2005年02月01日

安産って…

無事に出産を終えてホッとしています。結局2週間近く前駆陣痛に苦しみましたが、本陣痛からは5時間での出産というスピード出産。いわゆる「安産」ということになるのでしょうか。

既に「5時間なんて超安産ね」「お産、楽で良かったわね」などと色んな人から言われましたが、どうも「安産」というのはイコール「楽」というイメージがあってあまり好きな表現ではありません。長男のときは陣痛から丸1日苦しんだので今回時間が短いのは助かりましたが、それで安産とくくられては苦しんで産んだ感がなくて微妙な気持ちです。

むしろ時間が短い分強烈な痛みをもろに味わったので今回の方が辛かったという実感もあるし、何より赤ちゃんが大きかったので産むの本当に大変だったのにー。「安産で良かったわね~」なんてとんでもない!ものすごい痛かったんだぞ。

「苦安産」での出産から数日経った今も産後の疲れが抜けなくて年齢的なものを感じていますが、取りあえず私の経過も順調だし、生まれてきた赤ちゃんも元気いっぱいなので一安心。これから2人分の育児が待っています。

Posted by kyoko at 12:45 | Comments (4) | TrackBack

2005年02月02日

つむじ

生まれてきた我が子を抱いて、まず目に付いたのが前髪の生え際にある「つむじ」でした。それはもう見事なまでに美しく渦を巻いています。いくら髪をとかしてもいつの間にかクルクルつむじに戻っています。私やダンナの家族・親戚の中でこんなところにつむじがある人はいないし、誰の遺伝なんでしょう?

小さいうちはお兄ちゃん同様に坊主頭だからいいとしても、大きくなったら髪形が決まらなくて「母ちゃんのせいだ」と責められそうだな。

Posted by kyoko at 23:38 | Comments (2) | TrackBack

2005年02月03日

退院祝い膳

出産日を含めて6日間の入院生活もあっという間、いよいよ明日退院です。夕食には退院祝いのステーキ膳が出ました。なんとワインまで付いています。妊娠中は控えていたので久々のアルコール。そのせいもあって小さなグラス1杯で真っ赤になってしまいました。

アルコールは母乳にも影響するので水分を沢山とって血中アルコールを薄めなければいけませんが、控えていたものを解禁される開放感はたまらない!1人きりのディナーでしたがワインとステーキを堪能させて頂きました。

Posted by kyoko at 21:40 | TrackBack

2005年02月04日

出生届

退院して直行したのが江東区の区役所です。次男の出生届を提出しにきました。

長男の時は、江戸川区の出張所で出生届を出してあっという間に終わった記憶がありましたが、今回の江東区の区役所での手続きはけっこう時間がかかりました。本籍地が江東区で無いのと、人が多い区役所だったので遅かったのかもしれません。

持っていった物のメモ
・出生届(病院で記入捺印をしてもらったもの)
・母子手帳
・印鑑

ちなみに、江東区のホームページより

<出生届>

◆届出期間
生まれた日から14日以内
◆届出地
父母の本籍地または届出人の所在地、あるいはお産をした場所の区市役所・町村役場
◆届出人
父または母、同居者、お産に立ち会った医師、助産婦の順序
◆添付書類および注意事項
・添付書類
出生証明書(届出についていますので医師に記入押印してもらってください)母子健康手帳(区市役所・町村役場から交付されます)
・印鑑
届出人の印

Posted by shinya at 13:36 | Comments (2) | TrackBack

弟が家にやって来た

無事に母子共に退院することができました。初めての外はお天気にも恵まれ、次男は日の光がまぶしそうでした。出生届を出したあと、車に乗って向かう先は長男が待っている三鷹の実家。長男とは5日ぶりの再会です。

実家に着くと「おかあちゃ~ん!とうちゃ~ん!」と元気に出迎えてくれた長男。でも私が抱いている小さな赤ちゃんにちょっと固まり気味です。きっと産院の新生児室でガラス越しに見たものがまさか家にやって来るとは思ってもみなかったのでしょう。布団に寝かされた弟を不思議そうにじっと見ていました。まだ自分の新しい家族と理解できないようでしたが、無理もありません。手に取るように長男の戸惑いぶりが分かったので、しばらくは次男そっちのけで長男の相手をしてあげました。

