2006年05月01日

MSFシリーズ おさつをギュッ

アレルギーの次男が食べられるおやつは少ないのですが、今は市販でも5大アレルゲン除去のお菓子などが売られているので時々利用します。その1つがミヤコ株式会社のMSFシリーズのお菓子です。クッキー、せんべい、ゼリーなど多種多様。アレルゲンの使用不使用もパッケージで一目瞭然なので自分の子が食べられない食品をチェックして買うことが出来ます。

このMSFシリーズ、卵を使っていないボーロやポンせんべいなど離乳期から食べられるお菓子もあるので以前から知っていましたが、スーパーでの取り扱いはやはり少ないのが現状。それだけにアレルギー用お菓子のコーナーが充実しているスーパーを発見したときは嬉しくなってしまいました。色々ある中で次男のお気に入りは「おさつをギュッ」です。

この「おさつをギュッ」は半生タイプのスイートポテトです。原材料はサツマイモとてんさい糖とアルカリイオン水のみというシンプルさ。柔らかくてほんのり甘くて、私が食べても美味しいと思えるし、長男まで大好物。ものすごい勢いで食べ尽くす次男を見ていると、アレルギーでも美味しいと思えるお菓子があって良かったなぁとつくづく思います。

Posted by kyoko at 10:36 | TrackBack

2006年05月02日

初めての工作は鯉のぼり

今日は幼稚園でこどもの日のお祝いがありました。鯉のぼりを工作したようで、お迎えに行くと手に鯉のぼりを持って「つくったよ~!」と長男が出てきました。鯉の方はさすがに先生作という感じでしたが、吹き流しをクレヨンでカラフルに塗って、ハサミで切ってヒラヒラを作るという作業をやったようです。

初めての工作が余程楽しかったらしく、いつもは幼稚園での様子をあまり話してくれない長男も「これはね、ふきながしっていうんだよ」「ハサミでチョキチョキやってさぁ~」「色ぬったんだよ、きれいでしょ」などと饒舌でした。

なんか幼稚園っぽいなぁ~と私も感慨深くなって、初めての工作を「上手だね~」とベタ褒め。気をよくした長男はこれから出かける旅行に「もっていく!」と張り切っていました。

Posted by kyoko at 12:46 | TrackBack

網元の宿ろくや

今日は午後から1泊で房総旅行に出かけます。ジイジとバアバ、私の姉、帰省中で東京に戻ってきている妹と途中で合流して、宿泊する「網元の宿ろくや」を目指しました。以前TVで見て食事が豪華で行ってみたいと思っていた宿で、GW中でも運良く予約が取れたので念願叶って宿泊します。

宿に着いてフロントで受付をしたら、女性限定のサービスで浴衣を選びます。私はこういうのは初めてだったので嬉しくてあれこれ迷ってしまいました。浴衣なんてあればいいなんて思っていましたが、やっぱり旅館柄じゃない浴衣って嬉しいものですね。

早めに着いたので夕食まで部屋でくつろいだり(正確にはワイワイやったりですが…)、お風呂に入ったりして過ごしました。お風呂は岩井湯元温泉で、普通の男湯女湯の他に貸し切り風呂が2つあります。女湯は洗い場が4つと狭めですが、男湯はその倍くらい広いそうです。貸し切り風呂は予約制ではなく先着順なので、空いていれば入れるといった具合です。お湯は柔らかくて、いつまでもポカポカと温まりました。

子供達も持参した甚平を着て部屋で大はしゃぎ。久々に家族揃って楽しいひとときを過ごしました。

Posted by kyoko at 16:06 | TrackBack

ろくやの豪華夕食

今回は「アワビ&伊勢海老&舟盛り付き 豪快グルメプラン」という豪華な宿泊プランを選びました。内房の海の幸をたらふく食べようと目論んでの選択でしたが、ろくやにして大正解です。

夕食をしたのは、落ち着いた居酒屋さんのような雰囲気の食事処でした。席についてまずびっくりさせてくれたのは、アワビの陶板焼きです。蓋を開けてみると生き生きしたアワビが一人に一つついていて、蓋に吸い付いて離れないアワビもあったほどです。蒸し焼きされたアワビはとっても柔らかく、長男次男も争って食べたほどでした。このアワビは身だけでなく、キモも絶品です。

続いてのびっくりは舟盛りです。ホームページには70cm級の舟盛りと記載がありましたが、ヒラメとホウボウの活き造りが乗った舟盛りは、それ以上に大きく見えました。この他にイサキ、タコ、イカ、金目鯛、目鯛、真鯛、その他に覚えきれない地魚が数種類、さらにアジが2匹と、見た目も豪華で味も抜群の刺身をたくさん食べることができました。さすが網元という内容です。

舟盛りの次は、伊勢エビです。ヒゲがピクピク動いている伊勢エビは、「さっきまで泳いでいました」というのを伝えるのに十分なくらい、活きが良かったです。身もプリップリで甘くて、久しぶりの伊勢エビを堪能させてもらいました。伊勢エビは二人で一匹で、あまり大きなものではありませんでしたが、他の料理を食べることを考えるとちょうど良いくらいかもしれません。ところで、実は千葉県は伊勢エビの漁獲高ナンバーワンらしいですね。千葉県が一位で三重県は二位ということです。

後半にさしかかっても、びっくり料理はまだまだ続きました。大人の頭より大きいマグロのかま焼きです。大きなオーブンで1~2時間ほどかけてじっくりと焼き上げるそうで、身がホックホクになっていました。この他では、金目鯛の煮物、鍋に焼いた石を入れて作る石焼き鍋、〆のとろろご飯など、まさに豪華な夕食を堪能しました。温泉に入って、美味しい料理をいただきながら生ビールにお酒と、最高の旅です。

今回食べたのはとても豪華な食事でしたが、さすがに網元だけあって値段はそれほどでもなく、ゴールデンウィーク真っ直中にも関わらず15,800円です。通常の平日は13,800円ですから、料理の内容を考えるとリーズナブルに感じますね。是非また泊まりたい宿です。

