2005年05月01日

おもちゃのキーボード

函館の実家には長男の好きなおもちゃ1つと絵本を何冊かしか持って来なかったので、こちらに来た日にダンナが長男のためにおもちゃを買ってくれました。それが、おもちゃのキーボード「キッズグランドピアノ」です。

実際は、おじいちゃんやおばあちゃんが長男のために色々な遊べるものを用意してくれていたので、買うまでもなかったのですが、長男が飽きてしまっていよいよダメだという時に出してあげようとしまっておきました。でも、こちらに来てから長男に「飽きる」という言動は全くといっていいほど見られず、実家での遊びをすっかり満喫しています。親の私の方が触ってみたいと密かに思っていたので、先日出してあげました。

長男の大好きな音楽のおもちゃなので気に入ることは目に見えていたのですが、渡してあげると予想通り「おぉ~!」と喜びの声をあげていました。ボタンが沢山付いていて音色やリズムなど変えることが出来ます。「きらきら星」などのメロディーも内蔵されているし、録音ボタンなんかもあったりして、色んな機能が付いているようです。私は弾いて楽しめればいいなと思っていたので興味なかったのですが、長男は早々と「このボタンを押すとメロディーが流れる」など機能をどんどん覚えていきました。

長男から好きな童謡や劇団四季のミュージカルソングをリクエストされ、弾いてあげると大喜びするので、昔取った杵柄も役に立ったなぁと思いました。

→[楽天] (最新版)ローヤル Fun Fun キーボード

Posted by kyoko at 23:25 | TrackBack

2005年05月02日

はこだてわいん

実家の近くに「はこだてわいん」の本社があってワイン販売もしているということなので、ちょっと覗きに行ってきました。店内では店員さんが詳しく説明してくれながら、赤白色々なワインの試飲も出来ます。

ずらっと並ぶワインの中で「しばれづくり」というラベルが目に入りました。「しばれ」とは方言で「凍る」という意味に近いでしょうか。ブドウを冷凍し、果汁が濃縮された部分のみを搾り出して作るそうで、この製法ははこだてわいん独自だそうです。色々な品種のしばれづくりを試飲させてもらいましたが、どれも甘口でフルーティー。デザートワインのようです。

珍しいので試飲した中の1本をお土産に買って帰りました。運転手のダンナの代わりに頑張って試飲したので、店を出るときには真っ赤になってしまいました。

はこだてわいん

Posted by kyoko at 11:05 | TrackBack

ゆうひの館

温泉好き夫婦の私たち、せっかく函館に帰省しているので温泉三昧を楽しんでいます。今日は七飯温泉の「ゆうひの館」にやって来ました。

照明があまり多くないせいか薄暗い感じがするものの、とてもいいお湯で気持ち良く入ることが出来ました。

■子連れ入浴情報■
?男湯脱衣所ベビーベッド
○女湯脱衣所ベビーベッド
×家族風呂
風呂上がり牛乳…山川牛乳

Posted by kyoko at 11:11 | TrackBack

自家栽培?ふきとミツバ

ふき ミツバ
今日は親戚の家にお呼ばれをしています。こちらの家では、庭にミツバがどさっと生い茂り、歩いて数十秒でふきやふきのとうなどが生えています。季節になったらそれこそ採り放題でしょうね。ふきのとうは遅すぎ、ふきは早すぎで食べることはできませんでしたが、羨ましい限りです。

足下の悪いところは苦手だった長男も、こちらへ来てからどこへ行くのもへっちゃらになったようで、満面の笑顔で歩き回ってました。

Posted by shinya at 17:42 | TrackBack

親戚宅の囲炉裏

昔懐かしのグッズ収集が趣味というおじさんのとっておきの部屋で、夕食会をしてもらいました。そこに入ると昭和ワールドです。以前にお台場で昭和の街並みを再現したところに行きましたが、それの部屋バージョンです。

僕らはもちろん、おじさんが子供の頃やそれ以上前の懐かしグッズが所狭しとおいてありました。中でも一番のお気に入りがこの囲炉裏です。囲炉裏でご飯が食べたくて囲炉裏のある旅館を選んで泊まったことがありますが、実家近くの親戚宅にあるとは意外でした。素敵な囲炉裏が自宅にあるなんて、なんと羨ましいことでしょう。

この囲炉裏を囲んで、湯豆腐や熱燗、お刺身、おばさん特製の料理の数々をいただきました。囲炉裏でいただく食事や酒はまた格別です。ものすごい贅沢な時間を過ごさせてもらいました。

今の家では無理だけど、いつか自分の家にも囲炉裏が欲しいなあ。

Posted by shinya at 18:13 | TrackBack

2005年05月03日

SL函館大沼号

SL函館大沼号数日前にJRみどりの窓口でチケットを押さえ、期間限定で走っている汽車「SL函館大沼号」に乗車することになりました。次男はおじいちゃんとおばあちゃんが車で下車する森駅まで連れて来てくれるので、ダンナと長男と3人で汽車の旅を楽しみます。

始発の函館駅では、発車の30分前くらいに機関車と客車の連結を見ることが出来るそうなので、それに合わせて早めに駅に到着。ホームに着くと丁度機関車が白い煙を吐きながらホームに入ってきているところでした。

運転席連結の様子を長男と見てから汽車をバックに記念撮影。黒くてどっしりしていて、蒸気の音と汽笛の音も迫力満点。あまりのSLの格好良さに長男よりもダンナと私の方が興奮していたかもしれません。長男も迫力ある汽車に圧倒されたようで最初ポカンとしていました。

汽車とはもちろん、運転席でも記念写真を撮らせてくれるサービスぶり。長男もさっそく運転席で運転士さんの帽子をかぶらせてもらって記念撮影をしました。

駒ヶ岳いよいよ出発進行。煙を吐きながら大沼方面へ汽車が走ります。車内では車掌さんの制服を着て記念撮影することが出来たり、クイズ大会などのイベントもあったり、カフェカーで飲み物やお土産を買うことが出来たりと、飽きることがありません。車窓も段々と自然の風景になっていき、汽車が一回りする駒ヶ岳も雄大な姿を現します。今日は見事なまでの晴天だったので、美しい駒ヶ岳の姿を見ることが出来ました。

