2006年03月01日

図書館ごっこ

よく図書館を利用する我が家、長男もお気に入りのノンタンシリーズの本がたくさん置いてあるので図書館に行くのが好きなようです。最近は「図書館では静かにする」などの約束も守ってくれるようになったので、前よりも連れて行きやすくなりました。

今日はインターネットで予約した本がかなりの冊数あったので取りに行きました。長男も自分用にノンタンの本を借り、十数冊の本を借りて来ました。

家に着くなり、長男が自分の絵本を何冊も持って来て借りた本と合わせてテーブルに置き、なぜかブロックも1つ持って来ました。何をするんだろう?と見ていると、そこに椅子を持って来て座り、本にブロックを当てては隣にずらし、またブロックを当てては隣にずらし…ということをしています。それを見てピンときました。長男は図書館の受付のお姉さんがやっていた、貸し出す本のバーコードにピッとやっていたのを再現していたのです。へぇ~面白いこと考えるなと感心していると、最後まで「ピッ」を終えた長男、「はい、こちらになります」と私に手渡してくれました。

子供はごっこ遊びの天才ですね。何気ない光景もよく見ているんだなぁと感心してしまいました。

Posted by kyoko at 15:06 | TrackBack

2006年03月02日

やっぱりスギ花粉症

春先になると鼻水が出るのでずっとスギ花粉症だと思っていた僕ですが、昨年の健康診断でアレルギー検査をしてもらったところ、ダニやハウスダストだけでスギには反応が出ませんでした。な~んだスギ花粉症じゃないのかと、昨年の春は薬を飲まなかったのですが、なぜか花粉症の症状が出まくりました。

そんなことで、スギ花粉症かどうかを確かめるべく先日近くの病院でアレルギー検査を受けたのですが、結果やっぱりスギ花粉症でした。それもかなり過敏に反応するようです。昨年の検査は一体なんだったのでしょうか。おまけに一緒に調べたヒノキでも反応が出ており、2月~5月までは大変だねと先生に言われる始末でした。

僕は花粉やハウスダスト、奥さんも何らかのアレルギー、長男は卵、次男は卵と牛乳、とアレルギー一家になってしまいました。僕以外の3人はアトピーもあるので、すっかり現代病にはまっています。

Posted by shinya at 21:48 | TrackBack

2006年03月03日

血便?

今日次男のおむつ替えをしようと開けたら、そこに真っ赤な便。ちょっとどころではない赤さに驚きました。もしかして血便?と焦ったのですがそんなに鉄臭い感じはなかったので、おととい風邪で小児科にかかった時に処方された抗生物質の影響かな?と思って小児科に電話を入れました。

「その薬で染まることは無いと思うんだけど…念のためおむつ持参で受診してください」と言われ、小児科に連れて行きました。風邪でまだ鼻水が出るものの、それ以外は全く元気な様子の次男なので大丈夫そうだと思っていたのですが、便を見るなり「すごいわね、これが全部血なら大事ですよ」という先生の言葉に急に心配になってしまいました。血液反応の検査をして、思ったよりも出なかったけど多少の血液反応があったからと、検便で病理検査に回されることに。あとは浣腸をしてまだ赤い便が出るかどうかみますと処置室へ移りました。

赤い便のあとに普通の便が出てきたので、ひとまず安心。取りあえずは抗生物質を止めるよう指示されて整腸剤を処方されました。その子によって抗生物質が合わなくて腸炎を起こすこともあるようなので、何かあったらすぐに受診することになり、病理検査の結果を待つことになりました。

ウチの子達は幸いにも今まで大病をしたことがないので、今回は動揺してしまいました。良くない病気じゃないことを祈るばかりです。

Posted by kyoko at 18:59 | TrackBack

2006年03月04日

交渉人 真下正義

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション交渉人 真下正義を観ました。踊る大捜査線に番外編とても言うのでしょうか、ドキドキハラハラしながら楽しめました。出てくるのが名称は違いますが、犯人に乗っ取られるのが地下鉄東西線だったり、葛西で爆発がおこったりと、知っているエリアがよく出てきたので身近な印象がしてなおさら楽しめました。

踊る大捜査線を観て楽しめる方だったらオススメの映画です。ただ、終わり方が何となくすっきりしないような感じだったので、最後になって爽快感が薄れていったよな・・・というのが唯一残念です。