Posted by shinya at 18:58 | TrackBack

2006年05月03日

岩井海岸

朝の7時くらいに、みんなで宿から歩いてほんの数分の岩井海岸に散歩にいきました。長男もかなり久しぶり、次男は初めて歩いた砂浜です。空気がきれいな晴れの日だったので、東京湾越しに富士山がくっきりと見えて、とても爽快な朝でした。

長男も次男も、寄せては帰すは波に、声を上げながら楽しんでいました。特に次男は波打ち際に怖がることも無く、ほうっておくとドンドン波に向かって歩いていきます。砂浜散歩をしてお腹を空かせてきたので、この後の朝食がさらに美味しく感じました。

Posted by shinya at 07:41 | TrackBack

館山でイチゴ狩り

宿を後にしてドライブ途中に寄ったのが館山いちご狩りセンターです。長男も次男もフルーツ大王で、特にイチゴは大大好物。イチゴをたらふく食べられる至福の時を過ごしてもらおうと思います。

ビニールハウスに行くと甘~い香りが漂っていました。甘いのは匂いだけでなく味も濃厚で激甘!とっても美味しいイチゴを食べることが出来ました。長男は自分で赤いのを選んでは摘んでパクッ。幸せそうな顔を浮かべながらイチゴをむさぼりついていました。次男はまだ自分で摘むことが出来ないので、大人にヘタを取ってもらってパクッ。口にイチゴがなくなると「あ~!」と言って催促し、終始嬉しそうに口をモゴモゴさせていました。

このビニールハウスでは2種類の品種を植えていて、細長い形の章姫(あきひめ)というイチゴと、もう1種類が何か分かりませんでしたが、大きくて甘い実を付けるイチゴを堪能しました。長男も次男も口やTシャツを真っ赤にしてお腹いっぱい食べました。

ごちそうさま、とビニールハウスを出ると受付にいたおばさんが「ザリガニがいるんだよ」と側溝を指さします。そこには大きいのや生まれたばかりのザリガニが沢山いました。自然児ダンナの腕の見せ所、素手でザリガニをひょいと捕まえると長男に持ってみろと言います。最初は怖がって渋っていた長男も、「ここを持つんだよ」と教えられると、最後にはザリガニを持つことが出来ました。ちなみに、次男も興味津々で手を伸ばしましたが、指をハサミで挟まれて泣いて終わりました。イチゴ狩りも良い体験だったと思いますが、帰りに思いがけず貴重な体験までさせてもらいました。

館山いちご狩りセンター

Posted by kyoko at 11:30 | TrackBack

沖ノ島で磯遊び

とても天気が良い日だったので、フリーペーパーに書いてあった地元で人気のパン屋さん「モンフルニエ」でパンを買い込み、館山駅から車で数分の沖ノ島へ出かけました。沖ノ島は一周約1キロの小さな島で、夏は海水浴場となる砂浜で房総半島側と陸続きになっています。小さな子供達と一緒なのであまり歩かなくて済むように島の一番手前にシートを広げ、買ったサンドイッチなどを食べてちょっとしたピクニック気分を楽しみました。

腹ごしらえをした後は、磯遊びです。ちょうど干潮のタイミングだったので、岩場にプールのような水たまりがたくさん残されていました。小さな魚やカニ、ヤドカリなどがたくさんいたので、長男と僕とジイジとで網ですくうと、うまくすれば小さな魚がドサッととれました。そんなに時間も経たずに、バケツの中は生き物でいっぱいになりました。

しばらく遊んでいましたが、風が強くなってきたので、最後にバケツの中の生き物を海に返して沖ノ島を後にしました。

Posted by shinya at 15:08 | TrackBack

ザフィッシュ

帰りにお土産を買おうと立ち寄ったのが、金谷フェリー港に隣接したショッピング施設の「ザ・フィッシュ」です。房総のお土産はここで全て揃ってしまうのではないかというほど海産物・地場産品などのお土産が売られています。びわや落花生、菜の花…房総は美味しいものが沢山あるので迷ってしまいます。

ほとんどの商品に試食がちゃんとあって、自分の舌で確かめてから買えるのがポイントだと思います。夕飯前だというのに色んな商品を味見しまくって、美味しいものをお土産に選びました。

金谷ザ・フィッシュ

Posted by kyoko at 17:03 | TrackBack

回転寿司 船主(ふなおさ)

房総旅行の〆は、内房の地魚をお寿司でいただける回転寿司の船主(ふなおさ)です。でかける前に調べていったところなのですが、噂通りに美味しくてリーズナブルなお寿司をいただくことができました。

特に地魚は、種類も豊富で活きが良さそうなネタが揃っていました。中でも、あぶりでいただいた写真の太刀魚は抜群です。館山道の全線開通まであともう少しですが、開通したら益々アクセスしやすくなります。また、行ってみたいお寿司やさんです。

回転寿司 船主(ふなおさ)

Posted by shinya at 17:59 | TrackBack

2006年05月04日

錦糸町オリナス

先日混んでて断念した錦糸町の「olinas(オリナス)」に行ってきました。今日は駐車場にすんなり入れたので空いてるのかと思いきや、ものすごい混雑ぶり。着いたのがちょうどお昼時だったせいもあってどのレストランも長蛇の列。フードコートも全く座れる気配がなく、お腹を空かせていた息子達が発狂しそうだったので、来て早々ですが帰ろうかと思ったほどです。

席の空き待ちをして、何とか座れたのでフードコートで昼食。その後、さあ買い物するぞ~!と意気込んで歩き始めたはいいのですが、とにかくすごい人でお店の中にベビーカーは入れそうもないし、長男は「つかれた~足いたい~だっこ~」とダンナにしがみついて離れないし。これじゃちっともゆっくり買い物できない!と諦めムードになり、結局ほとんど何も買わずに帰ってきました。