1時間半くらいの乗車時間でしたが、あっという間に下車する森駅に着いてしまいました。長男も「きしゃぽっぽ、のったね、もくもく~って、けむり」など興奮して話していたので、良い思い出になったのではないでしょうか。次男が分かるようになった頃にまた家族で乗ってみたいです。

SL函館大沼号

Posted by kyoko at 10:05 | TrackBack

森名物いかめし

SLに乗って色々な向きから駒ヶ岳を見終わった後、目の前に見えた景色は青い海(噴火湾)でした。そうこうしているとすぐに森駅に到着です。SLは機関車の方向転換を終えた後に、駒ヶ岳を逆回りに函館へ向かっていくようです。

駅を降りてから、待ち合わせをしていた次男と両親が乗った車を探したのですが、全然見当たりませんでした。ゴールデンウィークで国道5号線が混み合っているようで、遅れそうとのことでしたので、森名物のいかめしを買うことにしました。駅前のロータリーの一角にある商店へ立ち寄って、いかめしを購入。阿部商店のいかめしは有名な駅弁です。

この後、まだ桜がつぼみの状態ですが、公園に行って花見気分で食べてみようと思います。

いかめし阿部商店

Posted by shinya at 11:36 | TrackBack

キタキツネに遭遇

大沼湖畔を車で走っていたら、野生のキタキツネを発見。チャイルドシートからは車の下側が見えにくいので、長男に見せるために道路脇に車を寄せました。そうすると、車からエサをあげる人が多いのか、多少は心配したそぶりを見せながらも近くに寄ってきます。人間からもらうエサを食べ慣れてしまったのでしょうか・・・

あまり野生らしくないキタキツネでしたが(というか人が多いところのキタキツネはけっこうこんな感じかな)、長男にも野生動物を見てもらうことができました。

Posted by shinya at 14:18 | TrackBack

流山温泉

JR北海道が運営している流山温泉にやってきました。実家から車で30分くらいですし、大沼公園、黒べこ山川牛乳といったところからも近いので行くチャンスはいくらでもあったのですが、

・高い(入館料800円。函館周辺の温泉施設は370~400円くらいのため)
・なんだかデザインばかり凝っていてイマイチだ

なんていう噂を聞いていたため、行く機会がありませんでした。今回初チャレンジです。

有名な彫刻家さんのデザインらしく、その方の意向が反映されていて、たしかに噂にも納得。なんですが、露天風呂には感激です。なんと青空に映える駒ヶ岳を一望できます。天気が良かったので、澄んだ空気にくっきりと駒ヶ岳が見えました。

■子連れ入浴情報■
?男湯脱衣所ベビーベッド
○女湯脱衣所ベビーベッド
×家族風呂

流山温泉

Posted by shinya at 16:48 | TrackBack

ケルン

チーズハンバーグ ステーキ
帰省するとよく行くステーキ&焼き肉レストラン黒べこの姉妹店ケルンへやって来ました。国道5号線沿いにあって黒べこよりもアクセスしやすいためか、相当な混雑ぶりです。北海道に来てまで行列して食べるというのは滅多にしないのですが、結局1時間も待ちました。5時にはお店に着いたのですが、もっと早くに来ないとダメということですね。

ここは黒べこと同様に大沼牛が食べられるお店で、こちらはハンバーグがメインです。ちなみに、この2店舗でしか大沼牛は食べられないようで、市販はしていないとのこと。

それぞれハンバーグやビーフシチュー、ステーキなどを頼みましたが、どれも旨いです。待った甲斐があるってものです。奥さんはハンバーグがお好みで、僕はビーフシチューとステーキがお気に入りでした。

ケルン
茅部郡森町字赤井川106-5
01374-5-2837

■子連れ情報■
○子供入店しやすさ
?子供メニュー
○子供用椅子
○ベビーカー入店

Posted by shinya at 17:58 | TrackBack

2005年05月04日

昭和温泉

こちらへ来てからというものすっかり朝方の生活になり、毎朝遅くても7時には起きていたのですが、今日はいつにも増して早起き(5時)をしてしまいました。早朝からやっている温泉を探し、初めて訪れる昭和温泉です。

茶褐色の温泉で、すごく鉄分が入ったような臭いがします。手ぬぐいなんか入れてしまったら茶色に染まってしまいそうな感じです。建物も新しいので、気持ち良く入ることができました。

それにしても、函館とその周辺は温泉が多いです。それぞれ泉質違うので、色々と楽しめます。そして値段もほとんどのところは370円。温泉好きにはたまらないところです。

■子連れ入浴情報■
×男湯脱衣所ベビーベッド
○女湯脱衣所ベビーベッド
○家族風呂(1.5時間2000円)
風呂上がり牛乳…山川牛乳

Posted by shinya at 22:48 | TrackBack

自家栽培アスパラ

実家の庭にアスパラが生えていました。どうやって生えたのかは聞くのを忘れてしまいましたが、とにかく細くてピンと立ったアスパラが2本も生えています。

今晩、近くの親戚宅へ帰省中のいとこ家族と一緒にジンギスカンをしました。その中の貴重な食材としてこの採りたての自家栽培アスパラが活躍したわけです。活躍といってもたった2本しか生えていないので、ほんの一口ずつしか食べることはできませんが、採りたてのアスパラっておいしいですね。

来年は何本生えるのでしょうか。去年は父に雑草と一緒にむしり取られてしまったようなので、来年の成果が楽しみです。

Posted by shinya at 23:12 | TrackBack

2005年05月05日

六花(りか)