この映画に限らず、最近は邦画を見る機会も増えきています。興行収入も伸びているようですが、以前より面白くなったのでしょうね。

→[Amazon] 交渉人 真下正義 DVD スタンダード・エディション

Posted by shinya at 23:02 | TrackBack

2006年03月05日

休日診療に行く

次男の血便騒ぎもまだ結果待ちですが、あれから何ともなく本人も元気で落ち着いたと思ったら、今度は長男が具合悪くなりました。今朝方、突然気持ち悪いと起きるなりベッドで嘔吐。吐いてスッキリしたのかまた眠りにつきましたが、朝起きてもソファにぐったりする長男。「おなかがいたい」としきりに繰り返します。

「お腹のどこが痛いの?」というと「ここ」と的確に指さします。少し押すと顔がこわばったので、どうやら本当に痛い様子。熱を測ったら微熱もあるし、じゃあ病院行こうかと休日診療に行くことにしました。取りあえず何かお腹に入れてからと朝食を用意しましたが、テーブルに着くなり「きもちわるい」とまた嘔吐。こりゃ大変とすぐに病院へ向かいました。

もともと風邪で小児科にかかっていたので、何もすることはないと取りあえず吐き気止めと熱冷ましの座薬を処方されて帰ってきました。帰ってすぐに吐き気止めの薬を入れたので、それからの嘔吐はありませんでしたが、1日中ぐったり。「おなかいたい」を繰り返し、食欲はゼロでした。今日1日に食べたものはアイスクリームとゼリーが少しずつ。長男にはあり得ないことなので非常に心配しました。夕方には熱も39.5度まで上がったので、熱冷ましの座薬を入れて寝かせました。

処方された薬が大いに役立って、今は熱も下がってぐっすりと休んでいるので、明日には良くなって欲しいなと思います。休日や夜間にも診てもらえる病院があるのは本当に心強いです。

江東区夜間休日診療所

Posted by kyoko at 22:57 | Comments (2) | TrackBack

2006年03月06日

ウィルス性の腸炎

今朝起きると元気良く「おはよう!」とすっきりとした顔の長男。昨日のぐったりは何処へといった感じです。念のため今日は小児科の予約を入れていたのでどうしようかと思いましたが、かかりつけ医なので症状だけでも話すべく連れて行くことにしました。

昨日の症状や様子を話すと、「ウィルス性の腸炎ですね、今すっごい流行ってますから」と先生。吐く→熱→下痢という症状だそうで、熱から先に来る人もいるとか。「感染源が分からなくて、最近の新聞に東京都が水道調査するって書いてありました」と言われ、「どんどん移るから弟もやるかもね」と脅かされました。

そのニュースがこちら↓
東京都が水道水調査 ウイルス対策で全国初

食中毒の原因となるノロウイルスなどが飲料水から検出されるケースがあることから、東京都水道局は3日までに、水道水にウイルスが混入したり、増殖したりして水を汚染していないかどうか調査することを決めた。

けっこう辛そうだったので、次男には移らないで欲しいところです。

Posted by kyoko at 13:59 | Comments (3) | TrackBack

2006年03月07日

ついに来た「なんで?」攻撃

以前長男の「これは何?」攻撃に参っていた時に、先輩ママが「そんなの可愛いもんよ、そのうち“何で?”に質問が変わると本当に参るから」と言っていたのですが、その意味がやっと分かったような気がします。

最近長男はことあるごとに「なんで?」と質問攻め。答えてあげても「なんで?」と自分が納得するまで追及してきます。例えば昨日は…

「昨日はゲーしちゃってあまり食べてないから、今日は少しずつ食べようね」
「なんで?」
「一気に食べちゃうとまたゲーしちゃうかもしれないでしょ」
「なんでゲーしちゃうの?」
「お腹にバイキン入っちゃったからゲーしちゃったんだって」
「なんでバイキンはいっちゃうの?」
「石鹸でよくお手々洗わなかったからかなぁ?」
「なんで?」
…延々続く

ちゃんと私の分かる範囲は長男に分かりやすいように、すじ道を立てて教えてあげているつもりなのですが、そんなのお構いなしの長男は「なんで?」の連発。何でも興味があるのは喜ばしいことなのですが、忙しい時やかまってあげられない時は本当に参ってしまいます。

あまりにも「なんで?」が続くときは逆に「何でだと思う?」と質問し返すと「わかんない」と終結するのでホッとしますが、そればかりではいけないなぁと思うので、親も勉強しないといけないですね。

