2006年10月01日

タワーオブテラーで大混雑のディズニーシー

両親ともディズニーシーへは行ったことがないということで、3世代総勢6人でディズニーシーへ遊びに行きました。開園30分後ぐらいには着いたので、タワーオブテラーに乗せてあげようとファストパスを取りに僕だけタワーオブテラーの方向へ歩いたのですが、あちらへどうぞあちらへどうぞと案内されるばかりで、どこまで行っても列の最後尾が見つかりません。SSコロンビア号を超え、橋を超え、ケープコッドを超え、歩いて歩いてようやく最後尾となっていたのが、長男の大好きなアトラクション、アクアトピアの目の前でした。ファストパスの発券だけで長時間の待ちを覚悟しなければならなそうです。オープン前に乗れた僕と長男はラッキーだったのかもしれません。

さすがにタワーオブテラーは諦めましたが、おかげで他のアトラクションはそれほどの混雑ではありませんでした。インディ・ジョーンズ、レイジングスピリッツ、ストームライダー、センター・オブ・ジ・アース、海底2万マイル、マーメイドラグーンシアターと、ファストパス関連のアトラクションはほとんど制覇することができました。時には両親だけで行ってもらったり、時には子供たちを交代で見てアトラクションを楽しんだりしながら、ディズニーシーを満喫しました。

アトラクション直後の高揚した顔でもわかりましたが、両親も相当に楽しんでくれたようです。何度もディズニーシーやランドに行く人たちの気持ちがわかったと、ディズニーマジックに関心しきりでした。

Posted by shinya at 19:31 | TrackBack

2006年10月02日

小ざさの羊羹

母がお義父さんとお義母さんにお土産を持って来ました。吉祥寺で有名な「小ざさ(おざさ)」という店の羊羹です。私も知らなかったのですが、この小ざさの羊羹は毎日限定150本で先着30名くらいしか手に入れられないので行列の出来る店として有名だそうで、「手に入れるために朝早起きして並んだわよ」と母。なんでも5時起きして吉祥寺に行き、店で並ぶこと2時間。更に整理券を配られて開店時間まで待ったそうで。いやいや頭が下がります。

ようやく手に入れた戦利品を持ってきてくれましたが、手に入れるまでのプロセスがすごいだけに味の方もどんなに美味しいものなのか気になるところ。我が家にも1本買ってきてくれたのでさっそくおやつに頂こうと開けました。切ると切り口から蜜がジワーッと出てきます。これは美味しそうな予感。

人数分切って出し、お茶を入れて持って行ったらお皿の羊羹が全て消えていました。あんこ大好き長男が一瞬にして全て食べ尽くしたらしく、「えへへ」と幸せそうに笑っていました。余程美味しかったのでしょう。追加で切った羊羹を頂きましたが皆が納得。希少なものと思うほど美味しく感じました。

小ざさ

Posted by kyoko at 15:35 | TrackBack

2006年10月03日

ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

pokemon_eiga.jpg幼稚園のお友達に誘われてポケモンの映画「ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」を観に行ってきました。長男は自称「ポケモン好き」ですが、ポケモンのアニメを見るのはこれが初めてです。

幼稚園が終わってから夕方の回を観に行ったのですが、封切られてからかなり経った映画なせいか、映画館はガラガラ。今回次男も一緒だったので騒いだらどうしようと不安がありましたが、殆ど貸し切り状態だったので少しホッとしました。

長男は初めてのポケモンに食い入るように映画を見ていましたが、やはり次男の集中力は10分と持ちませんでした。騒ぎはしなかったものの、立ったり座ったり、全く落ち着きがないので一番端の席に移り、次男を遊ばせながら何とか最後まで見ました。

映画が終わって「おもしろかった」と感想を述べていた長男ですが、ポケモンをまた見たいとは言わなかったのであまり気に入らなかったのかな。映画の内容よりも「お友達と一緒に見た」ということの方が楽しかったようなので、また連れて行ってあげたいと思います。

→[Amazon] ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲/ピカチュウのなつやすみ」【劇場版】

Posted by kyoko at 16:46 | TrackBack

2006年10月04日

ららぽーと豊洲プレオープン

昨日今日とやっている、ららぽーと豊洲のプレオープンに行ってきました。正式オープンは10/5ですが、ほとんど全ての店が見られそうということで、会社から帰ってから早速でかけました。

オープンしたら大混雑でしょうから、ゆったり見られるうちにと、家族みんなで館内をぐるぐるめぐりました。真新しいショッピングセンターはとてもきれいで、船を模して甲板風だったり建物自体が船の形(木の葉型)だったりと、元ドックの雰囲気を活かした作りになっています。

特に海に面してコの字型の館内の中にある広場は、起伏があったり、すべり台があったり(その後閉鎖中)、水上バスが止まる港があったりするショッピングセンターです。これから毎週のように通うかもしれませんが、まずは一巡りできて良かったです。

Posted by shinya at 19:55 | TrackBack

ババガンプシュリンプ

映画フォレストガンプをモチーフにしたレストラン、ババガンプシュリンプに行ってきました。プレオープンのために店員の方がよっぽど多かったのですが、海側にあるレストランなのでお台場やレインボーブリッジなどを眺めながら食事ができるレストランです。新店オープンの指導のためか、地元アメリカのスタッフの方々も多くいらっしゃいました。

店名にもなっている通りに料理はエビがメインで、フライ系の料理が多くまさにアメリカです。どれもボリューム満点なので、できれば大人数でワイワイやりながら行きたいレストランかもしれませんね。ちなみに、キッザニアの正面にあります。