僕が子供の時からあったラーメン屋さんというか中華料理屋さんの六花(りか)へ、買い物ついでに奥さんと2人で行きました。函館といえば塩ラーメン、僕が好きな塩ラーメンといえばあじさいとなってしまい、なかなか他の函館ラーメンを味わってもらうことがなかったのですが、長期滞在の今回がチャンスとばかりにまずは昔懐かしい六花(りか)へやってきたとうわけです。ここの塩ラーメンもあっさりシンプルそのもの。奥さんにも気に入ってもらえたようです。

最近のラーメンは値段もけっこうしますが、ここの塩ラーメンは400円台です。昔食べてたラーメンも、塩は400円、味噌は500円とかっていう値段だったような気がします。

そういえば、ここで食べた自家製キムチがすごくおいしくて、実家へのお土産用にも買ってきました。昆布とかニンニクの芽など具がたくさん入っていて、通常の白菜キムチとはひと味違ったおいしさでした。

六花
函館市田家町13-11
0138-43-5718

■子連れ情報■
○子供入店しやすさ
×子供メニュー
?子供用椅子
○ベビーカー入店

Posted by shinya at 12:49 | TrackBack

こどもの日に「べこもち」

今日はこどもの日。次男は初節句です。実家ではダンナの鯉のぼりだけでなく、ダンナの兜も飾ってくれました。

ところで、こどもの日といえば東京では柏餅が定番ですが、ここ函館では「べこもち」が定番。こどもの日以外にも当たり前のようにあった「べこもち」ですが、東京で見たことはありません。どこからどこまでが「べこもち」エリアか分かりませんが、地元のお菓子だったのですね。

木の葉っぱの形をした餅で、白と黒砂糖のツートンカラーの甘いお餅です。他にも白と緑(よもぎ味)もあります。あまり甘いものをあげていない長男にもあげてみたら、ペロっと2つも食べてしまいました。

Posted by shinya at 15:50 | TrackBack

2005年05月06日

しんわの湯

函館近郊の温泉施設で一番のお気に入りなのがここ「しんわの湯」です。値段は大人370円、温泉もアルカリとナトリウムの2種類が楽しめます。

内風呂には3種類の温度のお風呂、水風呂、打たせ湯、ジャグジーなど。外には寝湯、檜湯、足の裏が気持ちいい歩行風呂など。それにサウナもあって大充実。朝も5時からやっているし、牛乳もソフトクリームも山川牛乳のものです。男女それぞれの脱衣所にベビーベットが置いてあり、女湯の方には更におむつ交換台もあるようです。しかもオムツのバラ売りまでしている徹底ぶり。子連れには嬉しい施設ですね。

お酒を飲みたくなったら、こういう施設にしては意外においしい居酒屋もあるし、運転代行も頼めます。それに、宿泊施設まで併設しています。温泉入って、マッサージしてもらって、ビール飲んで、旨い飯食って、寝てしまう、なんてことまでできてしまうので、いつかやってみたいです。

■子連れ入浴情報■
○男湯脱衣所ベビーベッド
○女湯脱衣所ベビーベッド(他におむつ交換台2つ有)
×家族風呂
風呂上がり牛乳…山川牛乳

東前温泉「しんわの湯」

Posted by shinya at 07:51 | TrackBack

五稜郭の桜

函館も桜が満開。早く見せたかった五稜郭公園の桜を、ようやく見せることができました。

函館では五稜郭公園内でジンギスカンをやりながらビールを飲む花見が定番ですが、僕のオススメは五稜郭タワーの上から眺める桜です。五稜郭の堀沿いに桜が並んでいますので、上から見るときれいなピンクの星形になるのです。

今よりさらに高い位置から見ることができるという、新五稜郭タワーの建設現場も見ることができました。この五稜郭タワーからの桜は見納めになるんでしょうね。

Posted by shinya at 10:50 | TrackBack

函館公園

ドライブをしながら函館の市街地へやってきて、桜のきれいな函館公園へ立ち寄りました。

公園の一角に、ゾウやライオンなどはいませんが、シカや鳥など2才の長男が楽しむには十分の動物園があります。大した動物もいなくてどうするんだろうと将来を勝手に危惧したりしていたのですが、ウチのように小さな子供と一緒に来るには、変に混雑していなくて意外に快適だったりします。

そして、動物園のすぐそばに、むか~し昔からある小さな子供向けの遊園地「こどもの国」があります。僕も子供の頃お世話になったこの遊園地。なんと数十年前からほとんど変わらぬ機材を今も使っているようで「今年もギリギリ整備が整ったのでなんとか開催できそうです」というようなギリギリの財政状態だそうです。ですが、動物園と同様に、小さな子供達が楽しむには充分な施設ですし、スタッフの方々も親切だったのが印象的でした。

ウチと同様に2、3才くらいの子供を連れた家族連れが目立っていましたね。でも、圧倒的に人が少ないので、新幹線の先頭にも余裕で乗れました。この新幹線、なんと止まるときはスタッフが手で止めるんです。両手で新幹線の車体をつかんで、腰を落としてこらえるんです。なんだかほのぼのして良い感じでした。

2世代に渡って楽しませてくれたこの遊園地、3世代目の息子の子供が遊ぶことは…無理だろうな。

函館公園

Posted by shinya at 11:51 | TrackBack

鳳蘭

ランチはまたまたラーメン。今日はお義父さんが「これこそが函館塩ラーメンだ」とオススメの、函館市内にある鳳蘭というお店に行きました。

函館公園で遊び疲れたのか、移動の車内で眠ってしまった長男は結局そのまま熟睡。仕方なく大人だけで頂きました。函館に来て塩ラーメンといえばあじさいだった私は、先日の六花に続きまた美味しい塩ラーメンに出会うことが出来ました。ラーメンも美味しかったけど、ここのチャーハンは絶品。しょうゆ味がまさに私の好みだったので、頼んだ1つのチャーハンをダンナと競い合うように食べてしまいました。