Posted by kyoko at 16:19 | Comments (2) | TrackBack

2006年03月08日

入園準備品作成合宿

今週末から長男の幼稚園入園のために必要な通園バッグやお弁当袋などなどを作るために、実家にしばらく泊り込む予定でした。私はたかがボタン付けでものすごい時間を費やすほど裁縫が不得意で、長男の入園は喜ばしいことながら、通園バッグなど手作りしなければならない物が山のようにあるので憂鬱でなりませんでした。結局自宅にミシンもないし、などと理由をつけて裁縫大得意な母に助けを求めることに。母に教えてもらいながら(もちろん手伝ってもらいながら?)長男のために頑張ろうと思います。

ところが、長男のウィルス性の腸炎を次男ではなく何と私がもらってしまい、吐き気と熱で動けなくなってしまったので早々と今日から子供達と一緒に実家に行くことにしました。

作らなければいけないものは沢山あるのに、子供達の寝付いた夜にしか作業できないので、いつ自宅へ戻れることやら。早く病気を治して取りかからねば…。

Posted by kyoko at 16:56 | Comments (2) | TrackBack

2006年03月09日

本の読み聞かせ

絵本といえば今までは「読んでもらう」よりも「かじる」方が好きだった次男ですが、ようやくちゃんと読ませてくれるようになったようです。とはいっても途中で絵本を奪って自分でペラペラめくったり好き勝手はやりますが、絵本を読んであげようと思っても興味すらなかった今までと比べるとかなりの進歩です。

絵本好きの長男が私に「よんで」と持ってくるのを見ていたのでしょう、好きな絵本を持って来ては「読んで」と言わんばかりに「う!」と言って渡し、ひざの中にちょこんと座ります。ジイジやバアバはこの「ちょこん」がたまらなく可愛いらしく、すっかり暗記してしまったであろう絵本を1日に何度も何度も繰り返し読んでくれます。

途中で飽きてしまっても、最後まで読ませてくれなくても、本の読み聞かせはここから始まるのだと思います。こちらも根気が要りますが、興味を持った本は何度でも読んであげたいと思います。

Posted by kyoko at 10:47 | TrackBack

2006年03月10日

大豆イソフラボン配合食品、妊婦・子ども「推奨せず」

大豆イソフラボン配合食品、妊婦・子ども「推奨せず」

海外での研究によると、大豆イソフラボンの錠剤を5年間にわたって毎日150ミリ・グラム摂取した女性に、健康上の問題はないものの、子宮内膜が増える影響が見られた。さらに、妊娠した実験動物に大量投与した場合、子宮や胎児の生殖機能に異常がみられたことなども報告された。

このため、同調査会で検討を始め、妊婦や子どもが健康食品として毎日摂取した場合、安全性や健康上の利益が科学的に証明できないと結論付けた。

大豆イソフラボンといえば健康食品というイメージだったのでちょっと意外でした。納豆好きの長男はどうなの?と思ったら、問題になっているのはあくまでも大豆イソフラボン自体で、大豆食品自体は安全性に問題ないそうでホッとしました。

Posted by kyoko at 00:53 | TrackBack

2006年03月11日

洗濯物干しのお手伝い

今となっては長男のお手伝いできるレパートリーも色々増えて「助かるなぁ…」と思うことも度々。掃除や食事の支度・配膳から「ちょっとティッシュ取って」「オムツ持って来て」などといったパシリ的なものまで、長男は「お手伝い」が大好きです。

洗濯のお手伝いは洗濯物の取り込みと、タオルなど簡単なものをたたむことが出来るくらいでしたが、握力がついてきたのか、洗濯バサミを器用に手で開くことが出来るようになったので洗濯物干しのお手伝いも出来るようになりました。

長男の担当は干しやすくてシワになってもまぁいいかと思える靴下。最初にしわだけ伸ばしてあとはまとめて長男に渡すと、1つずつ物干しにぶら下げていってくれます。「上手ね~」と褒めちぎることも忘れずに。これだけだって家事の負担が多少は少なくなるので私は万々歳です。今日も「くつした干すよ!」と張り切ってお手伝いしてくれた長男、みんなに褒められて得意気になっていました。

Posted by kyoko at 09:15 | TrackBack

2006年03月12日

おばちゃん大好き

私は3姉妹なので、子供達には2人のおばちゃんがいます。1人は遠方で暮らしているので時々しか会えませんが、もう1人は実家なのでよく会います。長男はおばちゃんが大大大好き。何が魅力的でそんなに好きなのか私にはさっぱり分かりませんが、会うとベッタリくっついて離れないほどです。実家に泊まるときはお風呂も寝るのもずっと一緒。長男曰くおばちゃんと「けっこんするの」だそうです。