入れなかったお店がほとんどなので、もうちょっと人が遠のいた頃にまた行ってみたいと思います。

オリナス

Posted by kyoko at 14:09 | TrackBack

2006年05月05日

めばえの付録おかいものあそび

以前買ってあげた「幼稚園増刊もうすぐようちえん」で付録付き雑誌の面白さに味を占めた長男、本屋に行くと「これかって」と強請るようになってしまいました。今日はダンナが一緒だったので「じゃあ父ちゃんがいいって言ったらね」と長男に言うと、父ちゃんに「買って」攻撃。押しに負けた父ちゃんが買ってくれました。

付録付き雑誌は沢山ありますが、長男は雑誌の表紙にある「おかいものあそび」という文字に一目惚れしたようで、「これにする!」と決めたのが「めばえ」です。さっそく帰って付録を作らされ、遊び始めました。お店シートにレジや商品を配置、買い物カゴに商品を入れていって、最後に商品をバーコードリーダーで読みとります。お金を払ってレシートをもらってお終い。長男はこれにハマってしまったようで、何度も繰り返し繰り返し遊んでいました。

めばえ
→[Amazon] めばえ 2006年6月号

Posted by kyoko at 18:11 | TrackBack

2006年05月06日

ポルト パラディーゾ ウォーターカーニバル エテールノ

今回のゴールデンウィークで終わってしまうという東京ディズニーシーのショー「ポルト パラディーゾ ウォーターカーニバル エテールノ」を観に行ってきました。相当混んでいることを覚悟して行ったのですが、電車に乗ってお昼前くらいに着いてディズニーシーに着くと、なぜだか空いていました。子供の日の次の日で、穴場だったかもしれませんね。

14:30からお昼のショーが始まるのですが、パーク内は人が空いていてもさすがにショーの場所とりは、お昼前というのに混雑していました。今回のお目当てはこの「ポルト パラディーゾ ウォーターカーニバル エテールノ」なので、座っていられて子供達も動き回れるところを探して待つことにしました。25分を見るのに2時間も待つのも大変ですが、ゆっくりランチを食べたり子供達と遊んだりしていると、楽しく時間が過ぎるようです。

ショーが始まると、意外にも次男が食いついているのに驚きました。リズムに合わせて体を揺らしたり、ダンサーの手の動きを真似てなんとか手や体を動かしています。ショーの時間が約25分と長丁場なので飽きてしまわないと心配していたのですが、長男も次男もノリノリで楽しんであっという間に時間が過ぎてしまいました。

天気は良かったのですが風が強く、楽しみにしていたカイト(凧)などは見られませんでした。でも、最前列でじっくりとショーを堪能することができました。夜の部も見てみたかったのですが、寒くなってきたので夕方前には引き上げてきました。

Posted by shinya at 14:35 | TrackBack

2006年05月07日

ナショナルのホームベーカリー

ついに念願のホームベーカリーを買ってもらいました!

パンが大好きで手作りパンを焼いたりもしましたが、子育てをしているとどうしてもパン作りの時間が取れないので、ずっと欲しいなぁと思っていたホームベーカリー。憧れはあったものの思い切れず今まで二の足を踏んでいましたが、アレルギー持ちの次男がパン大好きで、市販のパンはフランスパンくらいしか食べられなくて可哀想だからと、ダンナが買ってもいいよと言ってくれました。これで気軽に卵と牛乳除去のパンを焼いてあげられます。

買ったのはナショナルのホームベーカリー。いくつかのメーカーを比べて、イーストが後投入でふんわりと焼けるナショナルに決めました。ナッツやレーズン類も後投入なので砕けないで焼くことが出来ます。買った機種はデニッシュパンなどを焼く新機能もついています。

まずはどんなものか試してみたくて普通の食パンを焼きましたが、やっぱり焼きたては格別の味。ふわっふわで美味しいパンは1斤あっという間になくなりました。次の日は次男も食べられるようにフランス食パンに挑戦。外側はパリッと、中はフワッとした美味しいパンが焼けました。次男はもちろん大喜びでパクついていました。

前の晩に材料をセットするだけで翌朝には美味しいパンが焼き上がっている、何て素晴らしい!!毎朝の朝食が楽しみになりました。パンだけでなくこれでケーキやパスタなども作れるので、どんどん活用したいと思います。

→[楽天] ナショナル自動ホームベーカリー SD-BT113 1斤タイプ

Posted by kyoko at 10:02 | TrackBack

2006年05月08日

女の子大好き!

今までお友達といえば男の子ばかりで、あまり女の子と遊ぶ機会がなかった長男。幼稚園に入ってから女の子のお友達が出来たことが嬉しいようです。

幼稚園のことを聞くと、出てくるお友達の名前は「○○ちゃん」とか「△△ちゃん」とか、女の子ばっかり。「女の子の名前ばかりだね~」と長男にふざけて言ってみたら、返ってきた答えは「だって、女の子だーいすきなんだもん!」

思わず目が点になってしまいました。今から女好き~?と先の心配までしたりして。入園前に「女の子にはとにかく優しく優しくするのよ」と長男に話しましたが、それが実践できているか、しつこくしてないかなどと気になってしまいました。

Posted by kyoko at 14:16 | TrackBack

2006年05月09日

妊婦が席を譲ってもらった相手は、女性67%、男性26%

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <妊婦>席を譲ってもらった相手は…女性67%、男性26%

ベビー用品メーカーのコンビが、妊娠中の女性に「電車で席を譲ってもらった経験」をアンケート調査した。譲ってもらった相手の性別は女性67%、男性26%で、男女差のあることが分かった。

「経験者はわかる」とか、男性だとまったく経験の無いことだけに「気づきにくい」ということも影響しているのでしょうかね。

初めて譲ってもらった時の月齢は、7カ月が25%で最も多く5カ月以上が85%。担当者は「やはり、おなかが目立つと譲り始められる。男性は、自分が妊娠しない分、気付きにくいのでは」と分析。「しかし、おなかの目立たない妊娠初期の方が体はつらい。厚生労働省が発表したマタニティマークの普及など、環境の整備が待たれる」としている。