鳳蘭
函館市松風町5-13
0138-22-8086

■子連れ情報■
○子供入店しやすさ
×子供メニュー
○子供用椅子
○ベビーカー入店

Posted by kyoko at 13:11 | TrackBack

2005年05月07日

味噌汁レパートリー

ホタテチガイの味噌汁 どんこ汁
実家での朝食はご飯とお味噌汁が定番ですが、私が作ったことのない味噌汁の具や、こちらならではという具ばかりで、毎朝のお味噌汁が楽しみです。

特に「どんこ」というこちら特産の魚の味噌汁は絶品。どんこは見た目かなりグロテスクな魚ですが、白身でとても柔らかい身が最高に美味しかったです。ちなみに、どんこは「お産人(さんと)さん」(まだ床上げしてない出産した女の人のこと)が食べると母乳が良く出ると言われた魚だそうです。もう床上げしてしまったけど私にもいいのかな、と思って沢山食べてしまいました。

行者にんにくの卵とじ味噌汁 おからと油揚の味噌汁
そして、ちょうど季節の行者にんにくもお味噌汁にするそうです。行者にんにくはクセがあるので卵とじにして食べやすくするのがポイント。また、おからもお味噌汁の具になるんですね。実家ではお義父さんが作る自家製豆乳で出来たおからで頻繁におからの味噌汁をするそうです。私も滞在中何回か頂きましたが病みつきになりそうな美味しさでした。

Posted by kyoko at 10:41 | TrackBack

プラレール

僕が使っていた30年近く前のプラレールを引っ張り出してきてもらって遊びました。小さな頃から小学生の頃までよく遊んでいたのを覚えています。

レールとレールの継ぎ目がだいぶ壊れてきていましたが、まだまだ現役で使えるのものばかりでした。さすがに列車の方は、一番前で引っ張る電車のモーターが錆び付いていて利用できませんでしたが、客車はまだまだ使えそうです。

長男も楽しそうにしてくれていましたが、実は本当に楽しんでいたのは僕と僕の父でした。怪獣の長男に壊されながらも、コツコツとレールを敷いていって、なんとか縦横無尽に周回できるコースができあがりました。先頭を引っ張る電車を買いに、近くのトイザらスまでおじいちゃんおばあちゃんと長男とで買い物にでかけてもらい、できあがったレールの上で電車を走らせてみました。

切り替えや踏切、鉄橋などもあって、長男はもちろん、僕と父も大満足。コースを切り替えながら2台の電車をぐるぐると走らせて楽しみました。

プラレールって規格が以前からずっと一緒なんですね。鯉のぼりといい、積み木といい、プラレールといい、僕が使っていたもので長男が遊べるなんて、なんだかとっても嬉しいことです。

→[楽天] プラレール いろんなレイアウトができちゃうセット

Posted by shinya at 20:49 | TrackBack

2005年05月08日

桜並木

長かった函館での生活も今日で終わりです。昼過ぎのフライトで東京に戻るので、早めに家を出発。

空港に向かう途中で昼食をどこかでとろうかと車を走らせていると、桜並木が目に入りました。満開の桜は見事にピンクのトンネルを作っています。この時任町の桜並木の他にも、色々なところで満開の桜並木を目にすることが出来ました。

今年はラッキーなことに東京に続き函館と、1年に2回も花見が出来たのでとても幸せな気分でした。

Posted by kyoko at 11:23 | TrackBack

帰省終了

ゴールデンウィーク最終日の日曜日、お昼の飛行機で長らくお世話になった函館から戻ってきます。

東京の家よりも刺激的な出来事や遊びを経験し、緑が広がるどでかい公園、青い空や海を見せたり、思いっきり走り回らせることができました。おかげで長男も一回り成長してくれたように思います。そして、育ち盛りの次男も二回りくらい大きくなって帰ってきました。

また機会をみつけて長期に北海道滞在をしてみたいと思います。

Posted by shinya at 16:25 | TrackBack

2005年05月09日

お兄ちゃんパンツ

東京に戻ったらいよいよトイレトレーニングを再開しようと思っていたので、さっそく試しに布パンツをはかせてみました。長男と私のストレスを溜めないために最初は1日1回のチャレンジです。

「お兄ちゃんパンツはおしっこしたらビショビショになっちゃうからね、おしっこしたくなったら教えてね」と長男に言うと元気良く「は~い」と返事。本当に分かってるのか?という感じでしたが、嬉しそうに「おにいちゃん ぱんつ はくの」と言っていたので、失敗してもまぁ仕方ないかと楽観的でした。

いつもと違うパンツが気になるのか、なんだかソワソワしている長男。しばらくすると、なんと「おしっこ」と教えてくれました。喜んでトイレに連れて行くと「…でない」。じゃあまた出たくなったら教えてね、とパンツをはかせます。またすぐに「おしっこ」と長男。でも、トイレに行って粘ってもなかなか出ないようです。これを何十回か繰り返して私もほどほど疲れ始めたころ、また「おしっこ」と言われました。「どうせ出ないんでしょ」と言ってしまうところでしたが、そこは我慢。長男に付き合ってあげなければ。

トイレに連れて行って、また出ないのかと思いきや、今度は成功。「やったー!」と長男と抱き合って喜びました。たくさん褒めてあげたので気を良くしてしまったのと、出来た安心感で2回目は床にたれ流してしまいましたが、初めてにしては上出来。長男も「また あした おにいちゃんぱんつ!」と意気込んでいるので、また頑張って欲しいなと思いました。

Posted by kyoko at 12:23 | TrackBack

2005年05月10日

ブラザーフッド

ブラザーフッド プレミアム・エディションオンラインDVDレンタルで借りた「ブラザーフッド」。戦争ものに興味の無い奥さんは観ず、僕1人だけで観ました。

韓国映画で戦争ものということしかわからずに借りてみたのですが、けっこうというか、かなり泣けました。他のことをしていた奥さんは号泣する僕を観て、戸惑ってしまうほど・・・恥ずかしかったです。