Posted by kyoko at 17:03 | TrackBack

2005年02月05日

乳幼児医療費助成

出生届に続いて行ったのが、乳幼児医療費助成の申請です。小学校に上がる前までの医療費がまるまる補助されますので、必須の手続きですね。

数年前までは江戸川区の小学校前までの乳幼児医療費助成が珍しかったのですが、最近は東京都内では珍しくなくなってきました。ここ江東区でもその恩恵にあずかれるそうです。

精神的にも金銭的にも安心ができる制度なので、全国的に広まっていくといいですね。

Posted by shinya at 13:36 | TrackBack

江東区からの出産プレゼント


出生届をした時に、江東区から出産プレゼントとして育児記録用のアルバムと色紙をいただきました。

Posted by shinya at 13:38 | TrackBack

江東区のハッピーセカンド事業

出生届を出した時にはじめて知ったのですが、江東区では第二子以降の出産の度に特別なお祝いをいただけるそうです。

ハッピーセカンド事業と言い、その額なんと2万円。江東区内の商店街などで利用できる商品券をいただきました。百貨店などの商品券と違い、商店街の商品券というのがいいですね。まだ利用していませんが、ありがたく使わせていただきます。

どうもありがとうございました。江東区へ来て2ヶ月ですが、こっちで産んでよかったです。

Posted by shinya at 13:42 | TrackBack

2005年02月06日

MAMMA MIA!

出産前にしばらく奥さんの実家でお世話になっていた長男。色々と教えてもらっているようで、お絵かきも上手になっていました。

「マンマミーア、マンマミーア」とつぶやきながら書いていたのが、この写真です。なんと

MAMMA
MIA!

って見えませんか?

長男が大好きな劇団四季のミュージカル、マンマミーアを書いているようなのです。それも英語です。

びっくりしました、すごく成長しています。

Posted by shinya at 17:41 | TrackBack

2005年02月07日

ムサカ

今日の夕飯は私の好きなムサカを母が作ってくれました。ムサカとはナスと挽肉を重ねてオーブンで焼いたギリシャ料理です。我が家のムサカは母流にアレンジされているのでギリシャ料理のムサカとはちょっと違うかもしれませんが、とても美味しいので紹介したいと思います。

■材料■
ナス・ホワイトソース・とろけるチーズ
〈ミートソース〉合挽肉・トマト(完熟のもの)・玉ねぎ・塩・コショウ・ナツメグ・ウスターソース・ローリエの葉

■作り方■
(1)トマトは皮を湯むきしておく
(2)フライパンにバターを溶かし、玉ねぎのみじん切を炒め、挽肉を入れて炒める
(3)火が通ったらトマトを手でグチャッと潰しながら投入
(4)調味料を入れて時々かき混ぜながら水分が殆どなくなるまで煮込む
(5)ナスは1cm幅くらいの斜め切りにしてオリーブ油で炒めておく
(6)ホワイトソースを作っておく(※ホワイトソース参照)
(7)深めの器にナスを並べ、(4)をかけ、またナスを並べ…と重ねていく(ミートソースのローリエを取るのを忘れずに)
(8)(7)の上にホワイトソースをかけ、最後にとろけるチーズをかける
(9)240℃のオーブンでチーズに少し焦げ目がつくまで(5分くらい)焼く

ミートソースは缶詰でも大丈夫ですが、手作りに勝るものはありません。大人用に作る場合はクレイジーソルトなどのスパイスを足してもいいかもしれません。子供用にはスパイスを入れないでケチャップなどを足して少し甘みのあるミートソースにしてあげると喜びます。ホワイトソースとチーズはたっぷりの方が美味しいです。

Posted by kyoko at 23:31 | TrackBack

2005年02月08日

早くも兄貴ぶり発揮?