いつも追いかけっこやかくれんぼ等と身体を使って遊んでくれるおばちゃん、子供達をグルグル回して遊んでくれるのもお手のものです。こういうところも好きな一因なのでしょうね。もしおばちゃんが嫁に行くなんてことがあったら、長男はジイジやバアバ以上に泣くかもしれません。

Posted by kyoko at 19:44 | TrackBack

2006年03月13日

戦国自衛隊1549

戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)この間、テレビで反町隆史主演の戦国自衛隊を見たのですが、勢いづいて映画版の江口洋介主演戦国自衛隊1549も借りてみました。以前にも千葉真一主演で映画化でもされていますが、こちらはまだ見たことがありません。

演習中の自衛隊がヘリや戦車と一緒に戦国時代にタイムスリップし、そこから戦国の武士達と戦う羽目になったりなどなどというドラマです。映画のリアルさが気になる方にはあまりオススメできないかもしれませんが、眉村卓原作のアニメ映画「時空の旅人」とか、ショーンコネリー主演のリーグオブレジェンドとかバックトゥザフューチャーとかが好きな方でしたら、楽しめる映画ではないかと思います。

→[Amazon] 戦国自衛隊1549 DVD

Posted by shinya at 23:09 | TrackBack

2006年03月14日

プラチノのチーズムース

バアバがTVで見たという美味しそうなチーズケーキをお取り寄せしてくれました。「プラチノ」の「アンジュ」というチーズムースです。フロマージュブランとフレッシュクリームを使ったフワッフワのチーズムースの中にカシスジャムが入っていて、口の中で溶けます。レアチーズケーキのスフレ版といった感じ。ベイクドチーズケーキのどっしりした感じが好きな人には物足りなく感じるかもしれないけど、あまり甘くないしフワフワなのでペロリと平らげてしまえます。

電話でもネットからも注文受付して指定の日に自宅に発送してくれるので、ショップに行かなくても気軽に味わえるのが嬉しいです。

プラチノ

Posted by kyoko at 19:43 | TrackBack

2006年03月15日

公園を練り歩く

ポカポカと良い陽気だったので、子供達を連れて実家近所の公園に遊びに出かけました。ずっと交代で病気していたので長男も久々の公園とあって着くなり「わ~い!」と駆け出しました。ずいぶんトコトコ歩けるようになった次男も靴を履いての外歩きはあまり経験がないものの、ベビーカーから降りるとキャアキャア言いながら歩き出しました。

まだ不安定な次男のあんよに付き合って後ろを歩いていたのですが、とにかくよく歩くこと歩くこと。気の向くままに公園中を練り歩きます。靴に慣れていないのと土が平らではないので時々ヨロっとなったり転んだりしますが、めげずに何度も起きあがってはひたすら歩き続けます。結局ずーっと砂遊びしていた長男とは対照的に1時間近くも歩きました。

帰ってから次男のお昼寝の長かったこと!よほど疲れたんだと思います。これまでベビーカーで長男の公園のお供をしていた次男もやっと自分が楽しめるようになったので、これから沢山連れ出してあげようと思います。チョロチョロするのを2人分も見張るのは大変そうですけどね…。

Posted by kyoko at 12:50 | TrackBack

2006年03月16日

二年もの鹿部産ホタテ

北海道の実家から届いた、二年ものの鹿部産ホタテをいただきました。水揚げされてすぐのホタテを送ってくれたようで、届いた日は受け取れずに郵便局で一日保管してもらった後だったのですが、なんとかかんとかホタテが生きていた状態でした。

大きくなる三年ものや四年ものよりも二年ものの方が甘くて美味しいという話を聞いたのですが、味の方も格別でした。旬のホタテを、刺身や網焼きして醤油やバターで味付けをして食べることができるなんて、幸せです。長男がホタテホタテとうるさくなるほど美味しかったです。

→[楽天] 季節限定!噴火湾産2年貝活ホタテ貝約3kg入り1箱

Posted by shinya at 20:53 | TrackBack

2006年03月17日

幼稚園増刊もうすぐようちえん

本屋に行った時に見かけた「幼稚園」という月刊誌の増刊「もうすぐようちえん」を長男のために買ってあげました。この手の月刊誌、自分もよく買ってもらって付録を作るのが楽しみだったなぁと思い出します。

幼稚園がどんなところか、これだったら長男にも伝わるかなと思って家に帰ってさっそく中をチェック。中にはシールを貼りながら読み進めるページもあり、シール大好きな長男はかなり楽しそうでした。幼稚園の様子も写真で紹介していて「朝幼稚園に行ったら先生に挨拶して靴箱に靴をしまうんだって」とか「こんな遊びをやるんだね、楽しみだね」などと説明すると、ちょっと楽しみになったのか嬉しそうな顔をしていました。