朝鮮戦争の物語で、チャンドンゴンとウォンビン演じる兄弟が戦争によって色々な状況に陥って・・・、でも兄弟や家族との愛情を感じさせる映画です。戦争ものなので残酷なシーンもありますが、兄弟愛家族愛を感じずにはいられない映画で、大満足でした。

僕も男三兄弟、息子達も男二人兄弟なので、なんだか人ごとではない感じ。

→[Amazon] ブラザーフッド DVD プレミアム・エディション

Posted by shinya at 22:41 | TrackBack

2005年05月11日

しらす佃煮

小樽から函館に帰る途中で土産に買った寿都名物のしらす佃煮を開けました。寿都の沿岸で水揚げされたしらすを生のまま炊き上げたというこの佃煮。かなり美味です。

東京の佃煮は真っ黒で味が濃くて、それが好きな人には物足りなさを感じるかもしれませんが、私はこちらの方が薄味で好きです。薄味といっても味はしっかりあるので、ご飯がつい進んでしまいます。

長男も佃煮が好きでよくご飯に乗せて食べていますが、これなら「しょっぱいから、ちょっとね」と言わなくても良さそう。カルシウム源なのでどんどん食べて欲しいです。

Posted by kyoko at 20:54 | TrackBack

2005年05月12日

植え替え

函館に帰省している間、植えたトマトはバアバに預かってもらっていました。バアバが大きく育ったトマトを持って遊びに来てくれましたが、その葉の大きくなったこと!

当然ですが、成長する過程を見ていない長男は自分の植えたトマトだと分からなかったようで「これ、とまと?」と不思議そうでした。バアバに「この葉っぱ、トマトの匂いするんだよ、嗅いでごらん」と言われて嗅ぐと、本当にトマトの青臭い匂いがします。嬉しくなって長男にも嗅がせてみましたが「??」という表情でした。やっぱりトマトの実が付かないと実感がわかないのかもしれません。

狭い缶の中では窮屈そうだったので、さっそく大きな鉢に植え替えました。かなり根が絡まっていたので本根を傷つけないようにそーっとほどき、元気の良さそうなのを次々と植えていきます。最後にお水をあげて終了。長男も「おみず、あげるの」と嬉しそうだったので、これからの成長がますます楽しみになりました。

Posted by kyoko at 11:20 | TrackBack

2005年05月13日

野菜スープ初試食

次男もそろそろ離乳準備期です。今までは白湯と薄めた麦茶を口にしたことがありましたが、今日は野菜スープにチャレンジです。スプーンであげましたが、わりと上手に飲んでくれました。そして次男の食いつきの良いこと良いこと。あっという間に大さじ1のスープを完食。この分だとすんなり離乳食に入れそうだなと思いました。

■材料■
野菜(にんじん・玉ねぎ・キャベツなど何でも)・お米(少々)

■作り方■
(1)鍋に水を張り、適当に切った野菜とお米を入れて火にかける
(2)アクをすくいながら野菜が柔らかくなるまで煮る
(3)ザルで漉してスープのみを取る

今回は最初なので出汁は取らず、味は野菜の甘みだけ。本格的に離乳準備期になったら、頭とはらわたを取った煮干し又は鰹節などをお茶パックに入れて一緒に煮ると簡単に出汁も取れます。一緒にお米を煮ることでとろみが少ーし付いて飲みやすくなるのでオススメです。たくさん作って製氷器に入れて凍らせ、ジップバッグにストックすると次回からは解凍するだけなので簡単です。

鍋でコトコトしながら、長男の離乳食作りを思い出しました。これからまたあの裏ごしオンパレードが始まるんだなぁ…と懐かしくもあり、面倒くさくもあり。複雑ですが、もう要領は分かっているので気長にやろうと思います。

■離乳食情報■
期別…初期~
アレルギー源…なし

Posted by kyoko at 20:59 | Comments (2) | TrackBack

2005年05月14日

えんこ

次男は横抱っこより縦抱っこの方が好きなせいか、首の据わるのが早かったように思います。相変わらず横になっているよりも人の膝の上で座っている方が好きな次男。それではと1人で座らせてみました。余談ですが、赤ちゃんが座る表現を私は「えんこ」と言いますが、北海道の実家では「おっちゃんこ」というそうです。色んな言い方がありますね。

もちろん腰が据わっているわけではないのですぐに横に倒れてしまいますが、それでも少しは頑張って座っています。最近はクッションを両脇に置いて「えんこ」がご満悦の様子。まだそばに付いていないと危ないので、早く1人で長く座れるようにならないかなぁと思っています。

Posted by kyoko at 10:56 | TrackBack

2005年05月15日

万豚記(ワンツーチー)

門前仲町駅近くの万豚記(ワンツーチー)という店に行きました。よく行く木場のロータスパーク内にもあって、そちらには1度行ったことがあるので食べるのは今回2度目。でも店の雰囲気が「古い一軒家風」という感じの門前仲町店の方が好きだなと思いました。1Fはカウンターのみですが、細い階段を上ると2Fがテーブル席になっています。

今日頼んだものの中で私のお気に入りになったのが「げんこつ酢豚」。豚の大きなかたまり肉に真っ黒な酢豚のソースがかかっています。意外にも箸でほぐれるほど肉は軟らかく、こってりソースが絡まって美味しかったです。ここは料理一品一品が大盛りなので品数がそれほど頼めないのが残念。今日も酢豚とチャーハンとラーメンを長男と3人でシェアしましたが、お腹いっぱいで苦しくなりました。

万豚記 門前仲町店

■子連れ情報■
○子供入店しやすさ
×子供メニュー
×子供用椅子
○ベビーカー入店(階段なので持って上がれば)

Posted by kyoko at 23:26 | TrackBack

2005年05月16日

腹這いの練習

そういえば次男はいつも仰向けばかりで、腹這いになったことがあまりありません。寝返りを打つようになると腹這いの体勢になるわけだし、練習でもしようかと毎日少しずつ腹這いにさせてみています。