ババガンプシュリンプ ららぽーと豊洲店

Posted by shinya at 20:06 | TrackBack

2006年10月05日

あかんべノンタン

あかんべノンタン誕生日にジイジとバアバからノンタンシリーズの絵本をたくさん貰い、毎日のように読んでいる長男。すっかり字が読めるようになった長男は自分で読むのも好きですが、読んでもらうのもまだまだ大好き。読み聞かせはいつまででも「読んで」と持ってくる限りしてあげようと思っています。

おじいちゃんとおばあちゃんが滞在しているので、私ではなくおじいちゃんやおばあちゃんに「読んで」とねだっていますが、同じ本でも何度でも快く読んでくれています。聞いているとおじいちゃんもおばあちゃんも読み聞かせがとても上手で、ゆっくりとしたテンポで聞き取りやすく、セリフは声色を変えてくれる演技ぶり。長男だけでなくあまり本に興味のない次男までも虜になっています。

数あるノンタンの本を読んでもらっていましたが、中でもおじいちゃんの朗読する「あかんべノンタン」が長男も次男も気に入って何度も読んでもらいました。特に「うわぁ~あかんべーだ!」というページはおじいちゃんがページをめくりながらわざと大きな声で驚かせるので、子供達は「きゃー!」と楽しそうな声をあげます。

こんな読み聞かせなら子供達はますます本が好きになるだろうなと両親に感謝。滞在中は思う存分読んでもらおうと思います。

→[Amazon] あかんべノンタン

Posted by kyoko at 22:21 | TrackBack

2006年10月06日

次男のパスポート申請

家族での海外旅行を控えて、まだ持っていない次男のパスポート申請に出かけました。前もって用意して持参したのは

・戸籍謄本(戸籍抄本でもいいのですが、未成年の申請なので家族が載っている謄本の方がベターだと役所でアドバイスされました)
・写真(家で撮影し、規格通りの大きさにプリントして、カットはしないで持参しました)
・保険証と母子手帳(幼児の身分証明は少ないので、親の免許証でも代用可です)
・未使用郵便ハガキ

申請書類には本人自署がいくつかあって親が代筆しますが、パスポートに載る自署は父親にしたかったので、前もって書類を取りに行ってダンナにサインをしてもらいました。親権者のサインだったら父親でも母親でも良く、それが統一されていなくても良いそうなので、その他の自署欄は私が代筆しました。

申請に本人がいなくてはいけないのかと思って、ものすごい雨の中次男を連れて行ったのですが、なんと本人が必要なのは受領の時だけとのこと。申請は親だけで良かったんだとガックリしてしまいました。

取りあえず申請が終わってホッとしました。1週間後の出来上がりが楽しみです。

Posted by kyoko at 09:50 | TrackBack

2006年10月07日

豊洲漁港 寿し常

函館のおじいちゃんおばあちゃんを連れて、ららぽーと豊洲の中にあるお寿司屋さん「豊洲漁港 寿し常」に行ってきました。寿し常と言えば、寿し常 妙典店にお世話になっていましたが、近いところにできたのでこれからは豊洲店に通いそうです。

店内は漁港や市場をイメージした凝ったつくりで、良い具合です。1回100円でいけすのアジを釣り上げることもできるようで、子供の楽しみもいっぱいです。

寿し常【店舗案内】豊洲漁港 寿し常 市場内店

Posted by shinya at 12:51 | TrackBack

2006年10月08日

幼稚園の運動会

今日は長男初めての運動会。ずっと頑張って練習してきたので本人は大張り切りです。張り切ったのは子供だけでなく、私も早起きしてみんなのお弁当作りに精を出し、ダンナは色んなカメラのスタンバイ。おじいちゃんもおばあちゃんも次男も一緒に、長男の晴れ舞台を楽しみに出かけました。

ものすごい快晴。10月とは思えないほどの暑さに子供達の体力が続くか心配しましたが、入場行進から始まって最後まで元気いっぱい活躍してくれました。ミッキーのお面を付けて「小さな世界」の音楽で踊ったお遊戯、「よ~い、ドン!」の鉄砲に見とれて出遅れてしまった徒競走、投げても投げても全く入らなかった玉入れ、父ちゃんと出た大玉転がし、母ちゃんと出た親子お遊戯…どれも長男にとって楽しくて仕方がなかったようです。

また1つ成長した長男を見れて嬉しかったです。

Posted by kyoko at 16:22 | Comments (2) | TrackBack

2006年10月10日

運動会の思い出

今朝おじいちゃんとおばあちゃんが帰函しました。長男も次男も遊んでくれていた相手がいなくなって淋しそうです。私が家事の間はまた兄弟だけで遊ばなくてはならなくなり、仕方なさそうに2人でお絵描きを始めました。

しばらくして、ふと長男の絵を見てビックリしました。カゴのようなものと人の顔、そして○が沢山。一目で運動会の玉入れの様子だと分かりました。「これは僕で、大きい人は先生ね」と嬉しそうに説明する長男に、「すごいね~上手だね~」と褒めまくりました。最近長男の絵の腕がめきめき上がっているなぁと感心。思い出を絵に出来るようになったことにも感心。やはり幼稚園効果でしょうか。

Posted by kyoko at 12:21 | TrackBack

2006年10月14日

リルドーナツ

ららぽーと豊洲のshipIIIにあるドーナツ屋さん「リルドーナツ」が我が家のお気に入り。フォークで食べるくらいの小さいドーナツが8個入っています。トッピングはチョコやシナモンなど色々ありますが、我が家が買うのはもっぱらプレーン。子供達も手に持って食べれるし、くどくないので家族4人でペロリと食べてしまいます。

中庭に面しているので、ドーナツをおやつにのんびりが最高です。

リルドーナツ(Lil' Donuts)