弟と一緒の生活も数日が過ぎ、長男は少しずつ「弟」の存在を理解し始めてきました。次男の寝ている布団のそばに行って名前を呼んでみたり、次男が泣いていれば「ないてるねぇ~」と教えてくれたり、時には「いいこ、いいこ」と頭をなでてくれたりもします。こんな兄弟の光景を見ているとやっぱり兄弟がいるのっていいなーと思いますが、今日こんなことがありました。

遊んでいたお絵描きのペンがなくなったらしく「どこいった?」と言いながらウロウロする長男。バアバに「どこにやっちゃったの、自分で探してごらん」と言われて探したのですが、なかなか見つかりません。どうするかと見ていると、次男のもとへスタスタと近づいて行き「おえかき、どこいっちゃった?さがしてよぉ~」と長男。

早くも弟を使うことを覚えたのかと、これには一同大爆笑でした。これから先の兄弟のやり取りを見るのがますます楽しみになってきました。

Posted by kyoko at 20:35 | TrackBack

2005年02月09日

陣痛乗り切りグッズ

長男の出産は丸1日かかったのですが、陣痛対策に何も用意しなかったのでとても長く苦痛な時間を過ごしました。今回も特には用意しなかったのですが、陣痛のときにあって良かったものを書き留めておきたいと思います。

・飲み物
長男のときは食べることができなかったので、水分補給だけでも。長期戦に備えてお茶を多めに用意しました。どんな体制でも飲めるようにストローがあると便利。
・リップクリーム
陣痛中はどうしても息が荒くなるので唇が乾きます。長男のときは産後ガサガサ唇になってしまったので今回はしっかりと準備しました。
・目薬
陣痛と陣痛の合間にウトウトしてしまうことがあり、コンタクトなので目が乾いてしまうため準備しました。
・雑誌
陣痛中は細かい字なんて読んでられないので、写真が豊富な雑誌をダンナにたくさん買ってきてもらいました。
・音楽
私は特に用意しなかったのですが、助産師さんが陣痛中にヒーリングミュージックのCDをかけてくれて、これにはかなり助けられました。どんな音楽でもあるとないとでは全く違い、静寂の中で次の陣痛を待つより断然気分が和らぎます。自分の好きな音楽なったら尚良かったんだろうと思いました。

Posted by kyoko at 20:54 | TrackBack

2005年02月10日

生肉食うなら赤ちょうちん

「生肉が旨い」と会社の同僚に誘われて、新宿御苑前にある「赤ちょうちん」へ行きました。

なんだか意味はよくわからないのですが、出世料理 赤ちょうちん と書いてあります。それはさておき、肉の刺身がうまいことうまいこと。レバー刺しも食中毒の恐れがあるから気をつけてというニュースを見たばかりですが、体調万全だったのでバクバク食べてしまいました。

レバーはよくありますが、ホルモン、ハツ、ハラミなど、今までに生で食べたことのないものまで刺身でいただきました。臭みなんかも感じることなく、ただただ旨かったです。

生肉なので、毎週食べたくなるようなものではありませんが、生肉好きにはすごくお奨めできるお店です。

Posted by shinya at 21:18 | TrackBack

2005年02月11日

あいうえお かるた

親戚からプレゼントでいただいた「あいうえお かるた」が気に入ったようで、長男がずっと遊んでいます。

企業ロゴに使われがちなアルファベットやカタカナ、漢字はけっこうわかったりするのですが、ひらがなはほとんど触れる機会もなくて、音と書いてある絵で判別しているようです。一番先に覚えそうなひらがなが苦手というのも困ったもんなので、素敵なプレゼントでした。

「と、とうちゃんのと。か、かあちゃんのか。」など楽しそうにやってます。

→[楽天] どうぶつ あいうえお かるた
→[楽天] いろは かるた

Posted by shinya at 21:18 | TrackBack

2005年02月12日

0歳を抱っこする2歳

次男を代わる代わる抱っこする大人達を見て、長男が自分でも次男を抱っこしてみたくなったようです。

さすがに一人では支えきれないのでサポートはしているのですが、長男が「抱っこ、抱っこ」と言いながら両手を差し出してくるので、「そ~っとだよ」と言って抱っこをさせてみました。ちょっと満足げな様子ですが、照れくさいのかすぐに「もういい」とやめてしまい、また「抱っこ」と言って両手を差し出すという繰り返しです。

何度か抱っこをすると今度は自分も抱っこされたくなるらしく、次男は母ちゃんに抱っこさせてオレを抱っこしてくれとせがんできます。小さいながらも色々と葛藤があるらしく、表情とか仕草がすごく面白いです。