でも次男はあまり好きではないらしく、3分と持たずに「ふぇぇ~ん!」。苦しいのでしょうか。

腕を前にやってもすぐに横にしてしまって頭もあまり上がって来ません。頭が大きいから重そうです。一生懸命頭を持ち上げようとすると逆にお尻の方が浮いてしまう次男。その姿が可愛くて、腹這いの練習が私のひそかな楽しみになっています。

Posted by kyoko at 21:59 | TrackBack

2005年05月17日

3~4ヶ月健診に行ってきました

次男も3ヶ月を過ぎ、今のところスクスクと育っています。今日は3~4ヶ月健診のため次男を区の保健所に連れて行きました。健診の内容は、身長・体重・胸囲・頭囲の測定、保健士さんの問診、先生の診察。首が据わっているか等も調べました。

そして、次男生まれて初めての試練、BCGの注射です。長男の時はツベルクリン反応検査があったのですが、改正されて今はいきなりBCGを打ちます。あの針のたくさん付いたスタンプ注射は相変わらず痛そうで、次男も案の定かなり泣きました。

保健所は同じ年頃の赤ちゃんが沢山いましたが、その中でも次男は大きい方。やはり母乳で育てていると、どのくらい飲んでいるか分からないので息子の成長は気になるところです。一応、平均身長体重の中の上という感じだったので安心しました。

Posted by kyoko at 12:08 | TrackBack

2005年05月18日

SLのプラレール

北海道の実家でプラレール遊びを満喫していた長男。その目の輝かせ具合に、おじいちゃんがプレゼントをしてくれました。函館で乗ったSL函館大沼号のセットがあったので、それをネットで注文してもらっていたのですが、今日ようやくそのSLセットが届きました。

前に遊んだプラレールを思い出したのか、長男はさっそくレールを組み立て始めました。繋げるのはうまくいくのですが、さすがにぐるりと一周させるのは難しかったようです。ただ、そこだけ教えてあげたら全部自分でレールをつなげることができました。

SLの機関車に電池を入れて走らせてみると、線路の切り替えがあるところで何度か脱線をしてしまっていたのですが、レールをはずれても走り続けるSLに気をよくしたのか、レールお構い無しにSLを走らせて楽しんでいます。

色んなセットがあって長男だけでなく僕も楽しそうなので、プラレールを買い足したくなってしまうのを何とか我慢中です。

→[楽天] プラレール いろんなレイアウトができちゃうセット

Posted by shinya at 21:00 | TrackBack

2005年05月19日

アイロボット

アイ,ロボット 特別編近い将来の2035年、ロボットが一般的になっている世の中という設定のSF映画です。

アナログ思考のウィルスミス演じる主人公の刑事が、デジタル無敵ですみたいなロボットと対決したり、仲間になったりとか、諸々の話。設定とか、出てくる登場人物なんかが典型的な印象もありますが、ウィルスミスは格好いいし、けっこう面白かったです。

後半はドキドキのストーリー展開でしたし、余計なことを考えずに楽しめる作品でした。

→[Amazon] アイ,ロボット DVD 通常版
→[Amazon] アイ,ロボット DVD 特別編

Posted by shinya at 22:36 | TrackBack

2005年05月20日

手遊び「ひげじいさん」新バージョン

先日の3~4ヶ月検診で教わった親子の手遊び。その中で、有名な「♪トントントントンひげじいさん」の新しいバージョン「アンパンマンバージョン」を教わりました。

♪「ひげじいさん」のフレーズで

トントントントン アンパンマン
(グーの手を両方のほっぺに)
トントントントン しょくぱんまん
(顔の前で手で四角を作る)
トントントントン カレーパンマン
(両方のほっぺをブニ~っと引っ張る)
トントントントン ばいきんまん
(人差し指を立てて頭の両サイドで立てる)
トントントントン ドキンちゃん
(人差し指を立てて頭の中央で重ねて立てる)
ランランランラン 手はお膝
(フリはひげじいさんと一緒)

へぇ~!と思い、家に帰ってから次男の前でやってみました。すると食いついたのは次男ではなく、そばで見ていた長男。あっという間に歌とフリを覚えてしまい、「もう いっかい!」とアンコールを何十回も頼まれてしまいました。長男には昔「ひげじいさん」を死ぬほどやった覚えがありますが、子供が喜ぶこんな新バージョンもたまにはいいなと思いました。

Posted by kyoko at 20:08 | TrackBack

2005年05月21日

お花摘み

いい天気だったので、家族で木場公園に遊びに出かけました。前夜から「とうちゃんと、さっかーやるんだ!」と張り切っていた長男は、広い公園でダンナと思う存分サッカーが出来て嬉しそう。滝のような汗をかきながら全力疾走していました。

しばらくサッカーを楽しんでから「疲れた」と公園内のベンチで休憩しているダンナの横で、まだまだ元気な長男。なにやら「しろい おはな」と言いながら下を眺めています。見るとシロツメクサが沢山咲いていました。もう花は枯れかかっていましたが、長男は「きれい」と言いながら花を1つ1つ摘んでいきます。

手の中はシロツメクサの花束になり、それを見て満足げな長男。男の子でも花をきれいと思う心を持つのはもちろん良いことだと思いますが、花束をウットリしながら見る長男にちょっと複雑な心境になってしまいました。

Posted by kyoko at 16:00 | TrackBack

2005年05月22日

ドライブインいとうの豚丼

東京駅隣接の大丸で開催されていた北海道物産展にでかけてきました。小樽のルタオのチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」が目当てだったのですが、試食をする度においしかったものを買っていたらけっこうなボリュームの買物をしてしまいました。

そんな中、お昼ごはんにと買ったのがこの豚丼です。ドライブインいとうの豚丼なのですが、ドライブインというのが渋いですね。秘伝のたれで焼き上げた豚は肉厚でそれでいて柔らかくて美味しかったです。

美味しかったので、ここの豚丼名人というたれも買いました。家でも作ってみようと思います。

ドライブインいとう

Posted by shinya at 21:00 | TrackBack

2005年05月23日

寝返りの前兆?