Posted by kyoko at 11:32 | Comments (2) | TrackBack

2006年10月20日

英語教室でハロウィンパーティー

今日は通っている英語教室がいつもと趣向を変えてハロウィンパーティーをやってくれました。子供は仮装をして、親は少しのお菓子を用意して下さいとのこと。長男は散々迷っていましたが、最終的に「ミッキー」の格好をすることに決めました。ネットやお店で見てもミッキーは少なく、しかもハロウィンの衣装って子供用でも6千~1万円と高くて高くてとても手が出ません。裁縫下手な私は作る気も起きず、安くて可愛いミッキーの衣装を探すこと数日、「ファンタジア」の魔法使いミッキーの仮装セットを購入しました。ついでに幼児用のミッキーの着ぐるみ(カバーオール風)を見つけたので次男用に買い、ミッキー兄弟でハロウィンに参加しました。

前半はいつもやっているレッスン内容で、後半にハロウィンの真似事をやります。各親のところに行って「Trick or Treat!」と言い、お菓子をもらいます。嬉しそうにお菓子をハロウィンバッグに入れているミッキー長男を見ていて、心から楽しんでいる様子がうかがえました。ますます英語教室が好きになりそうな予感です。

Posted by kyoko at 14:26 | Comments (2) | TrackBack

2006年10月21日

キッザニア入園できず

これまで何度かキッザニアに足を運んでいるのですが、未だに入ったことがありません。

プレオープン時は、入れたのに他の見学を優先して入らず。
正式オープン後は激コミにつき、まったく無理。
平日開店直前に並んでも無理。
ネット予約しようと思っても数ヶ月後。

オープン前のキャンペーンでもらった子供無料券は使わずじまいです。ネットの予約も、はるかかなた4月の土日のなってしまっています。

長男もキッザニアを楽しみにしているので、早く入ってみたいです。

Posted by shinya at 19:36 | TrackBack

2006年10月25日

いたいのいたいのとんでけ~の魔力

子供達はよく転んだりぶつけたり、ちょっとのケガから大ケガまで毎日のように生傷が絶えません。度々「いたいよ~」と私やダンナの所にやってくる子供達ですが、驚くのは、ものすごい痛そうでも、どんなに大泣きしていても、「いたいのいたいのとんでけ~!」とやってあげると「もう大丈夫」とばかりケロッと治ってしまいます。

本当に痛い時は「まだとんでいかないよ~」と言うので、2度3度いたいのいたいのとんでけ~をやってあげるのですが、必ずピタッと痛みが止まるようです。恐るべし、いたいのいたいのとんでけ~の魔力!!

ちなみに、私やダンナが痛がっている時は子供達が「いたいのいたいのとんでけ~!」とやってくれます。次男も「たいたい、て~い!」と可愛い声でやってくれます。自分達の特効薬を私達にも効くと思っているところが可愛いです。

Posted by kyoko at 22:32 | TrackBack

2006年10月27日

4人で初海外旅行、香港へ


普段の買い物などもカードで済ませてJALマイルを貯めているのですが、コツコツ貯めたら海外へ行けそうなぐらいになりました。そこで、近場で子供達と一緒に行けるところということで、香港、特にまだ行ったことが無いディズニーランドへ決定。だいぶ前から飛行機の予約をしたり、香港ディズニーランドのホテルを予約したりとしていました。

そんなわけで、本日香港へ出発です。空港までのアクセスを考慮して、羽田から出て関空を経由して香港へ行く便を予約していたので、早朝から羽田に向かい、関空→香港へと向かいます。

ちなみに、香港以外では、ハワイ、グアムなども子供連れには良さそうな候補地でしたが、今回は次男の一人歩きがまだまだ不安なので、街中を歩くことが少なくて済むディズニーランドメインの香港にしました。今までは子連れで一度だけ海外に行ったことがありますが、その時は両方の両親もいたし子供は長男だけでした。今回は本当に家族4人だけなので、無事に楽しく行って帰ってこれることを祈りながらの海外旅行です。

Posted by shinya at 08:39 | TrackBack

JALの機内食と子供向けサービス

アレルギー用チャイルドミール 普通のチャイルドミール
航空券を予約した時は次男がまだ卵とミルクのアレルギーだったので、次男の分の機内食はアレルギー食をリクエストしていました。変更するのも面倒だったので、機内の昼食は長男と次男別の機内食が出されました。

アレルギー用チャイルドミールはゆかりご飯に白身魚のトマトソース、パンに果物。普通のチャイルドミールは焼きそばにピザにグラタン、果物にパンにケーキ、トーマスのラムネも付いている豪華お子様ランチでした。次男は機内食をあまり気に入ってくれず、持参したパンばかり食べていました。長男はほぼ完食というくらい良く食べ、お腹いっぱいにもかかわらず騒いだ時用に持参したお菓子も良く食べ、ずっと食べ続けていたフライトでした。

あと、子供向けの機内サービスで事前予約したおむつも搭乗時に頂きました。ドレミのテープ式のおむつを2枚に、おしり拭き用のウェットティッシュと処理袋まで入っていて親切だなぁと思いました。さすがJALですね。

JAL国際線の赤ちゃん、お子様向け機内サービス

Posted by kyoko at 12:03 | TrackBack

JALの機内エンターテインメント

子供達に機内で静かに過ごしてもらうために、新しいオモチャやシールブックなどを持ち込みましたが、あまり使いませんでした。なぜかというと、ラッキーなことに機内エンターテイメントで子供達の大好きな「カーズ」の映画をやっていたんです!!