ウチの奥さんもそうでしたが、どこからどうみても妊婦にはなかなか見えない初期の頃が一番辛そうでした。外見的にわからないことはもちろん、譲る側も「間違えていたら失礼」などということもありそうで、かなり難しそうな問題です。マタニティーマークも、街中ではみかけた記憶がほとんど無いので・・・

Posted by shinya at 01:01 | TrackBack

2006年05月10日

長男お気に入りの音楽

最近、ミュージックステーションなどの歌番組を見るようになった長男ですが、好みの音楽や女性ボーカリストができてきました。女ばっかりというのが長男らしいところです。ベストファイブはこちらの5人5曲で、録画したものを何度も何度もリプレイさせられています。

キーが高いところは裏声で歌っているので、それを聞いていると笑ってしまいます。

七色の明日~brand new beat~/Your Color
BoA MIZUE Daisuke“D.I”Imai Chikara“Ricky”Hazama Satomi h-wonder
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2006/04/05)
フレンジャー
フレンジャー
posted with amazlet on 06.05.16
大塚愛 愛 Ikoman
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2006/04/12)
気分上々↑↑
気分上々↑↑
posted with amazlet on 06.05.16
mihimaru GT hiroko mitsuyuki miyake Genki Hibino
ユニバーサルJ (2006/05/03)
WIND (5万枚限定生産盤)
WIND (5万枚限定生産盤)
posted with amazlet on 06.05.16
倖田來未 Koda Kumi Kosuke Morimoto h-wonder
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2006/02/15)
恋のダウンロード
恋のダウンロード
posted with amazlet on 06.05.16
仲間由紀恵 with ダウンローズ 松尾潔 Maestro-T
ERJ (2006/03/15)
Posted by shinya at 23:07 | TrackBack

2006年05月11日

次男お気に入りの音楽

女性ボーカリストが好きな長男と違って、次男はゴスペラッツがお気に入りです。他の曲ではあまり反応を見せないのですが、この曲がかかると体を動かして笑顔で踊っています。小さい頃でも音楽の好みってあるものなんですね。

ゴスペラッツ
ゴスペラッツ
posted with amazlet on 06.05.16
ゴスペラッツ 湯川れい子 清水信之 井上鑑 竹内まりや 松元晃彦 松本隆 伊藤アキラ 村松邦男
ERJ (2006/04/19)
Posted by shinya at 00:16 | TrackBack

家庭訪問

今日は幼稚園の担任の先生が家庭訪問に来ました。家庭訪問なんて、すっかり私も園児の母だなぁ…なんて実感してしまいます。今日は朝からいつもよりも念入りに部屋を掃除して、ホームベーカリーでケーキを焼いて準備しました。

「今日は先生がお家に来るからね」というと長男はすっかり遊びに来るものだと勘違いして、「せんせい来たらブロックであそぼう」などと言って準備していました。いやいや、そうじゃなくて…と思って「お話しに来るんだよ」と言うと、「じゃあ、女の子だいすきって言おう」と話す内容を決めていました。いやいや、そうでもなくて…。

先生が来るとそれまで興奮状態だった長男は急にしおらしくなり、やけに恥ずかしがっています。幼稚園でも先生に対してはこんな感じなのかな?と思いました。まさに「家庭訪問」らしく、幼稚園での様子などを先生が話してくれました。ちょっと驚いたのが、お友達に関しては「平和主義」の長男ですが、幼稚園ではちょっとしたケンカも時々しているそうです。あまり大きな怪我がないならケンカも成長する過程だと思うので、入園1ヶ月にしてもう貴重な体験を沢山しているんだな~と思いました。入園当初はガチガチで表情も硬かったそうですが、今は笑顔もたくさん見られるので安心していますと言われ、こちらもホッとしました。

あっという間に時間が過ぎ、先生が帰っていきました。当たり前ですが家庭訪問は時間が決められているので、ゆっくりと話が出来ないのが残念です。長男はあまり幼稚園のことを話してくれないので、先生に幼稚園での様子をもっとたくさん聞きたかったなぁ…と思いました。

Posted by kyoko at 16:50 | TrackBack

2006年05月12日

ヤマハ英語教室入会

以前体験レッスンに行ったヤマハ英語教室。自宅から遠いことと、降園時間と開講時間の間隔があまりなく開講時間までに着けるか微妙だったので二の足を踏んでいましたが、レッスンは楽しいし、何より長男が行く気満々だったので前向きに検討して、何とかギリギリ間に合いそうということで頑張って通うことにしました。

今日がレッスン第1回目。初回なので受付で教材一式を受け取りました。内容はオリジナルキャラクターの「ホッピー」パペット人形や本やCDなどで、ホッピー人形は毎回のレッスンで使うそうです。いよいよレッスンが始まり、歌ったり踊ったり、先生の動きを見よう見まねして長男はとっても楽しそうに体を動かしていました。驚いたのが、次男まで一緒に真似しようと体を動かしています。レッスンの邪魔にならないように次男を監視しつつ、私も長男と一緒にレッスンを楽しみました。

帰り際、「またヤマハいこうね!」とやる気満々の長男。心から楽しんでいる長男を見ていると私も楽しいし嬉しいので、英語が話せるようになるまで!とか気合いを入れず、「楽しいレッスン」を受けに通わせてみようと思います。

ヤマハ英語教室

Posted by kyoko at 18:42 | TrackBack

2006年05月13日

母の日の絵

昨日、幼稚園で描いた母の日の「お母さんの絵」をプレゼントしてくれました。今までは母の日といっても自分に向けられた記念日という感じがしなくてピンと来ませんでしたが、初めて子供から「母の日のプレゼント」をもらって、改めて「私って母なんだなぁ」と思いました。