Posted by shinya at 21:18 | TrackBack

2005年02月13日

門前仲町が江戸時代の街並み復元

江東区:江戸時代の街並み復元へ、無電柱化モデル事業--来年度から /東京

江戸の風情を伝える深川。江東区は、神社や寺が多いこの地区の電柱をなくし、大木戸や築地塀(ついじべい)など江戸情緒のある街並み作りを進める「無電柱化モデル事業」を05年度から進める。電柱をなくす取り組みは通常は、防災や交通安全の観点から進められるが、同区は観光名所となる街作りにつなげようという考え。

門前仲町周辺の電柱が地下に埋められて、色々と街並みをアレンジしていくらしいのですが、どんな風になるのか今から楽しみです。

Posted by shinya at 23:16 | TrackBack

2005年02月14日

インフルエンザ

今朝長男を起こそうとしたら、身体がものすごく熱いことに気がつきました。熱を測ってみると39.5℃もあるので、慌てて小児科に連れて行きました。高熱で鼻水とせきが出ると告げると、「念のためインフルエンザの検査しましょうね」と先生。鼻に綿棒を突っ込んで粘膜を取って10分ほどで検査結果が出ますとのこと。

まさかインフルエンザじゃないよなぁ…と思っていたのですが、そのまさかでした。「インフルエンザのB型です」と言われてしまい、3日間は外出禁止、早急に薬を服用してできるだけ安静にという指示が出ました。

家には生後2週間の新生児がいるっていうのに、インフルエンザなんて。先生に子供2人一緒の部屋にいていいものか聞くと、できれば一緒にはいない方がいいけど、赤ちゃんに触らせない、せきやくしゃみを目の前でさせないくらいの注意をすればいいとのことでした。

「1日は熱で苦しいかもしれないよ」という先生の言葉通り、今日はずっとグッタリ。熱も41℃まで上がり、呼吸も荒くて苦しそうです。今晩は看病と次男の授乳で寝れそうにありませんが、早く良くなってもらいたいです。

Posted by kyoko at 23:25 | TrackBack

2005年02月15日

立会い出産ノススメ

長男の時も次男の時もダンナに立会いをしてもらいました。立会い出産については色々な考えがあると思いますが、私は立会ってもらって良かったと思っています。

とはいっても、もともとは私も立会い出産したくない派でした。だって出産って自分の中で一番醜い顔しそうだから見られたくないし…なんて思っていて、長男のときに「絶対イヤ」と拒み続けていました。するとダンナから「立会うと立会わないとでは育児の参加の仕方が全然違うんだって」等々、どこでそんなネタ仕入れたのと言いたくなるような説得が続き、結局「絶対立会うぞ」と押し切られてしまいました。旦那の鏡のようね、と思われがちですが、立会いたかった本当の理由は「見てみたかっただけ」という興味本位。

でも、いざ立会ってもらうと、陣痛時には泣き言を聞いてもらったり、暴言のはけ口になってもらったり、しがみつかせてもらったり、腰をさすってもらったり等々、「絶対イヤ」なんて言っていた自分はどこへやらという感じでした。立会いじゃない出産は私には無理だったと思うくらい頼らせてもらいました。何より我が子の誕生の喜びを2人で味わえたのが嬉しくて、もし2人目を授かることが出来たら絶対また立会い出産だと決めました。

今回も運良くダンナの仕事が重ならなかったので立会ってもらって産みましたが、2人目でも長男のとき同様に感動を夫婦で味わえたので嬉しかったです。旦那さんが多忙とか血を見るのがダメとかで立会いをしてもらいたくても出来ない人もいると思いますが、今は夫の立会い出産を奨励する産院も多いことですし、私はかなりオススメします。

Posted by kyoko at 21:48 | TrackBack

2005年02月16日

Sassy リンキングレターズ

Sassyのおもちゃはカラフルで可愛くて前から好きです。頂いたり買ってあげたりして色々持っているのですが、長男は最近このリンキングレターズというおもちゃがお気に入りです。