そして付録に付いていた「おべんとうあそび」を組み立ててあげました。お弁当箱におにぎりやハンバーグ、エビフライ、ポテトサラダ等々。全て紙製ですがけっこう良く出来ていて、子供にも「お弁当ってこんなものだ」と分かりやすい内容でした。もちろん長男はお弁当というものを知らなかったので、思う存分お弁当ごっこで遊んで本番のお弁当が楽しみになったようでした。

Posted by kyoko at 14:02 | TrackBack

2006年03月18日

お台場 潮風公園

 
先日ジョギングをしている最中に初めて知ったお台場の大きな公園「潮風公園」に、家族でのんびりしに行ってきました。面積が154,939.86平方メートルと何だかとても大きな公園で、お台場の品川よりのところ一体が公園となっています。芝生のきれいな広場や噴水、バーベキュー広場などもあって、家族連れやカップルで賑わっていました。

僕たちが遊んだのは、しおかぜ丸という船のアスレチック施設みたいなところです。長男も次男もとても気に入ったようで、笑顔たっぷり元気いっぱいに楽しんでくれました。海沿いにある公園のせいか、途中風が強くなってしまったので、まだまだ遊び足りない息子達をなんとかなだめて家に帰りました。

あたたかくて風の無い日に、バーベキューやお弁当を持ってきたいところです。

東京都公園協会 : 都立公園・庭園案内

Posted by shinya at 15:55 | TrackBack

2006年03月19日

東京・荒川市民マラソンでフルマラソン完走

昨年の秋からジョギングやウォーキングをはじめて数ヶ月、フルマラソンに挑戦し、なんとか完走することができました。参加したのは東京・荒川市民マラソンで、参加者はなんと約2万人の大きな市民マラソン大会です。板橋区をスタートして荒川沿いを走り、北区→足立区→墨田区→江戸川区まで行って、また板橋まで戻るという42.195キロのコースでした。

さすがに2万人も参加する大会ともなると熱気も違いました。スタート地点に並ぼうと思ったらすごい人だらけで、目標6時間で完走の僕がスタートする場所は、スタート地点からはるか後ろの場所です。何とかスタート地点に間に合ったところでスタートの合図、ところが一向に前に進む気配もありません。ようやく動き始めても全員ゆっくり歩いてのスタート。実際のスタート地点に辿り着いたのは、先頭がスタートしてから15分以上経過してからとなりました。

さすがに大きなマラソン大会だけあって、テレビで見るようなマラソン大会同様に数キロ毎に給水ポイントがありました。水やスポーツドリンクの他、アンパンやバナナなどの甘い物も用意されており、走って疲れると甘い物が欲しくなるのでホントに助かりました。ボランティアの子供達が「頑張ってください」とか声を掛けながらサポートしてくれるので、気持ち的にもすごく励みになりました。

給水ポイントの他にも、沿道で太鼓を叩いてくれるチームがたくさんあったり、イベントが開催されていたり、声をかけてくれる人達もいて、ものすごい長距離でも苦になりませんでした。ゆっくりペースで走り続けて10キロを1時間ちょっと、20キロでも2時間ちょっとと、初心者にしてはまずまずのペースで走っていたのですが、折り返し地点を超えたあたりから急に足が重くなってきました。

これまでの長距離走と言えば、練習や皇居マラソンで5キロを数回、10キロのマラソン大会を1回、20キロの練習を1回しか走ったことがなく、20キロ以上はまさに未知の世界です。25キロくらいからは歩いたり走ったりとなってしまい、30キロ到達で3時間半かかりました。その後、風がどんどん強くなり、風速30メートル以上の向かい風という最悪のコンディションになり、しまいには歩くのも辛くなる始末でした。

40キロ近くになると周囲の人達も歩く人達の方が多くなり、トボトボ歩いていて沿道から「若いのがんばれ!」などと声を掛けられても、「そんなに若くないのに」と思いつつ笑顔を返すのが精一杯でした。40キロ到達には5時間以上かかり、何とか5時間台でゴールすることができました。

いざ走ってみると、達成感みたいなものがフツフツとこみ上げてきました。今回は後半に歩いてしまって時間はすごくかかりましたが、次回のマラソンチャレンジでは、全区間走りきってタイムをぐっと縮めたいところです。