しかもパーソナルテレビなので、好きなときに好きなだけ観られます。結局フライト中は食事以外はずっとカーズの映画を付けっぱなしにして、長男も次男も思う存分カーズを楽しみました。映画に飽きてくるとお菓子を食べ、また映画を観て…と思ったよりも騒がずに済みました。カーズ様々。

→[Amazon] カーズ DVD

Posted by kyoko at 12:05 | TrackBack

香港国際空港

思っていたほど子供達もぐずらず、無事に香港国際空港に到着です。イミグレーションでは、次男のパスポート写真(1.8才)よりも、長男(0.9才)のパスポート写真の方が幼かったので、一瞬どっちがどっちか確認を求められましたが、それ以外は何事もなく通過しました。

香港ディズニーランドのホテルまでの移動するため、タクシー乗り場へ向かいました。ちなみに、電車も乗ってみたかったのですが、ディズニーランドまでは乗り換えが2回、加えてホテルまではバスとなってしまうようです。子連れ+スーツケースでは厳しそうです。

香港国際空港

Posted by shinya at 13:07 | TrackBack

香港のタクシー

香港国際空港から香港ディズニーランドまでは、タクシーで移動しました。香港のタクシーの赤緑青の3色があって、赤のタクシーは香港島と九龍、緑のタクシーは新界、青のタクシーはランタオ島とエリア制がひかれているようです。空港とディズニーランドは、どの色のタクシーも営業エリアらしいです。タクシー乗り場前の受付で「ディズニーランドへ行きたい」と声をかけると、ランタオ島担当の青色のタクシーを案内されました。青色担当エリアですが、ディズニーランドはどのタクシーでも大丈夫だったようです。

後ろに荷物を積んでもらい(別途5HK$)、みんなで乗り込みました。きさくな運転手さんで英語もできる方だったので、ディズニーランドまでの道中に色々とお話を聞きながら行くことができました。タクシーでは英語は通じないほうが多いと聞いていたのですが、今回の旅行で合計4回とも英語のできる方でした。それと、香港では後部座席でもシートベルトが必須です。運転手さんが教えてくれました。ディズニーランドホテルまで25分くらい、荷物と合わせて110HK$くらいでした。

Posted by shinya at 14:09 | TrackBack

香港ディズニーランド ハリウッドホテル


今回の宿泊先は、香港ディズニーランド ハリウッドホテルです。2つあるディズニーランド直営ホテルのうち、ファミリー向けのホテルがこのハリウッドホテル、もう1つはラグジュアリーな感じの香港ディズニーランドホテルです。ハリウッドホテルが日本のアンバサダーホテル、ディズニーランドホテルが日本のミラコスタみたいな感じになるのでしょうか。


数ヶ月前に日本からホームページで予約をしておいたので、予約控えみたいなのを持っていってチェックインをしました。ラッキーにも親切なフロントの女性スタッフにあたったようで、ディズニーランドのチケット手配からレストランの予約まで、僕の適当な英語にもめげずに対応してくれました。日本語のできるスタッフもいるのかもしれませんが、僕たちが出会ったのは全員が英語と中国語でした。

香港ディズニーランド ハリウッドホテル

Posted by shinya at 15:11 | TrackBack

香港ディズニーランド ハリウッドホテルの部屋

ホテル部屋ホテルの部屋はなんと最上階の9階でした!ホテルのカラーと同じ落ち着いたグリーン系の部屋ですが、さすがディズニーランドのオフィシャルホテル、色んなところにミッキーやその仲間達がありました。子供達は部屋を一目で気に入ったようで、部屋をウロウロ探検してミッキーを見つけては嬉しそうに「ミッキーだ!」と教えてくれました。そのあとも子供達のテンションは全く下がらず、部屋の備品でイタズラし放題。嬉しいのは分かるけどベッドをピョンピョンする長男を止め、勝手にフロントに電話している次男を止め…これから街に繰り出すというのに出発前にどっと疲れてしまいました。

ベッド ハロウィンの飾り~タオルのゴースト
ベッドは清潔で枕もフカフカでした。ディズニーランドがハロウィンのイベントをやっているのと連動しているのでしょう、ベッド上のライトにタオルで出来たゴーストがかかっていました。こんな可愛い演出も嬉しいものですね。また、ホテルのベッドは大体どこもそうですが、高さがあるので寝相の素晴らしいウチの子供達を寝かせるときに落ちないように考えてしまいます。今回は次男用にベビーベッドを借りましたが、このベビーベッドがベッドとベッドの間ぴったりのサイズだったので、長男の落下防止にもなって便利でした。

バスルーム1 バスルーム2
バスルームにはバスタブとシャワー(固定式)、シャワーカーテンもミッキーでした。アメニティは日本のよりも質が落ちる感じですが、ちゃんと揃っていました。

部屋からディズニーランドを望む内装はもちろん文句の付けどころがないほど良かったですが、部屋からの眺望がまた良かったです。パークビューの部屋でしたが、ディズニーランドは木々の向こうに見えるだけ。でも何より素晴らしいのは、夜は部屋が花火鑑賞の特等席になるんです!!窓からの鑑賞なので音が聞こえないのが残念ですが、ディズニーランドの色んな場所から打ち上がる花火全てを堪能することが出来ます。パーク側にテラスが欲しいな~と思ってしまいました。

Posted by kyoko at 15:13 | TrackBack

香港ペニンシュラホテル

香港ペニンシュラホテル初日は香港の街中を楽しもうと、ディスニーランドホテルからタクシーに乗って30分くらいでしょうか、まずは九龍で降りました。最初の目的は香港ペニンシュラホテル。子連れなので期待薄でしたが、万が一ハイティーでもできたら嬉しいなぁ…と思っていました。でもやはり一流のホテル、入った瞬間から雰囲気がセレブリティあふれています。ものすごい場違い感を味わいながら夢のペニンシュラでハイティーは諦め、アーケードで買い物をすることにしました。