長男が初めて描いてくれた私の顔は…鼻が真っ黒でした。「髪が長い」くらいしか特徴を捉えていなかったけれど、3歳の絵にしては上出来。私の顔を思い浮かべながら一生懸命描いてくれたんだと思うと、本当に嬉しく思いました。「なんか俺も嬉しい」とダンナ、自分が父の日にもらったら泣いてしまうのではないでしょうか。

Posted by kyoko at 08:29 | TrackBack

2006年05月14日

母の日のカーネーション

ダンナと子供達から、初めてカーネーションをもらいました。カーネーションの色は色々ある中から長男が選んだそうです。深い紫!渋いですねぇ。

今年の母の日は長男から絵をプレゼントされたり、食事に連れて行ってもらったり、しっかりお祝いされてしまいました。もともと私の実家ではいつの頃からか母の日(&父の日)は省略して誕生日の方を豪華にやっていたので、母の日の習慣がなかったんです。そんなこともあり、母の日はなんか照れくさいですが、やっぱり嬉しいものですね。定番のカーネーションも私には新鮮で嬉しかったです。

Posted by kyoko at 22:34 | TrackBack

2006年05月15日

コストコのドーナツ

昨日久しぶりにコストコに行きましたが、前から気になっていたドーナツを思い切って買ってきました。

なぜ思い切ったかというと、1ケース16個入りだからです。でもお値段609円!安いですね~。以前雑誌で「コストコのドーナツは美味しい」と見たことがあって、どうしても食べてみたかったので、「誰がこんなに食うんだ?」というダンナのつっこみを無視して買ってしまいました。

ちょうど売り場に新しく並べられた箱を取ると、温かい!どうやら出来たてのようです。これに惹かれて、お会計を済ませてからすぐに開けて長男と1つ試食しました。まだ温かくてフカフカのドーナツはとっても美味しかったです。

残念だったのは、家に帰ってから食べたドーナツがベチョっとしてしまったこと。出来たての美味しいのを食べてしまったから尚更です。時間や日にちが経つとちょっとキビシイ。出来たてのを買ってすぐに大人数で一気に食べるのが一番美味しく食べるコツだなと思いました。そんなシチュエーションあり得ないけど…。

Posted by kyoko at 16:28 | TrackBack

2006年05月16日

結婚するそうです

女の子大好き発言が飛び出したりと、幼稚園生活を謳歌している様子の長男、とうとう好きな女の子が出来たようです。

最初はBちゃんと揺れ動いていたようでしたが、Bちゃんと何かあったのか、ある日を境にすっかり「Aちゃん派」になったようで、毎日のようにAちゃんの話をしてくれます。今ではAちゃん熱が高まりすぎて「Aちゃん大好き」だけにとどまらず、「Aちゃんと結婚する!」とまでと言いだしているのです。

またそのうち違う名前でも出てくるんじゃないかという私の予想に反して、毎日のように「Aちゃんが好き」「Aちゃんと結婚する」を繰り返す長男。けっこう一途なんでしょうか。

「Aちゃんと結婚するのはいいけど、Aちゃんも結婚するって言っているの?」と長男に聞くと、「うん!“ありがとう”って言ったよ」と。…長男の話がどこまで本当かは分かりませんが、Aちゃんの返事も「ありがとう(嬉しいわ!)」なのか「ありがとう(でも結構よ)」なのか分からない、微妙な答えだなぁと思わず笑ってしまいました。幼稚園児になって急におませになった長男ですが、Aちゃんとの恋(?)は叶うのでしょうか。しつこくして嫌われないといいのですが…。

Posted by kyoko at 23:43 | TrackBack

2006年05月17日

お麩のトロトロ煮

先日外食した時に食べた「お麩のトロトロ煮」が美味しくて、長男も次男も美味しそうによく食べていたので、真似出来ないかなぁと試しに作ってみました。けっこう近い味に仕上がって満足。

■材料■
麩(15g)・砂糖(大1)・しょう油(大1)・みりん(大1)・酒(大1)・白だし(大1)(なければ粉末ダシ1ふり)・塩(少々)・ごま油(小1)

■作り方■
(1)鍋にお麩と水を入れ、火にかける
(2)沸騰したらお麩がかぶる位まで水を足し、調味料全て入れてコトコト弱火で煮る
(3)お麩がトロトロに煮えたら出来上がり

このままでももちろん、うどんとかにトッピングしても美味しいかも。超簡単副菜で次男も食べられるのが大ポイントなので、食卓に度々登場しそうです。

Posted by kyoko at 19:59 | TrackBack

2006年05月18日

クラス全員の名前を覚えた

記憶力が抜群の長男ですが、既に幼稚園のクラス全員の名前を覚えているようです。

今日、クラスのお母さん達が集まって親睦会があったのですが、まだ顔や名前や親子関係が一致しない私は、家に帰ってから連絡網を見ながら「あのお母さんの子は○○君で、弟は△△君…」などと復習していました。そこへ長男がやってきて「○○くんの上のお名前は□□だよ」と教えてくれました。

へぇ、と思って「じゃあ××君の上のお名前は?」と質問してみると、正解。何人か聞いてみて見事に言い当てたので、名前の漢字が読めない子がいるしと思って、連絡網の名前に振り仮名をふろうと端から順番に長男に「○○さんの下のお名前は?」と聞いていきました。結局クラス40人くらいの全ての子の名前をフルネームで、時にはご丁寧にニックネームまで教えてくれました。

相変わらずすごい能力だなぁと感心しつつ、私も長男に負けないように早く名前と顔を一致させて、長男が幼稚園の出来事を話してくれるときに顔が浮かぶようになりたいなと思います。

Posted by kyoko at 15:48 | Comments (2) | TrackBack

2006年05月19日

ビジネス系出版社の育児雑誌

探し物をしていて見つけたのですが、Child Research Net(チャイルドリサーチネット)というところのファミリー雑誌を手にとる父親という記事で、お父さん向け育児雑誌があるのを知りました。