Posted by shinya at 15:56 | TrackBack

2006年03月20日

幼稚園なんてコワくない

幼稚園なんてコワくない―ママのための幼稚園生活攻略マニュアル〈’97〉たまたま図書館で見かけて、とても面白そうだったので借りたのが「幼稚園なんてコワくない」です。これは先輩幼稚園ママ達の体験談などがぎっしり詰まった本で、幼稚園の選び方から始まって、入園後のお弁当やPTAなど園児のママについて回る面倒なことの対策なんてことまで、とにかく参考になるし面白かったです。「上履きには防水スプレーをしておくと汚れにくい」など、先輩ママならではのアドバイスも盛りだくさん。入園前に読んで良かった~と思いました。

子供が幼稚園に入ると子供同士だけでなく母親同士の付き合いというものも出来るので、ガラッと生活が一変するんだろうなとは漠然と思っていましたが、園児のママは予想以上に大変そうだなぁと思いました。「大丈夫!何とかなる!」的なことが書いてあるこの本ですが、ある程度は私も園児のママになる心の準備をしなければいけないなと思います。

→[Amazon] 幼稚園なんてコワくない―ママのための幼稚園生活攻略マニュアル

Posted by kyoko at 21:23 | TrackBack

2006年03月21日

台場小香港

お台場のデックス東京ビーチにある「台場小香港」に行ってきました。建物の6階7階が香港の街並みを再現しているレストランゾーンで、香港ならではの道路にせり出した看板、公園や門からトイレまでがすっかり香港です。何年かぶりに行きましたが、以前よりさらにバージョンアップしていたように感じました。

長男も不思議な空間にワクワクしているようで、色々なところを歩き回って楽しんでいました。台場小香港の中には各種の中華料理店が10店舗もあり、市場や各種ショップも建ち並び、ゆっくりと時間をかけても楽しめるのではないでしょうか。自分でスタスタ歩けるような年齢だと、子供自身もすごく楽しめるところだと思います。

デックス東京ビーチ - 台場小香港

Posted by shinya at 12:54 | TrackBack

デックス東京ビーチのテラスを散歩

今まではお出かけするときは殆どベビーカーの中だった次男ですが、だいぶ転ばずに歩けるようになったので、ランチの後デックスのテラスをお散歩しました。次男は勝手気ままに歩けて上機嫌。同じようにヨチヨチ歩きの赤ちゃんと何人かすれ違ったあたり、思ったよりも家族連れが多いなと思いました。そんな同志が多かったせいか、子連れで引け目に感じることなく遊ばせてあげられたので良かったです。

それにしても放っておいたら興味のあるところへどこまでも歩いて行ってしまう次男。後ろを着いていくのもずいぶん大変になりました。連れ戻そうと抱き上げると「ハトヤ」のCMの魚のようになって抵抗されます。自己主張が激しくなって良いやら困ったものやらです。

Posted by kyoko at 15:45 | TrackBack

2006年03月22日

トミカ全国道路マップ

去年のクリスマスプレゼントにおじいちゃんとおばあちゃんから頂いたのがトミカの全国道路マップです。日本列島をギュギュッと凝縮した地図が描かれているマットで、全国の主要な高速道路にトミカの車を走らせることが出来ます。

1人だとあまりトミカでは遊ばない長男ですが、お友達が遊びに来ると必ずと言っていいほどこれで遊ぼうとマットを出して来ます。お友達は車で遊ぶのが好きな子が多いので、今ではこれで遊ぶのが恒例となったようです。180×90cmとけっこう大きなマットなので、お友達が数人いても仲良く遊ぶことが出来ます。「ここはおじいちゃん家だよ!」とか「ディズニーランドに行こう!」とか、色んなことを話しながら遊んでいる子供達を見ると、交通ルールだけでなく地理なんかも養われているのかなぁと思います。

→[Amazon] トミカ 全国どうろマップ

Posted by kyoko at 13:28 | TrackBack

2006年03月23日

おしりを拭く練習

ウンチの後、今までは私がおしりを拭いてあげていたのですが、このままだと幼稚園に行ってから先生に拭かせることになるなぁ…と考えたら申し訳なくなって急遽おしりを拭く練習を始めました。

トイレットペーパーを引き出して丸めておしりを拭くだけの作業ですが、長男にはけっこう難しいようでトイレットペーパーと悪戦苦闘。練習初日は排便よりも長い時間かかって、やっと拭けたと思ったらおしり中に伸ばしただけでシャツにまで付いてしまいました。あれから練習に励む毎日ですが、いまだにちゃんと拭けたためしがなく私が仕上げ拭きをしています。