とはいっても、アーケードも高級感たっぷり。そんな中に子供達の声が響いてしまって申し訳ない気持ちになってしまいます。結局行きたかったいくつかの店も諦め、どうしても入りたかった店も、入ったものの子供達に気を取られてあまり見れませんでした。ガッカリ。

ペニンシュラブティック ペニンシュラブティックのチョコレート
ペニンシュラホテルのグッズが揃うペニンシュラブティックにも立ち寄り、ここでやっとお土産を1つ買いました。私が日本からチェックしていた買いたい物を探している間、子供達はショーケースの美しいチョコレートに夢中だったようです。

香港ペニンシュラホテル

Posted by kyoko at 16:15 | TrackBack

九龍エリア散策


ペニンシュラホテルを後にし、向かったのは香港島が間近に見える海岸沿いの遊歩道チムサアチョイ・プロムナードです。そごうデパートの裏側から歩き始め、クロックタワーなどを見てスターフェリー乗り場まできれいに整備された遊歩道になっていました。


小学校の遠足らしき一団や観光客、学校帰りの高校生や結婚式真っ最中のカップルなど、色んな人が集まるところで、すごくにぎわっていました。海外の開放的な雰囲気を感じ取っているのかどうかはわかりませんが、長男も次男も大はしゃぎでまっすぐ前に歩くのにも一苦労しました。でも、街中の路地とは違って次男でも歩ける広さがあるので、ここだったら子連れでも散歩できると思います。

Posted by shinya at 17:17 | TrackBack

XTCジェラート

香港島へ渡ろうとフェリー乗り場に向かっていると、美味しそうなジェラートを食べていた人達とすれ違いました。次の瞬間「アイス食べたい!」と長男が指さす方を見ると真っ赤な店のジェラート屋さんがありました。相変わらず目ざといな~と感心してしまいます。

暑くて喉も渇いていたので、じゃあ1つ買ってみんなで食べてみようかとお店に入り、沢山あるフレーバーからバニラとストロベリーを注文しました。失礼ながらあまり味に期待はしていなかったのですが、意外に美味しくてあっという間になくなってしまいました。

イタリアから進出してきたジェラート屋さんかと思いきや、店内にあったパンフレットを見ると香港オリジナルみたいで、香港内に5店舗あるみたいです。

XTCジェラート

Posted by kyoko at 17:19 | TrackBack

スターフェリー乗船

香港島に渡るために、スターフェリーに乗船しました。片道約2HK$、たった10分弱のわずかな船旅ですが、眺めもよくて風を受けながらのクルーズはなかなかのものでした。相変わらず長男次男ともに大はしゃぎだったので、なだめるのに一苦労しましたが、タクシーや地下鉄などと違って乗っていることそのものが楽しめる船はいいですね。

乗ったのはちょうど日が傾きはじめた時間帯でしたが、夜景が楽しめる夜も素敵な船旅になるようです。

Posted by shinya at 17:21 | TrackBack

香港島散策と二階建てバス


フェリーを降りて、香港島へ到着しました。夕方にもなりますし人も増えてきたので、ここからは次男は抱っこ紐で抱っこすることに。時間に余裕があれば香港名物の二階建てバスにも乗ってみたかったのですが、日も暮れてきたのでまたの楽しみにとっておくことにしました。


置地廣場という、日本にある雑貨屋さんの名称みたいなショッピングモールなどをちらちら見物しながら、香港島の街中を散策しました。金曜日だったせいもあってか、会社が終わる時間をすぎるとどこからともなく人で溢れていました。次男はベビーカーでなく抱っこ紐にして正解だったかもしれません。

Posted by shinya at 18:06 | TrackBack

ジャクソンロースイート

日本からチェックしていて行きたいと思っていたチャイナ雑貨の揃うJackson Law Suite (贊先生居室)という店を訪れました。中環(Central)のギャレリアというショッピングビルの2Fにあります。

バッグやクッションカバーやポーチなど全てシルク製。商品はアンティークな家具にディスプレーされていて、店の全てがオシャレだなぁ〜と感じました。どれも私の好きなシノワな感じであれこれ迷ってしまいます。商品を決めても色が多種あるのでまたまた迷ってしまいました。ダンナと子供達を待たせてしまいましたが、気さくな店員さんに飴をもらったり英語で話をしたりと楽しく待ってくれたようです。

ファブリック類はもちろん、趣のある素敵な茶器なども揃っていて雑貨好きならこの店を絶対気に入るはず!!お気に入りのお店になりました。

Posted by kyoko at 18:23 | TrackBack

屋台風商店街の利源西街

スーパーマーケットに行きたくて探しながら歩いていたら、細い小道の両脇に商店が建ち並んでいるのを発見。楽しそうだな〜と私の買い物欲求がウズウズしていたのを察してくれたダンナが「子供達見てるから行ってきていいよ」と言ってくれました。

チャイナ服やらTシャツやらポーチやら、とにかく沢山これでもかというくらいディスプレーされていて圧倒されます。値段もかなり安め。これはお土産の買いだめだと一軒の店でチャイナっぽいポーチをいくつか選んでいたら、おばさんの店員さんに「5つ買ったら1つおまけだよ」と声がかかりました。ただでさえ激安なのに更に下げてくれるの~?と嬉しくなって色々選びました。お会計の時にまた値切るとおばさんは「オーケー」と応じてくれました。ラッキー。

ホクホクでダンナと子供達の元へ戻ると、地元のおばさんと父ちゃんに教わりながら英語で会話する長男がいました。ようやく日本語が通じない「外国」というのに馴染んできたらしく、自分も英語で話をしてみたくなっているようです。英語教室で習っている英語が少しは役に立ってくれるでしょうか。