A~Zのカラフルなアルファベットで歯固めにしたり、つなげて遊んだり、ABCの勉強をしたりと低月齢から大きくなるまで長く遊べます。

私の入院中に実家で教えてもらったらしく、なんとアルファベットを全部覚えてしまった長男。AからZまで順番に並べられるようになっただけでなく、「SHARP」「SONY」など好きなロゴのアルファベットを自分で探して並べることも出来るようになっていました。最初に披露してくれたときはビックリしてただひたすら「すごいね~」と褒めちぎってしまいました。みんなが褒めてくれるので長男は得意気になって「しゃーぷの、えす」とか「ひたちの、えっち」とか言いながらアルファベットを一生懸命探しては並べる遊びを繰り返しています。

好きなことはものすごい集中力で遊ぶので、こういう「勉強」みたいなことも「遊び」としてどんどん吸収していくんでしょうね。かなり前に購入したおもちゃですが、今になって大活躍しています。

→[楽天] Sassy リンキング・レターズ

Posted by kyoko at 20:32 | TrackBack

2005年02月17日

ABC スキンシップ絵本

4893250779.09.MZZZZZZZ.jpgアルファベットがマイブームの長男。毎日のようにABCの歌を口ずさみ、企業ロゴや家族の名前をアルファベットで覚えたりしています。そんな長男を見て、私の姉がこの「ABC スキンシップ絵本」を買ってくれました。

appleのA、busのB、catのC…など、AからZまで分かりやすいイラストと共に単語が書かれています。他にも英語の挨拶や動物の鳴き声、身の回りのものの名前や色や数字など、イラストと英語が盛り沢山の絵本です。

長男はすっかりこの本が気に入り、毎日のように開いて見ています。でも、Aのページを開いても「appleのA」とはいかず、長男が言うのは「あさひのえー」。Bも「びーえむだぶるーのびぃー」。AからZまで企業ロゴの頭文字を言っては覚えています。長男なりのこの本の見方ではありますが、とにかくABCを覚えるのが楽しくて仕方のない様子。しばらくはこの本のお世話になりそうです。

→[Amazon] ABC スキンシップ絵本

Posted by kyoko at 17:49 | TrackBack

2005年02月18日

ファンダフルディズニー

東京ディズニーリゾートのパークファンクラブ「ファンダフルディズニー」に入会しました。入会すると会員報が届いたり、記念品がもらえたりと得点が色々あります。ちなみに入会費は無料で、年会費は3150円也。

ネットから入会してしばらくすると、会員報「ファンダフル・ディズニー」の創刊号が届きました。付録にパーク内で走っている電車の模型(紙製)も付いていたので、さっそくダンナが組み立ててくれました。

案の定、模型はすぐ長男の手によってボロボロになりましたが、「みっきー、みにー」と言いながら嬉しそうに会員報をめくっている長男を見ると、すぐにでもディズニーリゾートに連れて行きたくなります。次男が大きくなるまではこの会員報で我慢してもらうことにし、家族4人でディズニーリゾートで遊べる日を楽しみにしたいと思います。

ファンダフル・ディズニー

Posted by kyoko at 12:18 | TrackBack

2005年02月19日

お化粧の真似

久しぶりにメイクをしていたら、使っていた鏡をよこせと長男。何をするのかと思って渡してあげると、鏡をテーブルに置き、「あっ」とひらめいたようにお絵描きのペンを持って来て、鏡を覗き込みながら顔にペンをやって私の真似をするではありませんか。

とにかく何でも真似をして遊ぶのが好きな長男ですが、まさかお化粧の真似とは参りました。ちょうどアイライナーを入れていたので、代わりの物(お絵描きのペン)を探して見つけるなんて素晴らしい発想の転換。我が子ながら褒めてあげたくなりました。でもペンが目に刺さると危ないので、使っていないチークブラシを代わりに与えてしばらく息子のお化粧ごっこに付き合ってあげました。

嬉々とした顔で鏡を覗き込みながらお化粧の真似をする長男を見ていると、また変な物に興味を持ってしまったなぁと困惑気味。そのうち本物をよこせなんて言われそうで怖いです。

Posted by kyoko at 11:18 | TrackBack

2005年02月20日

ベビービョルン ベビーシッター

次男も生後3週間になったので、長男のときに愛用していたベビービョルンのベビーシッターを出してきて使い始めました。

このベビーシッターは、赤ちゃんの動きに合わせてゆりかごのように揺れるベビーチェアです。背もたれが3段階のリクライニングで、お昼寝の角度からお座りの角度まで調整が可能。使わないときはコンパクトに折りたたむことができるので収納にも便利だし持ち運びもラクラクです。