ビジネス系の雑誌でメジャーな、日経の「日経Kids+(キッズプラス)」とPRESIDENTの「プレジデント Family」です。時代を感じます。

まだ見たことが無いのですが、是非読んでみたいと思います。

Posted by shinya at 23:02 | Comments (1) | TrackBack

2006年05月20日

ハーフマラソン 富士・箱根ふれあいスポーツフェスタ

3月のフルマラソン挑戦→なんとか完走から、早2ヶ月。今回は芦ノ湖まで遠征して、ハーフマラソン出走にチャレンジです。雨が続いていたので開催を心配していたのですが、東京はなんとか小雨になっていましたし宿も予約してしまっていたので、家族揃って早起きして東名高速を西に向かいました。ところが、御殿場の出口近くになると雨が激しくなって霧まで出てきてしまいました。

もしやと思って携帯から開催可否をチェックしてもらうと、何と大会中止です。雨と霧が立ちこめる箱根に朝っぱらから到着してしまい、しばし呆然としてしまいました。

2006 富士・箱根ふれあいスポーツフェスタ

Posted by shinya at 08:21 | TrackBack

箱根小涌園ユネッサン

マラソン大会中止から気持ちを切り替え、箱根を楽しんでしまおうということになりました。レースに参加すると箱根小涌園ユネッサンのチケットがもらえたので、レース終了後にみんなで来ようと思っていたのですが、朝一番で箱根小涌園ユネッサンの駐車場に到着です。すると、僕と同じようにマラソン走る気まんまんみたいな格好の人たちがたくさん来ていました。

水着でプールやお風呂を楽しむという箱根小涌園ユネッサンですが、施設の種類もすごく多くて長男次男もきゃあきゃあ言いながら楽しんでいました。室内のプールから屋外のお風呂まで、まるまる3時間は遊んだでしょうか。

おみやげ売り場も充実していましたし、裸で入る温泉ゾーンや各種レストラン、B&B、カジュアル、リゾートといった3種類のホテルもあるので、箱根の観光拠点+スパリゾートとしてのんびりできそうに思いました。

箱根小涌園ユネッサン

Posted by shinya at 10:01 | TrackBack

とり料理のよし鳥(よしちょう)


ユネッサンの敷地内にある国登録有形文化財建造物の迎賓館、ここに美味しい地鶏を食べさせてくれる「よし鳥(よしちょう)」というお店が入っています。おそばが美味しそうなので食べたかったのですが、ちょうど私達の前で品切れ。ガッカリしながら、とろろご膳とチキン南蛮ご膳を頼みました。

ここの地鶏はとっても柔らかくて驚きました。思わず美味しいを連発してしまいます。ランチのメニューはご膳が数種類でしたが、夜は串焼きや鶏料理で地鶏を堪能できそうだったので、ぜひ夜にまた来たいと思いました。

料理も良かったですが、建物がまた素晴らしいです。趣があって、広い畳が居心地良く、ゆったりとくつろいでしまいそうな感じです。プールで大はしゃぎだった長男と次男が寝てしまったので、久々にダンナと2人でゆっくり食事ができました。

よし鳥

Posted by kyoko at 14:02 | TrackBack

渡辺ベーカリーの温泉シチューパン

ガイドブックに載っていた箱根宮ノ下の渡辺ベーカリー。今朝車で通りかかった時に、開店前なのに人が並んでいて何やら美味しい店の香りが漂っていたので、今夜の宿に行く前に寄ってみました。

くり抜かれたフランスパンにブラウンシチューが入った「温泉シチューパン」が有名とのこと。さっき食べたばかりでお腹いっぱいでしたが、出来たてが最高ということでしたので1つ注文してイートインしていくことにしました。フランスパンは外がカリッとしていて中の生地はふんわり。それに美味しい熱々シチューが合わさってまさに絶品!パンの器まで全部あっという間に4人で食べてしまいました。

この温泉シチューパンは早めに食べられるのであれば持ち帰りも出来るそうですが、絶対出来たてを食べるべきだと思いました。イートインスペースは椅子が8つと少ないですが、待ってでも食べる価値ありです。また機会があれば食べに来たいと思いました。

渡辺ベーカリー
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下343
0460-2-2127

Posted by kyoko at 16:55 | TrackBack

2006年05月21日

箱根強羅散策

昨日の濃霧&雨から一転、今日は気持ちいいほどの快晴です。せっかくなので強羅を散策しようと、宿に車を置かせてもらってブラリと散歩に出かけました。

強羅駅から箱根登山鉄道ケーブルカーに乗ります。すごく急な坂道駅だったので長男は「よいしょ、よいしょ」と言いながらケーブルカーに乗り込みました。長男は前夜から「電車に乗る」と楽しみにしていたのですが、けっこう混んでいたので景色を堪能できる席に行けなかったのが残念です。

強羅駅から2駅目、公園上駅で下車。つつじが最盛期という強羅公園を散歩することにしました。残念ながらつつじは枯れ始めていて終わりなのかな?という印象でしたが、坂とか階段満載のこの公園は長男のツボだったようで、浮かれて走り回っていました。園内はバリアフリーではなく、ベビーカーだと持ち上げる場面が多いので、次男もベビーカーから下りてお散歩。子供達が楽しそうだったので家族でのんびりと散歩もいいなぁと思いました。

強羅公園を出て、そのまま強羅駅まで歩いて降りました。坂道ばかりでしたが、歩いたのは全部下りだったので全く苦になりません。天気も良くてすがすがしい強羅散策でした。

箱根登山電車
箱根強羅公園

Posted by kyoko at 09:05 | TrackBack

芦ノ湖スカイライン

昨日ハーフマラソンで走るコースだった芦ノ湖スカイラインをドライブしました。芦ノ湖スカイラインは車専用道路なので、ここを走れるのは滅多にないチャンスだったのですが、残念です。