Posted by kyoko at 18:24 | TrackBack

PARKnSHOP

PARKnSHOP入口寄り道の後またスーパーマーケットを探して、見つけたのがPARKnSHOP(百佳超級市塲)です。香港のスーパーはこことwelcomeスーパーが2大有名店だそうです。

店内に入るとゲートがあって、そこを入るとレジの所からしか出られないようになっています。入口にカートがあって子供が座れるタイプのカートだったので、ずっと頑張って歩いてくれた長男とずっと抱っこしっ放しだった次男を乗せてホッとし、お買い物スタート。海外に行くと必ず地元のスーパーに行くダンナと私ですが、今回も香港ならではのお土産を求めて隅から隅まで品定めしました。

PARKnSHOP店内
PARKnSHOP商品棚
日本でこれは美味しいと聞いていたGardenのウエファースもここでゲット。ちなみに色んなフレーバーがありますがピーナツ味が美味しいそうです。その他にも食べっこ動物の香港版Seaweed(海苔)味や、ポテトチップ等々、お土産のお菓子やら調味料やらを次々にカートに放り込んでいきました。

PARKnSHOPカーズフェアそして入口で見つけたPARKnSHOPのカーズフェア。店内で100HK$の買い物をすると食器などのカーズグッズを格安で買えるというものでしたが、その注意書きに気づかずに100HK$以下の買い物のくせに子供達の好きなカーズの、しかも日本では売っていないものが買えるとあってカーズの品々をたくさんカートに入れていました。レジで店員さんに「あなたはこれを買うことが出来ないよ」と内容を説明されましたが、何度説明されても小難しい英語が理解できず、結局この日本人には通じないわ~と呆れられて「もう売ってあげるわ」とレジを通してくれました。後からよく考えると理解できたのですが、店員さんには申し訳なかったなぁと思います。でもちょっとラッキー。子供達もカーズグッズに大喜びでした。

Posted by kyoko at 18:25 | Comments (1) | TrackBack

本場の中華料理ヨンキーレストラン(鏞記酒家)


最近香港へ行ってきたばかりの人から「ここの料理は最高!」ということで聞いてたのがここ、ヨンキーレストランです。金曜日でしたし、子連れで席待ちするのも大変なので、数日前に日本から電話予約をしておきました。ホームページを調べて日本語OKと書いてあった電話番号に電話したのですが、まったく日本語が通じずチョッと焦りました。でもちゃんと予約できていたようで、到着したらすぐに席へ案内してもらいました。満席一歩手前ぐらいの混雑ぶりだったので、予約しておいて良かったです。


数々の賞を受賞している有名レストランらしいので、受賞料理コースというのを頼んでみました。まずは「ピータンしょうが」と、香港ベストオブベスト2002の「ガチョウのロースト古式豚足のスライス」です。ガチョウロースト最高です。


「あわび松茸まるごとスープ」、これは僕一番のお気に入り。


次男も「あわび松茸まるごとスープ」がお気に入り。


香港ベストオブベスト2001の「海老と沢蟹みそ湯葉包み」


「ガルーパと中華ハムの蒸し物」


「海老ワンタン麺」


子供達用に頼んだ「五目炒飯」


これまた奪い合うほど絶品の「マンゴープリン」、奥さん一番のお気に入りです。最初から最後まで、旨い中華を堪能させていただきました。ごちそうさまでした。

ヨンキーレストラン(鏞記酒家)

Posted by shinya at 19:26 | TrackBack

香港ディズニーランドホテルで誕生日

今日は奥さんの誕生日です。サプライズケーキを注文するため、長男と一緒にホテルのフロントへ行きました。もっと前に注文しておけばよかったのですが、ドタバタしていて当日になってしまったのです。

僕がたどたどしい英語だったせいもあってか、色々とやりとりをするにの一苦労しましたが、ホテル内のレストラン「シェフミッキー」で、チョコレートケーキを作ってもらえることになりました。部屋で待つこと数十分、誕生日ケーキが部屋に届きました。

ネーム入りのチョコレートケーキの他、風船、大勢のスタッフからの手書きメッセージ、色んなディズニーグッズなどなど盛りだくさんの内容です。これには奥さんも大喜び、次男は寝てしまったので長男と僕とで歌でお祝いをしました。

実は「お母ちゃんには内緒だよ」と長男と約束をしてから部屋に戻ってきたのですが、部屋に着いて早々に「お母ちゃんに内緒でケーキを頼んだ」と、長男がお母ちゃんにバラしてしまいました。子供に内緒話は無理ですね。

Posted by shinya at 21:30 | TrackBack

2006年10月28日

香港ディズニーランド送迎バス

今日はいよいよ香港ディズニーランドへ入園です。ディズニーランドまでは、ホテルから出ている無料の送迎バスに乗り込みました。大人だったら歩いても15分くらいで到着できそうな距離ですが、バスは便利ですね。

次男まで大きなシートにどかんと座って、開園直前のディズニーランドに到着です。

Posted by shinya at 08:32 | TrackBack

香港ディズニーランドのエントランス


バス停やディズニーランド駅からメインエントランスまで、けっこう歩きます。ディズニーのキャラクターのポールが立っている道を歩いて行くと…


正面に噴水があります。中央の高い噴水にはミッキーがサーフィンしていて、周りにもディズニーのキャラクターがいます。(ちなみに夜はライトアップされて綺麗でした)