次男を寝かすと機嫌のいいときなんかは真横を向いた姿がここ2、3日前から見られます。「いっせーの!」と言わんばかりに足で蹴って真横の体勢になり、しばらくその体勢のままキョロキョロしたり指を一生懸命しゃぶったり。

今にも寝返りをしそうな感じで、手を抜くことができたら早くも寝返りか?という状況。もう柵のない高いところに寝かすのは無理だなと思っています。

1才までの成長は本当にめまぐるしく色んなことが出来るようになっていきますが、ついこの間生まれたと思っていた次男も人を目で追うようになり、あやすと満面の笑みになったり、寝てるのが飽きてくると「あーぃ!」といって人を呼んだり。ずいぶんと人と関われるようになってきました。寝返りが出来るようになると家の中をコロコロ動けることだし、ますます面白くなりそうです。

Posted by kyoko at 09:49 | TrackBack

2度目のポリオ予防接種

ポリオの予防接種は1年に2回、春と秋にしか予定されていません。そのため、具合が悪かったりすると半年後まで待たなければいけません。例に漏れず長男もポリオの季節になると決まって風邪などをひいて、1回目の接種(このブログの記録によると2003年の秋)からかなりの月日が経ってしまいました。

前回は江戸川区の小学校まで行って受けてきましたが、今回は江東区の保健所です。接種票は江戸川区のものしか持っていなかったので、事前に電話して聞いたところ、直接会場に行って受付をしてくださいとのことでした。

長男と保健所に行き、接種票と問診票の記入をしてから長い長い列に並びました。周りの子は明らかに長男よりも年下の子ばかりで、お母さんが大変そうに子供を抱っこして並んでいます。そういえば1回目の時はまだ歩けない息子を抱っこして私も並んだなぁと思い出しました。長男はもう歩けるようにも待てるようにもなっているので、今回は楽だなぁと思いました。

診察で問題がなかったので、ポリオの予防接種を受けることが出来ました。ポリオは注射ではなく甘いシロップを口にたらすだけなので、子供にとっては唯一嬉しい予防接種ではないでしょうか。長男も「おいしかった」と何度も言いながら帰って来ました。これで3才までの予防接種は全て終えたのでホッと一安心。また3才からは色んな予防接種が待っているし、次男もこれから予防接種オンパレードなので、しっかり計画しないとなぁ、と思いました。

Posted by kyoko at 15:29 | TrackBack

2005年05月24日

保育園の見学会

今日、近くの公園で遊んでいると、公園に隣接している保育園の園長先生らしき人から声がかかりました。「今、見学会で離乳食の試食会とか園内見学をやっているので、良かったら来ませんか?」とのこと。砂場で遊び始めてしまった長男に「行ってみる?」と聞いたら「いく!」と言うので、急遽見学会に参加させてもらうことにしました。

入り口で名札を作ってもらうのに、「お名前は?」と聞かれた長男。元気よく弟の名前を告げていました。慌てて私が訂正し、2人分の名札をそれぞれ貼って教室に入りました。既に長男と同じ年頃の子が3人、次男よりも大きい子が2人集まっていて、教室のおもちゃで遊んだり離乳食の試食をしたりしていました。

保育園で出される離乳食、ちゃんと栄養士さんが考えて作られていて、調理室の衛生や食品の管理体制はもちろん、調理する人の健康状態まで細かく管理されているそうです。チェックシートを見せてもらいましたが、ここまでしてくれれば親は安心というもの。

この保育園は、0才児から年齢毎に教室が別れていて、それぞれ年齢に合った生活をしています。園内見学ではその教室を全てを外から見学しました。教室はどこも明るくて広々としていて、伸び伸びと遊べそうで好印象でした。

私自身は幼稚園に通ったので、保育園がどんな所かあまりよく知らなかったのですが、今回保育園を知る良いきっかけになりました。長男もそろそろ幼稚園や保育園に入る年頃で、そろそろ考えなきゃなぁと思っていた矢先だったので、見学会に参加できて良かったです。この見学会、今回が初回でこれから月に1度くらい定期的にあるそうで、7月には園庭のプールを開放してくれたり、12月にはクリスマス会をやってくれたりするそうです。家からわりと近いので、時間があったら連れて行ってみようかなと思いました。

Posted by kyoko at 13:03 | TrackBack

2005年05月25日

幼稚園か?保育園か?

以前から少しずつ近所の幼稚園や保育園を調べ始めていた私は、昨日保育園の見学会に行ったこともあって興味津々。やっぱり息子達には楽しく通って欲しいので、私なりに更に調べてみました。

まず幼稚園と保育園の違いは、幼稚園は学校教育法に基づいた「学校」で、保育園は家庭の事情などで乳幼児を育てられない場合に保育を行う、児童福祉法に基づいた「児童福祉施設」だそうです。保育時間も幼稚園は標準で4時間、保育園は原則で8時間とかなり差があります。なので、働くママは保育園に預けるという形になるのでしょう。逆に、保育園は「事情で育てられない場合」とされているので、私のような専業主婦だと審査に落ちてしまうこともあるようです。

私はまた働きたい願望があるので、保育園に入れるならこれが良い機会になるのかなとも思っているのですが、まだ悩むところがあります。それは、私のイメージかもしれませんが、保育園は親の介入するイベントがあまり無さそうだということ。やはり子供のお遊戯会や運動会なんかはカメラやビデオ持って見に行きたいしな~なんて考えてしまいます。

でも、どちらに通ってたとしても息子が楽しいと思えなければ意味がありません。例えば仲の良いお友達と一緒に通えたら長男も嬉しいだろうなと思うし、幼稚園・保育園といっても園によってそれぞれ特徴も違うと思うので、情報収集したり見学に行ったりしたいなと思います。