高低差のグラフは見ていたのでアップダウンがあるというのはわかっていたのですが、車はいいけど自分で走ったら相当にきつかっただろうなあ、と思わずにはいられない上り下りが続いていました。山道はしんどそうですね。

最後に箱根やすらぎの森というところに立ち寄り、何もない広い芝生の上を長男次男と一緒に走り回って遊びました。子供達はやっぱり車で走るより、自分で走る方が何倍も楽しそうです。

Posted by shinya at 14:23 | TrackBack

箱根の湯

僕はマラソン大会参加、奥さんと子供達はマラソン応援というつもりが、大会中止になったのですっかり普通の箱根旅行みたいになってしまいました。

最後は、箱根の日帰り温泉施設「箱根の湯」です。外側からは古くさいイメージが漂っていましたが、中の温泉は改築されたようできれいなところでした。僕と次男、奥さんと長男、という組み合わせで箱根の温泉を満喫です。いつもはあちこち散策してしまう次男ですが、着替えの時もお風呂に入ってからも、今日はやけにおりこうさんでした。いつもこうだと助かるのですが、次はどうなるでしょうか。

すごくやわらかくて、いいお湯でした。

箱根の湯

Posted by shinya at 17:25 | TrackBack

2006年05月22日

箱根笹とうふ かつまた

昨日「箱根笹とうふ かつまた」でお土産を買いました。店名の「笹とうふ」と見て笹味のするお豆腐なのか、笹に包んであるお豆腐なのか、などと色々予想してしまいましたが、お店に入ると普通のお豆腐が売っていました。ただ、種類がすごい。普通の木綿豆腐、絹豆腐の他に、寄せ豆腐、胡麻豆腐、わさび豆腐、ウニ豆腐、カニ豆腐、がんも、スモーク豆腐…とどれにしようか迷ってしまうほどのラインナップでした。あれこれ迷って買ったのは木綿豆腐と、寄せ豆腐、厚揚げ、おから煮です。

今夜の夕飯はこのお土産で豆腐尽くし。お豆腐が濃厚でしっかりしていてとても美味しかったです。そんな中でもおからが最高。生姜が効いていて、ご飯がすすんでしまいました。

箱根笹とうふ かつまた

Posted by kyoko at 20:26 | TrackBack

2006年05月23日

手で食べる

そろそろ次男も自分でご飯を食べる時期になったので、手づかみで食べられるようにメニューを工夫しています。手づかみで食べられる代表的なものは、やはり海苔巻きでしょうか。海苔を小さく切ってご飯を巻いてお皿に並べていってあげると、目にも止まらぬ早さで食べていきます。「ちゃんとカミカミするのよ~」という私の言葉も聞こえないくらいあっという間に食べ尽くしてしまうので、いつも海苔を巻いている私の方が間に合わなくて催促されます。

今日のお昼はおにぎりを作りましたが、次男に食べさせようとすると「自分で食べたい」とジェスチャーされました。散らかるのを覚悟で渡してあげると、意外に上手に食べています。へぇ~これなら海苔巻きじゃなくても大丈夫かも…と思っていたのも束の間、海苔がはがれてきて辺り一面ご飯粒だらけになってしまいました。それでも次男は一生懸命食べようとするので、どうなってもいいやと開き直って最後までやらせてしまいました。

食後の掃除は大変でしたが、次男は自分で食べたという満足感でいっぱいだったので、今度は下にシートでも敷いて思う存分食べてもらおうと思います。

Posted by kyoko at 13:13 | TrackBack

2006年05月24日

卵と油不使用のマヨネーズ

先日、スーパーで買い物をしていたら画期的なものを発見してしまいました。それがリケンの油と卵を使用しないマヨネーズタイプ調味料「ノンオイル」です。

もともとは生活習慣病の人などが使えるようなノンコレステロールの製品だと思いますが、卵を使用しないマヨネーズだったら次男にも使えるのではないか!と即買いして帰ってきました。家で原材料を見直してみると「乳加工品」が使われていたので、残念ながら牛乳もダメな次男は使えなかったのですが、今はアレルギーに考慮した食品も沢山出ているんだなぁと感心してしまいました。

次男は今の湿疹が良くなったら牛乳を少しずつ試そうかという段階まできているので、解禁したら使ってみたいと思います。

ノンオイル(マヨネーズタイプ)

Posted by kyoko at 01:16 | TrackBack

2006年05月26日

お弁当参観

今日は幼稚園の保育参観で、お弁当の様子を見る「お弁当参観」がありました。初めて長男の幼稚園の様子を見ることが出来ると思って楽しみに出かけました。

お弁当の歌から始まって、「いただきます」のご挨拶。そして食事。お母さん達が周りから我が子を撮ろうとビデオを構える中、子供達は緊張したり、照れたりという表情を浮かべながらお弁当を食べ始めました。長男はと言うと、四方八方からビデオが向けられ、いつもと違う雰囲気とお母さん達の迫力に困惑してキョロキョロするばかりで全くお弁当に手を付けません。あくまでも参観なので私が口を出すのもおかしいと思って黙って見ていましたが、お友達がお弁当を半分近く食べ終えているというのに、長男はお茶をちょっと飲んだだけ。先生もいつも以上に子供達をフォローしなければならず忙しそうで長男に目が届かなかったので、仕方なく1度だけ「どうしたの、食べていいんだよ」と声をかけました。それでも固まってしまっていてなかなか食べられない長男。結局お弁当をほとんど食べられずに「ごちそうさま」のご挨拶になってしまいました。

お弁当を先に食べ終わった子はちゃんと座って他の子を待ったり、自分の意志でトイレにちゃんと行ったりと、入園当時は泣き声しか聞こえなかったクラスもたった2ヶ月で変わるものだなぁと感心しました。今日は固まっていましたが、少しは幼稚園生の長男を見ることが出来たので嬉しかったです。

