrackBack

2004年12月30日

正月飾り

あっという間に今年も終わりに近づきました。我が家もささやかながら新年を迎えるためにお正月の飾りと鏡餅を用意しました。

縁起物の飾りが付いたピックと小さな繭玉を購入し、部屋で育てているバンブーに飾り付けしてみました。こういう飾り1つで部屋がお正月ムードになるから不思議です。鏡餅の飾りも組み立てて用意し、ついこの間までクリスマスムードだった部屋の印象がガラッと変わりました。

他にも玄関の正月飾りや車の交通安全の飾りを次々と飾っていき、お正月を迎える準備が整いました。

Posted by kyoko at 14:21 | TrackBack

2004年12月31日

雪遊び?

大晦日の今日、今年2度目の雪が降りました。年越しそばを食べに行く予定だったのでみるみる積もっていく雪に外出しようかどうか迷いましたが、息子が雪遊びできるかなと意を決して準備。みんな完全防寒で出かけました。

外に出ると雪は雨に変わっていて、せっかくのフカフカの雪もどんどんビチョビチョになっていきます。最初は未踏の白いところを喜んで歩いていた息子も、段々と水浸しになって泥混じりになっていくのが嫌なのかダンナに抱っこをせがみます。

完全に雨模様になってしまったので道はもうグチャグチャ。妊婦の私は自分が転ばないように精一杯だったので、ダンナは傘をさしながら防寒着でモコモコの息子を抱っこし続ける羽目になってしまいました。

Posted by kyoko at 14:21 | TrackBack

年越しそば&そばビール

今年の年越しそばは近所の「あさのや」さんに行きました。雪が積もって冬らしくなったと思いきや、すぐに雨に変わって道がぐちゃぐちゃになってしまい、傘を差して息子を抱っこしながらになったので距離が異様に長く感じました。

そばをいただく前に軽く晩酌と思い、そばビールをいただきました。低アルコール度の発泡酒らしく、ほんのりとそばの香りを漂わせながら美味しい飲み物に仕上がってました。上手く表現できないのですが、無理矢理そばで作ったビール風飲み物と言うよりは、そばビールという飲み物って感じで独自の美味しさがありました。美味しかったので、軽くのつもりがおかわりをしてしまいました。

僕がビールのつまみにと思って注文した、板わさのかまぼことニシンの棒煮を息子がえらく気に入ってしまい、ほとんど食べられてしまいました。相変わらず渋い味を好みます。その後も息子はもりそばを軽くたいらげて、年越しのそば屋を満喫していました。もちろん、僕たちも美味しいそばをいただいて、いい年越しができました。

Posted by shinya at 14:25 | TrackBack