噴水を右に曲がると、メインエントランスと、その向こうに香港ディズニーランド鉄道の駅舎が見えてきます。


ちょうどハロウィンのイベントが開催されていたので、エントランスにもミッキーのジャコランタンなどのデコレーションされていました。

Posted by kyoko at 09:00 | TrackBack

香港ディズニーランド アーリーイン


今日の香港ディズニーランドは10時開園なのですが、オフィシャルホテル宿泊者で、パーク内のレストランを予約した人だけが一時間前の9時から入園ができます。


日本だったら行列ができている時間帯だと思いますが行列は一切無し、ホントに開園するの〜と心配になるくらいです。なんと、パークへ一番乗りすることができました。人影が無いディズニーランドというのも初めての経験です。


「眠れる森の美女の城」前も、誰もいません。土曜日だというのに快適です。せかせかと焦る必要も無いので、とっても快適なディズニーランドだと思いました。

Posted by shinya at 09:05 | TrackBack

香港ディズニーランドのベビーカーレンタル

入園してまずは次男用にベビーカーを借りに行きました。ベビーカーのレンタルの場所はエントランスを入って左に進み、メインストリートの入口左手にあります。ちなみに、ベビーカーと言っても通じません。ストローラーと呼びます。レンタル料は1日50HKDで、借りる時に100HKD払って返す時に50HKDバックされます。ストローラーの背面にネームプレートを入れていざ出発。

ストローラーは3輪で、とても大きい!いつも使っているバギーは窮屈そうに乗る次男も、これはゆったりと優雅に乗っていました。3輪のベビーカーは初めてでしたが、押していて操作性がいいなと感じました。大きさを感じさせずスイスイと進むし小回りも効くので便利だな~と思いました。

Posted by kyoko at 09:05 | TrackBack

プラザインで朝食



朝食は予約していた広東料理のプラザ・インでブッフェの飲茶を頂きます。ここのブッフェは品数も多く、何よりディスプレーのされ方が美しかったのが印象的。綺麗なだけでなく、見やすくて取りやすいのでとても好印象でした。


中華まんもミッキーの焼き印入り。


中華だけでなく、定番ミッキーのワッフルやパンケーキといった洋食もあります。


デザートも豊富でミッキー型のケーキやプリンなどとても可愛らしかったです。


そして、ここはキャラクターダイニングで、民族衣装のミニーやムーランが度々来てくれます。子供達はもちろん大喜びで写真を撮ってもらったり、キスしてもらったりしていました。

料理はどれも美味しく、キャラクターも来てくれるし、最高の朝食になりました。

Posted by kyoko at 09:38 | TrackBack

プーさんのハニーハント

腹ごしらえも済んで、さあ遊ぶぞ~まずはファストパスを取って…と日本ではこう作戦を練るところですが、さすが香港ディズニーランドいうべきでしょうか、パークはガラガラでどのアトラクションも5分10分待ち程度。

これなら片っ端から乗れそうだねと、最初のアトラクションは待ち時間5分だったプーさんのハニーハントです。ハニーハントは日本のディズニーランドにもありますが、香港のは少し内容が違います。ハニーポットに乗ってプーさんの世界を旅するのは変わりませんが、ポットの動きとかが日本のよりも面白い気がします。

そして、香港のハニーハントはアトラクション中に写真撮影があります。アトラクションの途中で「1-2-3」という合図のあと、「カシャ」と音がするのでタイミングを計って笑顔でポーズをすると可愛く写ると思います。

予習は万端。自分達の番で「1-2-3」の合図になり、写真!と思ったのですが、私達は誰一人カメラの場所が分からず終い。結局全員あさっての方を向いて、しかも子供達は呆然とした顔で写った写真が出来上がってしまいました。あぁ残念…。

Posted by kyoko at 10:41 | TrackBack

キャラクターグリーティング

 

香港のディズニーランドは、キャラクターグリーティングのチャンスがたくさんあります。ファンタジーガーデンというキャラクターと一緒に写真撮影ができる場所を筆頭に、ハロウィンということもあってか、あちこちでキャラクターが出迎えてくれました。特に、日本では長蛇の列になっているプーさんも、ほんの数分でお目にかかることができました。

日本ではキャラクターと写真を撮るのに一苦労しますが、ここ香港では必ずキャストが整列を促してくれますので、その点は安心して待っていられます。

Posted by shinya at 10:42 | TrackBack

ゴールデンミッキー

お昼過ぎに屋内劇場で見たのがゴールデンミッキーです。ミッキー達の授賞式の模様を、歌と踊りと映像とで楽しませてくれました。お馴染みミッキーとその仲間達やプリンセス等、たくさんのキャラクターが登場します。ターザン、ムーラン、ノートルダムの鐘のカジモド等々、日本のショーでは見られないキャラクターも登場します。

かなりの見応えで、30分近くのショーでしたが家族全員で食い入るように見ていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。フラッシュを使わなければ写真も撮らせてくれます。

Posted by shinya at 12:09 | TrackBack

バズライトイヤーのアストロブラスター

バズライトイヤーのアストロブラスターは日本と同じと聞いていたので行く予定はありませんでしたが、とにかく待ち時間が日本では考えられない10分ということで、急遽行くことにしました。

内容は日本のそれと本当に一緒。でも長男は「バズのバキューンバキューン」が好きなので喜んでいました。日本でアストロブラスターに乗る時はダンナ&長男、私&次男の組み合わせで乗りますが、今回も同じ組み合わせで乗りこみました。いつもダンナに負けないぞ~と隣にいる次男のことをすっかり忘れて夢中になってしまう私ですが、今日も隣でぽかーんと見ている次男の存在を気にもせずZマークを狙うのに集中してしまいました。ダンナも本気で高得点を目指すので、子供達よりも大人の方が夢中になっているかもしれません。