Posted by kyoko at 12:05 | TrackBack

2006年05月27日

劇団四季キャッツ観劇

今日は、長男が生まれて初めて観客席でミュージカルを観劇しました。親子3人で2階の一番隅っこの席での観劇です。ちなみに、次男は劇団四季の託児サービスを活用して、公演中は預かってもらっています。

これまでにも、ガラスで囲われた親子観劇室には何度か行ったことはあったのですが、じっとして静かに見ていられたことはなかったので、ちょっとドキドキです。でも、キャッツは最初から最後までほぼ音楽とダンスですし、CDを何度も聞いたりブロードウェー版キャッツのDVDを見たりしていて、長男が好きな曲も多いので、何とかなるかなあという期待半分不安半分での観劇となりました。

五反田のキャッツシアターに入ると、そこはもうネコの世界になっていて大きなガラクタ(人間がネコを演じているため)が所狭しと並んでいます。長男も「うわあ~すごいねえ~」などと声をあげながら、自分たちの席につきました。

「始まったらシーだよ」「好きな曲でも声を出しちゃダメだよ」「休み時間になったらいっぱい話そうね」などと言っているうちに暗転して、ミュージカルキャッツが始まりました。開始早々、長男のすぐ後ろにもネコが来てくれましたが、真っ暗な中での出来事だったのでこわばった顔をしていました。それでも、進んでいくウチに慣れてきたようで、みんなと一緒に手を叩いたりとミュージカルを楽しんでいるようでした。

驚いたのは、長男が一番大好きなバストファージョーンズのシーンが始まる前の曲の時です。なんと「次はバストファージョーンズだよ」と小声で話してくれました。すげぇこいつ覚えてるよ、と奥さんと2人で目を合わせて笑ってしまいました。

休憩の時に感想を聞いてみると、すごく楽しんでくれているようでしたし、声も出さずに見られたので一安心です。第二幕も、親子共々キャッツを楽しむことができました。今度はもっと前でネコ達を間近にして親子で見てみたいです。

Posted by shinya at 15:22 | TrackBack

2006年05月28日

自家製ネギ

先日からベランダで栽培を始めた自家製ネギの味見をしてみました。味見といっても、まだ直径1mmほどしかなくて、ほんの少しだけネギの香りがするミニチュアネギという感じです。

種から栽培を始めたのですが、思ったより発芽率が高くていたるところからネギの芽が出ていました。そのため、間引きも兼ねて長男と一緒にちょっとした収穫を楽しむことができました。

そうめんの薬味にしていただきましたが、内容はともかく自分達で作ったネギは格別です。

Posted by shinya at 12:17 | TrackBack

2006年05月29日

月刊江東

最近、コンビニなんかで見かけるようになった「月刊江東」という月刊の情報誌です。無料配布してあったのでフリーペーパーかと思ったら、裏表紙には100円と値段がついていました。どちらなんでしょうかね。

で、内容はというと、月刊江東というだけあって地元情報が満載です。特に、発展が進む豊洲がよく特集になってたりするので、みかけると必ず家に持って帰って奥さんともども読んでいます。ネットで手に入る情報は多いのですが、地元ネタは意外に情報収集が難しいのでこういった情報誌は助かります。

Posted by shinya at 21:57 | TrackBack

2006年05月30日

春の遠足

今日は長男にとって生まれて初めての遠足。大型バスに乗って千葉の千葉市動物公園に行きます。次男はバアバが子守に来てくれたのでお留守番。母子2人で行けることになりました。

早起きして2人分のお弁当を作り、いつもより早い時間に登園。親と子供は別々のバスに乗るので、幼稚園でいったんお別れします。他のお母さんとお喋りに夢中になりながらバスに揺られ、あっという間に動物園に到着しました。子供をバスまで引き取りに行ってトイレを済まさせ、親子並んで入園。ここでまた親と別れて子供達は年長と年少がペアになって手をつないで動物園を一回りします。その間お母さん達はというと、広場でお弁当の場所取り。子供達がいない束の間の時をお喋りして楽しく過ごしました。

子供達が帰ってくると広場でランチタイムです。私も遠足なんて久々なので、お弁当を広げながら懐かしいなぁと思いました。更に懐かしかったのが食後のお菓子交換。お菓子を持っていった袋はあっという間に色んな種類のお菓子に変身しました。長男もこのお菓子交換が楽しかったようで、もらったお菓子をあれこれ迷いながら食べていました。

午後は親子で自由時間です。仲の良いグループで一緒に園内を散策しましたが、子供達は動物を見るよりも動物の檻の前にある砂で遊んだり、枝や石ころを拾ったり、追いかけっこしたり…。これだったら近くの公園でも良かったじゃんね~なんてお母さん達と冗談を言いながらも、何とか動物園を半周しました。一応有名なレッサーパンダの風太も見れたし、象やキリンといった大きな動物も見れたので良かったです。

集合時間にバスに戻り、また子供と別れて帰途につきました。「バスで寝ちゃったよ」という長男、すっかりリセットされてしまったようで、家に帰ってからも元気いっぱいでした。

この春の遠足、毎年行き先は千葉市動物公園だそうで…。来年は今年見れた無かった所も見て回りたいなと思います。

千葉市動物公園

Posted by kyoko at 15:18 | TrackBack

2006年05月31日

出産入院時に出産一時金30万円

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 出産入院時に一時金30万円 支援拠点法制化も

「少子化社会対策推進会議」(主宰・安倍晋三官房長官)は15日、首相官邸で会合を開き、現在、出産後に支払われる30万円の出産育児一時金を出産入院時に支払われるよう手続きを変更するほか、地域の子育て拠点整備を法的に支援することなどを求める提言をまとめた。

これまで、出産後に病院などに証明をもらってから申請→後日口座へ入金といった流れ(僕の記憶)だったのが、出産入院時に一時金が支払われるようになるそうです。出産は色々とお金がかかりますから、このような改善は助かりますね。

Posted by shinya at 21:29 | TrackBack