生後3週間の首がすわる前から幼児期(体重13kg)まで長期間使えますが、長男は低月齢のときしか使わなかったです。なぜならバウンサー止めがないので、赤ちゃんが動いていると常に揺れていて幼児期に椅子としては使うのには不便だったからです。それでも、ただ寝ているだけの月齢の時には、ベビーシッターに乗せて自分のそばに置いて家事ができたので便利でした。

次男をベビーシッターに乗せると、長男が激しく揺らそうとして(もちろん長男なりの過激な愛情表現です)しばらくは目が離せないことが判明しました。でも、親1人子2人の日中では手放せなくなりそうな育児アイテムだと思うので、長男のとき以上にお世話になると思います。

→[楽天] ベビービョルン ニューベビーシッター1・2・3&トーイ ブラックギンガム

Posted by kyoko at 16:38 | TrackBack

2005年02月21日

後陣痛

出産から3週間経った今も時々悩まされているのが後陣痛(こうじんつう)です。「あとばら」とも言うそうですが、子宮が収縮するために起こる陣痛に似た痛みで、産後の入院中はベッドから起き上がれないほどでした。

長男の時には殆ど感じなかった後陣痛。助産士さんによると、初産婦より経産婦の方が痛みを強く感じるので仕方ないとのこと。「痛いのは子宮が回復してる証拠だから良いことなのよ」と言われました。良いこととはいえ産後もこんなに苦しむとは。また、授乳の刺激で子宮を収縮させるホルモンが分泌されるので授乳時には痛みが起こりやすいらしく、その通り、入院中はお腹をさすりながら授乳をしていました。

今はそんな頻繁には痛まないのですが、時々キューッと来る腹痛。この後陣痛が終わったらやっと出産終了という実感がわくのでしょうか。

Posted by kyoko at 18:34 | TrackBack

2005年02月22日

ゲンコツしゃぶり

次男が起きているときの遊び相手はもっぱら自分のゲンコツです。まだ目がはっきり見えないので意識しておしゃぶりをするわけではありませんが、上手い具合に口元に手がいくと握りこぶしをピチャピチャと音を立てながら舐め、手が外れてしまうとまた口元に手が行くのを待つといった感じを延々と繰り返します。

なかなか上手く出来ないと最終的には「ひぇ~ん(泣)」となるわけですが、一生懸命口をあけておしゃぶりしようとしている姿は見ていてとても微笑ましいです。

Posted by kyoko at 22:47 | TrackBack

2005年02月23日

illy(イリー)のエスプレッソ

私は昔からコーヒーが苦手で、今まではミルクと砂糖を死ぬほど入れないと飲めなかったのですが、ここ数年でなぜか砂糖抜きでも飲めるようになりました。相変わらずストレートでは飲めないので、もっぱら牛乳で割ったカフェオレやカフェラテなどを好んでいます。(ちなみにカフェオレとカフェラテの違いは、どちらも牛乳で割るのですが、コーヒーがカフェオレは普通のドリップコーヒーで、カフェラテはエスプレッソコーヒーなんだそうです。)

以前、実家で「これ美味しいよ」と淹れてくれたilly(イリー)というイタリアのメーカーのエスプレッソ。もちろん私はストレートで飲めないので、たっぷりの牛乳でカフェラテにしてもらって飲んだのですが、これの美味しいこと美味しいこと。すっかり病みつきになってしまいました。

母乳育児なので沢山は飲めませんが、美味しいエスプレッソで作るカフェラテを飲むのが毎朝の楽しみになっています。

illy
→[楽天] イリー エスプレッソ コーヒーパウダー ノーマルロースト 250g
→[楽天] イリー エスプレッソ コーヒーパウダー ダークロースト 250g

Posted by kyoko at 12:48 | TrackBack

2005年02月24日

指しゃぶり

次男のおしゃぶりとは違い、こちらはちょっと困ったおしゃぶりです。先日から長男が指しゃぶりをしているところをよく見るようになりました。今まで殆ど指しゃぶりなんてしなかったのに…と戸惑っていると、母に「赤ちゃんがえりだよ」と指摘されました。