最近のお友達のお母さんとの会話は、子供を幼稚園に入れるか?保育園に入れるか?という話題が多いです。みんな色々な情報を持っていて興味深く聞いていますが、これからよく見て考えて決めたいなと思っています。

Posted by shinya at 22:43 | Comments (2) | TrackBack

2005年05月26日

電話大好き

すっかり人と会話が出来るようになった長男。以前だと電話しても黙って相手の話すことをニコニコしながら聞いているだけだったのに、最近は相手としっかり会話のキャッチボールをしています。

その電話が面白くなってしまったらしく、トイレが出来た時や面白い遊びをみつけた時、歌の歌詞が分からなくなった時等々、何かにつけて「バアバに電話するよ」とおねだりしてきます。電話して子機を渡してあげるとそのまましばらく話し込んでしまう長男。まだ自分から話しかけることをしないので、相手が話すのをじっと待っている方が多く、余計に時間がかかってしまうのが難点。電話代もバカにならないので何とかごまかして切っています。

お喋りが大好きな長男らしいですが、今から長電話は困るなぁ…。

Posted by kyoko at 12:39 | TrackBack

2005年05月27日

アスパラ料理三昧

北海道から旬のアスパラがどさっと届き、すぐにアスパラをつかった料理をたくさん作ってもらいました。

アスパラとチーズがたっぷりと入ったホワイトソースのグラタン、アスパラとミートソースのグラタン、そしてアスパラベーコンです。手間のかかるグラタンはほとんど奥さんに作ってもらってチーズをかけるのだけを手伝い、簡単なアスパラベーコンは僕が作りました。

僕達大人はどれもおいしくいただきましたが、山菜や海藻など和風なものが大好きな長男はあまり食が進みませんでした。子供が喜んで食べそうなグラタンやハンバーグが好物ではない長男の味覚は、おもしろいです。

Posted by shinya at 22:40 | TrackBack

2005年05月28日

トイレで初ウンチ!

トイレトレーニングを再開してから約3週間が過ぎ、その経過はと言うと驚くほど順調で、今では失敗するより成功する確率の方が高いほど。トイレは本人のやる気が伴わないとダメだと聞きますが、これを身をもって実感しました。今のところ私も長男もストレスを溜めずに頑張れているし、焦って早くから始めなくて良かったです。

おしっこは教えてくれるようになったものの、ウンチをなかなか教えてくれない長男。部屋の隅っこでしてから「うんち、でたよ」とにこやかに教えてくれます。「ウンチもトイレでしてみようよ」と言っても嫌がるので、無理強いしてもますます行かなくなるかなと優しく誘ってみるだけで、あとは放置していました。

今日何だかモゾモゾしている長男にダンナが「おしっこか?」と連れて行きました。いつもステップに立って立ち姿勢でおしっこをする長男ですが、今日は「これで、すわるの」と子供用便座を希望されました。いよいよトイレでウンチをしようという気になったかと喜んでいたのですが、やはりなかなか出来ないよう。トイレで初おしっこの時みたいに「でない」と言ってはまた遊びに戻り、「でる」と言っては便座に座るというのを何度繰り返したことか。ダンナもいい加減疲れ始めたころ、ついにトイレですることができました。

もちろん沢山褒めてあげ、気をよくした長男は両方の実家に電話して報告していました。これからもまだ失敗することはあるでしょうが、取りあえずホッとしました。

Posted by kyoko at 11:57 | TrackBack

2005年05月29日

ホンダのショールーム

新ステップワゴンが発売されたので、青山にあるホンダのショールームまで見学に行きました。「ステップワゴン見る、ステップワゴン見る」と張り切っていた長男ですが、いざショールームに着くとどでかいスクリーンとアシモに釘付けです。

テレビでは見たことがあったのですが生アシモもなかなかのもの、プレゼンの司会をして活躍していました。手を振ると手を振り替えしてくれたのですが、大人達がさんざん手を振っているのを見て、長男も真似て手を振っていました。ロボットと幼児がコミュニケーションをとっているようで、微笑ましかったです。

このアシモ、腕や指の間接の動きが妙にリアルで、僕達も新鮮でした。

Posted by shinya at 17:40 | TrackBack

2005年05月30日

山菜料理三昧

実家が山菜採りに出かけたらしく、我が家にもおすそ分けと蕗・ワラビ・コゴミ・細竹(筍)を送ってくれました。なので、先日のアスパラ尽くしに続いて今日の夕飯は豪華に山菜尽くしです。

全て義母が下茹でしておいてくれたので、調理は簡単。2人分の育児中の今は、ご飯の支度にもスピードを求められるので下処理をしなくて済むのは嬉しい限りです。蕗は煮物にし、ワラビはそのまま叩いておひたし、コゴミはごま和え、細竹は炙って塩をつけて頂きます。あと少しずつ取り分けていたのを使って山菜たっぷり汁を作りました。

先日のアスパラグラタンには目もくれなかった長男、今日は好きなものだらけなので嬉しそうにほおばっていました。

Posted by kyoko at 21:14 | Comments (2) | TrackBack

2005年05月31日

日本脳炎ワクチン 予防接種中止を勧告

日本脳炎ワクチン 予防接種中止を勧告

厚生労働省は三十日、日本脳炎ワクチンの予防接種を勧奨するのを中止するよう、市町村に緊急の勧告を通知した。事実上の中止勧告で、異例の措置。同省は現在開発中の新ワクチンで早ければ来年にも接種を再開する。

長男も3才になったら受けるはずの予防接種だったので驚きました。ただし、何らかの理由で本人や保護者が希望すれば、現状のワクチンを接種できるそうです。来年を待って接種するか、現状のものを接種するか、主治医と相談して決めたいと思います。

関連記事
日本脳炎の予防接種中止 厚労省、異例緊急勧告
日本脳炎の改良ワクチン「優先審査」

Posted by kyoko at 17:23 | Comments (1) | TrackBack