Posted by kyoko at 12:52 | TrackBack

ディズニーオンパレード






午後になって人も目立ってきましたが、1時間も前から座って待っているほどの混雑ではなかったので、パレードが始まる少し前でも最前列で見ることができました。混雑具合が違うせいか、日本のように最前列は座り限定などということもないので、パーク内を回るスケジュールにも余裕が出ます。

特に楽しかったのは、トイストーリーに出てくる全身緑色の兵隊さん達です。あのおもちゃがそのまま大きくなった感じで、これだけもう1回見たいくらいでした。僕らと長男は立って、次男はベビーカーから座っての鑑賞でしたが、かなり楽しめました。

Posted by shinya at 13:00 | TrackBack

ベビーセンター


香港のディズニーランドにもちゃんと赤ちゃん休憩室があります。ベビーセンターはメインストリートを進み、トゥモローランド方面に右に進んだ所にあります。ドアが小さくて一瞬分かりにくいですが、中はおむつ交換台と授乳室があり、ディズニーのビデオが流れたテレビもありました。

しかし、ここに限らず、香港のおむつ交換台は縦長ではなく横長のベッドが殆ど。子供を横にしておむつを交換する習慣があるのでしょうか?慣れないのでとてもやりにくかったです。

Posted by kyoko at 14:10 | TrackBack

フェスティバル オブ ライオンキング


香港ディズニーランド最大のお目当てが、このライオンキングでした。劇団四季のミュージカルでは何度か見たライオンキングですが、ディズニーランドのショーではどのようになるのか興味津々です。

アドベンチャーランドの奥まったところに屋内の円形スタイルの劇場があり、そこで30分くらいのショーが繰り広げられます。映画もミュージカルも2時間くらいかけてやる物語なので、ぎゅっと凝縮した30分となっています。話の展開を把握するためには、DVDや本で予習しておくといいかもしれません。


おなじみのキャラクターが総出演し、特にスカー、ナラ、シンバのそれぞれのソロは圧巻でした。歌が上手すぎます。ラストの盛り上がりの時に長男が「おしっこに行きたい」と言い出して、最後は落ち着かない状態でしたが、なんとか最後まで見ることができ、無事トイレも間に合い、ライオンキング鑑賞を楽しめました。

明日も来れるのだったら、必ず来たいショーでした。

Posted by shinya at 14:34 | TrackBack

リバービューカフェで昼食


朝食がお腹一杯たっぷりと取っていたので、ランチは遅めの時間にしました。行ったのはライオンキングのアトラクション近くにあるリバービューカフェです。ここで炒飯や点心を中心とした中華のセットメニューを頼みました。

朝食のレストランが味も雰囲気も最高だったので、ちょっとここは期待に反しましたが、それでも美味しく頂くことが出来ました。香港ディズニーランドのレストランは殆どが中華料理なので飽きるかなぁ…と心配もしましたが、同じ中華でも中国各地域の料理で全く違った味わいなので全く気にならなかったです。

Posted by kyoko at 15:01 | TrackBack

ジャングルクルーズ 夜バージョン

すっかり夜になり、本日最後のアトラクションは日本とは微妙に違うというジャングルクルーズです。船は東京ディズニーランドのジャングルクルーズと同じような感じで、船頭さんの愉快な案内のもとジャングルを回ります。英語と中国語の船が選べて、我が家ははもちろん英語の船に乗り込みました。

ゾウやカバやワニといった仕掛けは日本のとそんなに変わりありませんが、圧巻はラストです。写真はうまく撮影できなかったのですが、火と水の仕掛けがこれでもかという迫力が迫ってきます。これは夜に乗って大正解。子供だけでなく大人も大満足のアトラクションでした。

このジャングルクルーズが香港ディズニーランド最後のアトランクションとなり、夜のハロウィンパレードをちらっと観てホテルへ戻りました。

Posted by shinya at 19:00 | TrackBack

2006年10月29日

シェフミッキーで朝食

最終日の今日は、お昼過ぎには空港へ向かわなければならないのでホテルで遊ぼうということになりました。その前に腹ごしらえ、ホテル内にあるシェフミッキーで朝食です。日本のアンバサダーホテルのシェフミッキーと全く同じ内装で、日本にいる錯覚さえ起こします。

でも日本と決定的に違うのは、ハリウッドホテルのシェフミッキーはキャラクターダイニングではないこと。いくら待ってもミッキー達は来てくれません。



料理も中華中心のブッフェなので日本と少し違います。私と次男の一番のお気に入りは「蓮の葉包みおこわ」です。あまりの美味しさにお代わりで何度も取りに行ってしまいました。長男は大好物の花巻(中華まんの中身がないパンみたいなもの)やその場で茹でてくれる汁ビーフンなどを朝から沢山食べていました。

Posted by kyoko at 07:28 | TrackBack

ホテルのプール

 
最終日の出発ギリギリまで、ホテルのプールで遊びました。ここのプールは運が良ければプールの中までグーフィーが来てくれるということで、期待しながらの水遊びだったのですが、結局会うことはできませんでした。でも、子供達は久しぶりの水遊びに大満足のようです。

 
特に気に入っていたのが、この滑り台です。短い距離のわりにはなかなかの迫力で、親子揃って何回も滑りました。長男は水泳教室からプールに及び腰になっていたのですが、少しはふっきれたでしょうか。

Posted by shinya at 09:30 | TrackBack

香港~関空~羽田

楽しかった香港旅行もあっという間に終了です。これから、関空経由で羽田へ飛んでいきます。


最後の香港飯、エビワンタン麺と排骨飯。これも旨かった。


飛行機に乗り込みます。最後まで子供達ははしゃいでいました。


帰りのJAL飛行機。


羽田に到着、子供達は既にぐっすり寝ています。

香港旅行終了。

Posted by shinya at 20:26 | Comments (1) | TrackBack