最近の長男はというと、次男と一緒の生活も慣れて弟をかまおうとしたりする姿も見られる反面、自分をアピールするためなのかいたずらも増えていて、長男なりに葛藤があるようです。今まで主役独り占めだったのに、強力なライバル出現といったところなのでしょうか。自分の好きなときに親に甘えられたのに今はライバルのせいで思うようにできない、その気持ちも分からないではないですね。

これからはどうしても1人だけというわけにいかないので長男には徐々に順応してもらうしかないのですが、そんなの本人には分かるわけもなく、改めて難しいなーと感じています。今は長男とのスキンシップを多めにするとか、たくさん話しかけるとか、当たり前のことしか思いつきませんが、少しでも「かまって病」を解消してあげようと思います。そうしたら指しゃぶりもそのうちなくなるかな。

Posted by kyoko at 15:07 | TrackBack

2005年02月25日

ブラザーベア

B0001M0A8Y.09.MZZZZZZZ.jpgディズニー映画「ブラザーベア」のDVDを観ました。

クマに変身させられた青年と、母熊とはぐれた子グマが繰り広げる物語で、ディズニーが得意とする「動物」「家族」「愛」といったものが凝縮されたアニメでした。今回は家族愛の中でも「兄弟愛」がテーマです。ラストはなかなか衝撃的で「そんなのアリ?」と思ってしまいましたが、終わったあとホッと癒される感じが残るのはやはりディズニーマジックなのでしょうか。

今回も「ライオンキング」のように自然の風景や動物描写が素晴らしく、また、フィル・コリンズの音楽もいい味でした。

→[Amazon] ブラザーベア DVD

Posted by kyoko at 18:26 | Comments (1) | TrackBack

2005年02月26日

童謡唱歌大全集

歌が大好きな長男のために色々な童謡を歌ってあげていますが、時々歌詞をど忘れしていることがあります。そんな時に活躍するのがこの「童謡唱歌大全集」です。もともと私が持っていて実家に置いてあるこの本、童謡や唱歌の歌詞がぎっしりと詰まっています。

大抵の童謡ならこの本に載っているので、歌詞を忘れた時にとても便利です。唱歌の歌詞も満載なので、ジイジやバアバも「懐かしい」と言っては歌っていました。

→[Amazon] 童謡唱歌大全集〈63年版〉

Posted by kyoko at 19:43 | TrackBack

2005年02月27日

でこぼこフレンズのガチャガチャ

父ちゃんがガチャガチャで「でこぼこフレンズ」のキャラクターを集めてくれました。何個か重複してしまいましたが、全12種類全て集めることに成功。(と言ってもお金をかけただけですが…)

長男は大喜びで1つずつ並べて遊んでいます。最初は「ケンバーン」しか知らなかったのに今では全種類覚えてしまったようで、得意気になって「これは?」「はなはなマロン!」などと教えてくれます。「おかあさんといっしょ」でもお気に入りのコーナーになったようで、「だれかな~」と言いながら楽しみに見るようになりました。

ジッパーチャームなので私のストラップに付けようかなと思っていたのに、かなりの気に入りようなのでしばらくは譲ってくれないだろうな。

Posted by kyoko at 20:29 | TrackBack

2005年02月28日

おしゃぶり1歳過ぎたら注意

おしゃぶり1歳過ぎたら注意…歯並び、発語に影響

赤ちゃんを泣きやませるためにおしゃぶりを使うお母さんが増えているが、小児歯科医などで作る委員会が、歯並びなどに影響を与える恐れがあるとして、常用しない方がいいとする見解を公表した。

ウチの息子たちはおしゃぶりをしゃぶるのが下手で、くわえさせてもすぐに「ぺっ」と出してしまうので、持ってはいても出番が殆どないアイテムになっています。でもお友達や周りの子を見るとおしゃぶり率ってけっこう高いので、このニュースはかなり気になります。おしゃぶりなしではいられない子も沢山いると思うし、お母さんにとっても静かにさせるのにいいアイテムが使えないとなると、おしゃぶりユーザーにとっては深刻かもしれませんね。

Posted by kyoko at 20:22 | TrackBack