入園までに完璧にするのは無理かもしれませんが、毎日の練習で少しでも1人で出来るように頑張ってもらいたいと思います。

Posted by kyoko at 22:58 | TrackBack

2006年03月24日

タッチタイピングの練習

僕たちがキーボードを叩いているのをよく観察しているようで、長男が両手をものすごいスピードで動かしてカタカタと大きな音を出していました。何かと思ったら、アンパンマンのパソコンでタッチタイピングの練習をしているようです。僕が音に気づいて目を向けると、長男もこちらを向いて自慢げにニヤリとしました。

どんどん色んなことができたり理解するようになっているので、成長ぶりに驚かされます。

Posted by shinya at 21:01 | Comments (1) | TrackBack

2006年03月25日

門前仲町の東天紅

次男誕生時に江東区のハッピーセカンド事業でもらった、江東区で使える商品券2万円分があったのを思い出し、門前仲町駅からすぐの東天紅に行ってきました。1階から4階までが赤札堂のビルで、その5階に東天紅があります。

中へ入ると、すっかり本格中華レストランという落ち着いた雰囲気でした。スタッフの皆様もすごく親切かつ素敵な対応で、とても気持ちが良かったです。

スープやメインなどそれぞれを、いくつかの中から自分の好みの料理を選んでいくコースを注文しました。3,000円くらいのコースでしたがどの料理も美味しく、長男や次男に奪い取られても、お腹いっぱいになるボリュームもありました。子供用のイスもちゃんとありますので、また行きたいと思います。

東天紅 深川店

Posted by shinya at 18:06 | TrackBack

2006年03月26日

ディズニーリズムオブワールド

今行われているイベント「ディズニーリズムオブワールド」を観たくてディズニーシーへ行ってきました。リズムオブワールドは「中央アメリカ」「アフリカ」「ヨーロッパ」「アジア」と4つのリズムとダンスが繰り広げられ、ゲストも参加して盛り上がるダンスもあるショーです。3年目にして今年で見納め。ちゃんと会場内で座って観たかったので1時間半並んで席をゲットしました。

いよいよショーがスタートし、ミッキー達が出てくると長男は食い入るように見つめていました。4つに分けられた文化のダンスはそれぞれ特徴的で、華やかだったり迫力があったりととても素敵でした。キャラクターたちもそれぞれの文化衣装を着て登場しますが、キャラクターショーという感じではなく本格的なダンスショーを観ている感じでとても良かったです。

ゲストも一緒にダンスできる時間になると座っていた客も総立ちになり一緒に踊ります。盛り上がりは最高潮になりミッキーやミニー達が会場中を走り回ってダンス。これが思ったよりもとても楽しくて、子供達だけでなく私達大人も思いきり楽しんでしまいました。長男は終わったあと何度も「たのしかった!」と言っていましたし、帰り道はリズムオブワールドの曲を繰り返し歌いながら帰るほどハマったようです。今年で終わってしまうのがちょっと残念だなぁと思いました。

ディズニーリズムオブワールド

Posted by kyoko at 17:07 | TrackBack

2006年03月27日

子供英会話 NOVA KIDS(ノバキッズ)

プール教室を怖がってしまって断念しそうな息子が、近々英語教室の体験レッスンに参加するということで、近くの子供英語教室の情報を集めてみました。

まずは、子供英会話のNOVA KIDS(ノバキッズ)です。門前仲町の駅前にあるので、通学には便利そう。まだWEBでしか情報を得ていませんが、通学候補の一つです。

NOVA:駅前留学 門前仲町校[英会話・こども英会話スクールなど]
東京都江東区門前仲町2-5-11 アカクラビル5F

NOVA: 子ども英会話スクール, [NOVA KIDS], レッスンの進み方

Posted by shinya at 23:37 | TrackBack

2006年03月28日

子供英会話 ジオス

門前仲町駅前にある英会話のジオスで、子供コースもあるようです。教室の情報はWEBに先生達の写真が掲載されていたりと豊富だったのですが、肝心の子供英会話コースの情報は少し少なめです。

英会話のジオスといえば、豊洲スーパービバホーム校で青い眼のきれいなお姉さん先生に声をかけられた時に、長男が固まっていたのを思い出します。

英会話&留学 ジオス 門前仲町校
東京都江東区富岡1丁目7-6 杉ビル5F
こども英会話 - 英会話&留学のジオス

Posted by shinya at 00:58 | TrackBack

2006年03月29日

子供英会話 ミネルヴァ

家から通うにはいちばん近そうなのがここ、子供英会話専門のミネルヴァです。大人向け英会話もある大手英会話と違って、子供専門ということで小さな子供を通わせるには何かと安心な感じがします。

長男は4月からは幼稚園にあがり生活環境も変わるので、英語教室に通うかどうかまだわかりませんが、アルファベッドもすっかり覚えてNHKの「えいごであそぼ」も楽しんで、実際にHotとかOpenとかCloseとか言っているので、体験レッスンに参加したら、意外に長男の方から行きたいと言うような気もします。どうなるでしょうか。


全国1,000教室以上(2005.2現在)で無料体験レッスン実施中! ― こども英会話のミネルヴァ ―

[江東区 門前仲町] こども英会話のミネルヴァ 門前仲町教室(東京都江東区)

Posted by shinya at 00:05 | TrackBack

2006年03月30日

1歳で突発性発疹

先日次男が突然高熱を出して、冷やしたり解熱剤を使ったりしても下がらなかったので病院に連れて行ったところ、風邪の症状もないのでもしかしたら突発性発疹かもしれないと言われました。念のため突発性以外の可能性を考えて尿検査をしたりしましたが、異常がなかったので処方薬もなく帰されました。それから数日、先生の所見通り突発性発疹だったようです。3日間きっちりと40度の熱が出て、下がったと思ったら出てきました。お腹一面と背中一面に赤い発疹です。

長男は遅めの1歳8ヶ月の時に突発性発疹をやりましたが、次男もちょっと遅めの発症でした。このままやらずに済むのかな~なんて思っていましたが、やはり避けられない道だったようです。0歳の赤ちゃんの時よりは体力がついてるので高熱にも耐えられて良かったと思うことにします。

高熱の間は食欲はあったものの、やはりずっとぐったりしていて心配しました。熱が下がったと思ったら「不機嫌」がやって来ました。これがかなり厄介で、機嫌が悪くてギャーギャー泣くので抱っこしてあげると抱っこも嫌がり、放っておくとギャーギャーがエスカレートし…の繰り返しです。熱が下がって発疹が出ると治ったという合図なので一安心なのですが、これからしばらくこのご機嫌ななめ君に付き合わなければいけないと思うとちょっと憂鬱です。

Posted by kyoko at 21:51 | TrackBack

2006年03月31日

ヤマハ英語教室無料体験

英語教室を色々調べて体験レッスンに行ってみたいと思ったのがヤマハの英語教室です。「音楽のヤマハ」だけあって、英語教室といえども歌や踊りがふんだんに取り込まれたレッスンらしく、一番長男に向いているかなと思ったのが第一印象。

ネットから申し込みをして、いよいよ今日が無料体験レッスンの日です。事前に「ヤマハの英語教室に行くよ」と長男に話していたので、大好きなABCが出来るとあって大張り切りで出かけました。受けるのは「リズムでえいご」という2~3歳向けのレッスンです。

迎えてくれたのは明るくてとても感じの良い女性の先生(ちなみに日本人)で、長男はとても嬉しそう。レッスンの前に少し説明があり、それから始まりました。きれいな英語を話す先生だったので私も聞き取りやすくて好印象。今日は体験なので日本語も多少混じりましたが、通常のレッスンは子供が分からなくても特別なことがない限り教室では英語オンリーだそうです。最初の説明で「レッスンの80%くらいは歌です」と言っていたとおり、とにかく踊りながら歌って楽しく英語を学びます。

歌の内容も「Clap-Stamp-Jump」「Tomato-Potato-Banana」など、韻をふんでいたりアクセントが一緒だったりととても覚えやすく、実際家に帰ってからも歌が頭を離れなくて長男とずっと口ずさんでいたほどです。英語をペラペラと話す先生の言うことが理解できなくても、ジェスチャー混じりに話してくれるので何となく分かるのか「うん、うん」と相づちを打っていたので少し安心しました。レッスン後の説明によると、英語をシャワーのように浴びせることに意義があるようで、最初は分からなくてもとにかく英語を聞かせる、英語に触れさせるのが目的のようです。

あっという間に体験レッスンは終わり、案の定「帰らない!」という長男をなだめて帰ってきました。家でも「またヤマハきょうしつ行くよ!」と繰り返していたので、本当に楽しかったようです。通わせてあげたいのは山々なのですが、自宅から少し遠いことと、開講時間と幼稚園の終了時間の関係もあって二の足を踏んでいるところです。

ヤマハ英語教室

Posted by kyoko at 16:58 | TrackBack